レクサス IS250 Fスポーツ 試乗インプレッション

ISの記事をアップし始めたら、何故だか検索エンジンに引っかかるようになってきました。

また気まぐれで検索エンジンに引っかからなくなるかもしれませんが^^;

多くの方がレクサスの新型ISに興味を持たれているみたいですので、私の知りうる情報は少しでもレポートしたいと思います。


A_20130518230758.jpg


で、IS300hに試乗した時に、併せてIS250のFスポーツにも試乗させてもらいました。
こちらはSCさん同乗で街乗り10分程度だったのであまり詳しい運動性能などはわかりませんが、ハイブリッドモデルとの違いなどをレポート出来ればと思います。





インプレッションは個人的な感想ですので、一部辛口な意見も含まれる可能性があります。
ご了承される方のみ続きをどうぞ↓





試乗させてもらったのは、IS250のスターライトブラックガラスフレークのFスポーツでした。
これがかっこよかった!
黒系のFスポーツ、ヤバイくらいカッコいいです。
これにはグラっと来ましたね。

ですが写真は撮り忘れました^^;





試乗したFスポーツは、本革仕様のダークローズの内装で、スポーティでした。
Fスポーツの本革はセミアニリン本革ではないみたいですね。
肌触りの差などは確認しませんでした。





スタータースイッチを入れるとV6、2.5Lの4GR-FSEエンジンが始動します。
しかし、振動、音ともにとても静か。
一瞬ハイブリッドだったっけ?と思ってしまったほど。


アクセルを踏んで走り始めます。
走りだしはとても穏やか。

この辺は欧州車っぽいというか、国産のように軽く踏んでスッと前に出る感じとは違いますが、個人的にはこちらのほうが好ましいです。
トルクもりもり!という感じではありませんが、V6NAの自然なフィーリングで踏んだ分だけスピードが上がります。
街中を走っている感じではハーフスロットルも踏まなくても自然に流れに乗れます。
サウンドジェネレーターを感じることもなく、エンジンもごくごく静かで、ボディ剛性の高さと相まって不快な振動もなく快適。

18インチの乗り心地はどんなものか、と思いましたが、それほど硬さは感じず、ボディ剛性のおかげか乗り心地は上々。
これなら18インチでも全然有りです。

ただし、ロードノイズはそれなりに聞こえます。



ハンドリングは標準グレードと街中ではそれほど差は感じなかったような…
まぁ街中なので真価は発揮できていないと思います。
コーナーを曲がった印象だと、やはりCT200hのほうがクイックです。
ホイールベースが長いのも影響しているんだと思います。
ハンドルに伝わる微振動はISのほうが上質。
反面、ステアリングインフォメーションがやや希薄といえるのかもしれません。
総じてCTの上位互換という感じで、ワンクラス上な印象です。

ドライブセレクトのSports+などにしたら印象も変わるのだと思いますが、この時は試す時間がありませんでした。





少し前の車との距離が空いたので、アクセルを思い切り踏んでみます。
クウォォォーとサウンドジェネレーターのいい音がし始めますが、あっという間に車間が詰まってしまって一瞬しか聞けませんでした^^;
GS450hに試乗した時に聞いたサウンドジェネレーターの音は「モロロロロロロ!!」という感じの印象でしたが、IS250の音は、それともまた違ったもう少し乾いた感じの音だった気がしました。
もう少しちゃんと聞いてみたいところですが、GSよりスポーティな感じだったと思います。





街中のディーラー周辺を一周しただけなので、大したインプレッションにもならず^^;
でも、IS300hの時に感じた、剛性感やしっとりした乗り味、静粛性などは同様で素晴らしいものが有りました。
エンジンですが、特に非力とも感じることはなく、街中では必要十分以上。
それでいてジェントルな感じです。

先日試乗したBMW320dと比較すると

ハンドリング BMW320d>IS250
乗り心地 BMW320d=IS250
静粛性 BMW320d<IS250
剛性感 BMW320d≧IS250
トルク感 BMW320d>IS250
回した時の気持ちよさ BMW320d<IS250
快適性 BMW320d<IS250

ってな印象です(個人的な感想です)。
IS250と比較するなら320iのほうが適切なんでしょうけど、そちらは試乗していないので^^;

それぞれが高いレベルでのでのせめぎ合いなので、どちらも一長一短でお好み次第といった感じ。


新型ISで何かと注目され比較されるのがIS300hのFスポーツですが、ライバルと比較した時、ネガティブな印象になるのが、538万円という価格と直4のサウンド。

しかし、このIS250はV6のサウンドジェネレーター付きで420万円。
アイドリングストップがついていないという環境面でのビハインドはありますが、この価格に車自体の出来を考慮すると…
ひょっとして結構お買い得?


CT200hのVer.Lが433万円…あれ?CTの方が高い^^;

本革などの差もありますが、IS250の素のグレードはなかなかの商品力かもしれません。
見た目が気になる場合は17インチまでならメーカーオプションで付けられます。

IS250のFスポーツは480万円と、一気に値上がりますが、それでもIS300hのベースグレードと同じ価格。
こちらもよくよく考えると魅力的に見えて来ました。

ハイブリッドにこだわらないならば、ISは250がコストパフォーマンスが高いかもしれませんね。
ただし、減税措置が無いので、ハイブリッドとの実質差額はもう少し狭まります。



世の中環境性能を追求して、BMWですら直4化しアイドリングストップも装備して320iでは16km/l以上の燃費を出しています。

それと比べると未だにV6でアイドリングストップすら付かず、燃費も11km/lそこそこと、クラスの中では一番悪いレベルの燃費ですが、逆にこれはこれで贅沢な選択なのでは?とも思うようになってきました。
ダウンサイジングターボも良いですが、時代の流れで稀少価値となってしまったV6を味わうのも悪くないような気もします(^ ^)




さて、当ブログでも人気記事になっているレクサスIS関連で、もう1つだけネタがありますので、また別の機会に書いてみたいと思います。

Fスポーツに標準装備、Ver.Lにオプション設定できる、足回りの「NAVI・AI-AVS」。
これって何なのさ、とちょっと調べてみました…が、「拍手」の数が少なかったらあまり読者の興味が無いと判断して、蔵に入れることにします(笑)










今日の関連アイテムですが、やはりこのシリーズ。

新型レクサスISのす

新品価格
¥680から
(2013/6/6 01:28時点)


何故かすでに中古の価格が上がっています。
売り切れると新品が買えなくなりますので、気になる方はお早めにどうぞ。





さらに最近こんな本も出ましたよ!

LEXUS IS (Motor Magazine Mook)

新品価格
¥1,200から
(2013/6/26 18:21時点)


こちらも売り切れる前にお早めにどうぞ。





IS関連ではXacarも出てます。

XACAR(ザッカー)2013年6月号

新品価格
¥700から
(2013/6/11 00:21時点)


こちらも在庫限りだと思いますので、気になる方はお早めにどうぞ。





下取りの見積もりですが、ここに来て結構変動があるようです…。
特にCT200hは、ISへの乗り換えで中古市場に出回っているのか、1ヶ月足らずで数十万円の下落があったみたい。
ディーラーによって下取りの見積もりは結構差があります。
市場の物差しを知る意味でも、ネット見積もりなどで価格を調べておくと参考になると思います。
レクサスデイーラーに行く前に、相場の価格を知っておくと、交渉もできますしね。

中古車買取実績No.1ガリバー

愛車無料査定も『カーセンサーNet』









関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

V6
IS250のエンジンは直6ではなく、V6ですよ( *´艸`)
Re: V6
ありゃ!失礼しました(^_^;)
本文中も直6やらV6やら入り混じりで書いてました(^_^;)
修正させていただきました(^_^;)
ご指摘ありがとうございました(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント