レクサス新型ISのFスポーツに装備されてるNAVI・AI-AVSとは?

先日のIS250のインプレッションのブログにたくさんの拍手をいただきましてありがとうございました!

なので約束通り、レクサスの新型IS250、IS300h、IS350の、Fスポーツに標準装備、Ver.Lの18インチとセットオプションで装備できる「NAVI・AI-AVS」について書いてみたいと思います。

こちらは、カタログには「ショックアブソーバーの減衰力を最適に電子制御。さまざまな状況下に応じてフラットな乗り心地と操縦性、安定性を両立します。ナビゲーションのコーナー情報から予め制御をすることで、優れた旋回性能も確保しています。」とあります。

こちらのNAVI・AI-AVSは、18インチの分を引いて計算すると5万円程度のオプションです。
(※18インチホイールとセットで10万円程度のオプションなので、NAVI・AI-AVS単体での装着はできません)

その装備がいったいどれほどの物なのか、調べてみました。

20_20130518010058.jpg

ちょっとマニアックな解説になってしまうかもしれません^^;


ご興味ある方のみ続きをどうぞ↓
このNAVI・AI-AVSは、新型IS以外にも、クラウンや旧型GSにも装備されていたもの。

現行GSにはAVSとは表記されていますがNAVI・AI-AVSとは表記されていないのでどんなAVSが装備されているかは私のリサーチでは不明。



そもそも、AVSとはAdaptive Variable Suspension Systemのことで、路面状況などに応じて自動的に減衰力を調整してくれるサスペンションシステムのこと。

アブソーバコントロールコンピュータが、各センサーやドライブモード、コンピューターからの信号を基に車両の状態を推定して、4輪それぞれのショックアブソーバの減衰力を制御するそうです。






一般的に、ショックアブソーバの減衰力を低くしたほうが、荒れた路面からの振動を吸収し乗り心地がよくなりますが、高速走行時やブレーキング時、コーナリング時には、ロールが大きくなったり、大きな段差やうねりのある路面では振動の収まりが逆に悪くなります。

そこで、NAVI・AI-AVSでは、さまざまなセンサーやコンピューターによって、車輪速度、出力トルク、車体上下加速度、操舵量、操舵方向、水平方向加速度などを協調感知して、荒れた路面を走行する時には減衰力を低めに切り替え、一方、高速走行時やコーナリング時には減衰力を高めに切り替えるなど、路面に応じて減衰力を制御しているそうです。

これにより、低速時の乗り心地と、高速・コーナリング時の操縦安定性を両立。

さらには、ブレーキング時のアンチダイブ制御、加速時のアンチスクワット制御、コーナリング時に4輪を独立で制御しロールを抑制…などなど、機械式では不可能だったレベルの乗り心地と操縦安定性を確保しているそうです。

VSCやプリクラッシュセーフティシステムとも連動していて、危険を察知した時にも最適な減衰力に設定してくれるそうですよ。

あまりPRされていないように思えますが、かなりすごい技術ですよね。





そして、「NAVI」と名前が付くだけに、カーナビゲーションシステムとも連動しているそうです。

アブソーバコントロールコンピュータがカーナビから車両前方のコーナー情報を受信、コーナーで発生する横加速度を計算して、ハンドリングタイミングに合わせて減衰力を最適に調整するとのこと!
超ハイテクですね!

(※しかしながら、先代クラウンなどにあったナビに連動した段差学習制御機能は、現行クラウン同様省略されている可能性が高いです。)





もちろん、ドライブモードによっても減衰力は制御され、ECO・NORMAL・SPORTでは乗り心地優先の減衰力、Sport S+モードでは操縦安定性を高めた減衰力になるそうです。





さあ、文字ばっかりで解説してきましたがいかがだったでしょうか?

まとめますと、サスペンションの減衰力を、ナビの情報や路面状況に応じて4輪独立して電子制御し、低速では乗り心地を、高速やコーナリング時には操縦安定性を最適に制御することで、しなやかな乗り心地と剛性感ある操縦安定性という相反したサスペンション制御をリアルタイムに成立させている、ということです。


たしかに、IS300hの標準16インチホイールと、IS250Fスポーツの18インチを乗り比べましたが、18インチでも街中での硬さをそれほど感じなかったのは、このNAVI・AI-AVSのおかげなのかもしれません。

このNAVI・AI-AVSは、Fスポーツには標準、Ver.Lに18インチホイールとセットで10万円程度のオプションとなっています。


ノーマルの足回りとFスポーツの足回り、さらにはVer.LでAVSをつけた足回り、どれが一番乗り心地が良いのさ!?と悩んでいる方もいると思います。

ここまでハイテクな制御をしているAVSが5万円と考えるなら、お得な装備かもしれませんね。





ということで、レクサス車など、今後車の購入をご検討の方は、試乗などで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくにデビュー直後の車だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。










他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^
※レクサスは車両本体価格からは値引きが一切ありませんが、下取り価格上乗せが実質値引きに相当する場合が多いです。

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり…。

ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^

では次回のワンダー速報もお楽しみに!





あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド










 
関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
マークXもMOPのナビを選択した場合のみ付いてくるようです。

マークxの購入を検討していて、どうしようかな~とか迷っていますので参考になりました。

Re: No title
参考になったなら良かったです^^

ディーラーから営業資料を見せていただいたので、かなり詳しくなりました。
書ききれないくらいいろいろな制御がされています。

ただ、車種が違うとその制御方法も違うと思います。
ISでも350のFスポは、さらに細かい制御が入っているようでした。
はじめまして
 だいぶ前の記事から失礼します。
 ISに興味を持ち、購入する意思が高まった頃から良く拝見させて頂いていました。

 私は元々プリウス乗りで、ハイブリッドのCVTが好きではなかったので、250のFスポーツを購入しました。
 
 この記事のNAVI・AI-AVSについてですが、モードをスポーツS+にしないと働かないみたいですね。昨日高速での旋回時に試してみて明らかな違いがあり、初めて気づいたので投稿させて頂きました。

 スポーツS+だとエンジンの回転数が上がり過ぎてしまい、ノーマルモードでもスピードが上がっている際に旋回することがあるのでその際にも機能してくれればと思いました。
Re: はじめまして
Tomさん、コメントありがとうございます。

いつも見ていただき嬉しい限りです^^

SPORT S+の足回りとステアフィールが良いんですが、燃費も気にしたい、そういうオーナーさん多いと思います。
標準だとちょっとステアフィールとか柔らかすぎる感もあります。

メルセデスやフォルクスワーゲンみたいにカスタマイズできるといいんですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント