埼玉レトロ紀行2 本庄を歩く

前回からの続きです。

レトロな街並を求めて、埼玉県の本庄市を歩きます。

初めてなのに、どこか懐かしい街並、一緒に歩いてみませんか?

wonderTravel23.jpg

続きをどうぞ↓


本庄の歴史民俗資料館のおじさまに行ってみるとイイと言われた神社を探します。

ローヤル菓子のレンガ造りの本社工場跡からさらに足を伸ばします。

16_20130607235947.jpg






夢で訪れたことがあるんじゃないか、と思うくらい、どこか懐かしい。

13_20130607235927.jpg






12_20130607235925.jpg

日本のどこにでもある風景、ってだけかもしれませんが。







しばらく歩いていると、何やら気になる建物が…

04_20130607235441.jpg

…??JAIKO?





近づいてみると、じゃいこキッチンとあります!

26_20130608005352.jpg

なんだかとてもユニークなお名前。




看板もなんかユニーク…

29_20130608005357.jpg

気になる…
でもちょっと入るのに勇気がいる店構え(笑)

気になったが吉日!
いつ行くか…






今でしょ!(笑)

と中に入ってみました。

25_20130608005350.jpg

店内はとってもファニーな感じ。





お店にはお兄さんが1人。
あれ?じゃいこさんは?

と聞いてみると、じゃいこキッチンが休みの日にこのお店を借りて、お兄さんが手作りドーナツ屋さんを売っているんだそうです。
店の外を見てみると、たしかに手作りドーナツの文字が。

27_20130608005354.jpg

Syo-syoさんというお兄さんがドーナツ屋さんをやっていました^^



お話を聞いてみると、平日は普通にお仕事をして、休日にドーナツ屋さんとしてこちらをお借りしているとか。
このファニーな店内はじゃいこさんのご趣味だそうで、平日は洋食が食べれるキッチンとして営業しているそうです。
じゃいこさんにもお会いしてみたくなりますね。


せっかくですから、Syo-syoさんのドーナツをいただくことに。

28_20130608005356.jpg

お値段もとってもリーズナブル。




コーヒー味と黒蜜きなこを購入。

30_20130608005426.jpg

お味のほどは、素朴で甘すぎず男性でも食べやすいドーナツで美味しかったです^^

さて、じゃいこキッチンさんを後に、先へ進みます。




しばらく進むと、ようやく神社らしき杜が見えて来ました。

06_20130607235903.jpg

金鑚神社 (かなさなじんじゃ)です。


公式HPによると…

中山道最大の宿場町とされる本庄宿の総鎮守。
社伝によれば、欽明天皇2年(541)の創建という。
児玉党(武蔵七党の一)の氏神とされ、また児玉党の末裔で本庄城に依った本庄氏も深く崇敬した。
天正18年(1590)本庄城主となった小笠原信嶺も当社を深く尊崇し、その孫・政信は古河から関宿に移封された後、寛永16年(1639)当社の社殿を再建している。
豪華な彫刻が施された権現造の社殿は市指定有形文化財。
ご神木の楠は県の天然記念物である。また、大鳥居の社号額は松平定信の揮毫とのことである。

とのこと。
とても歴史ある神社なんですね。





天然記念物とされるご神木の楠。

05_20130607235901.jpg

さすが天然記念物だけあって、とても立派で迫力があり綺麗でした。






お社も歴史を感じます。

32_20130608103540.jpg

参拝している人はぽつぽつといらっしゃいました。




立派な彫刻が施された神楽殿も併設されています。

31_20130608103538.jpg

やはり歴史ある神社なんですね。




まだまだいろいろと散策してみたかったのですが、夕方に別の用事があったため、この辺でタイムアップ。

本庄駅周辺の銀座通りあたりもとても昭和な感じだったので、またいつかリベンジしたいと思います。



神社から車が停めてある歴史民俗資料館まで戻ります(資料館のおじさまに許可をとって停めさせていただきました^^)。




途中、小学校の前を通ったり、どこにでもあるような風景なんですが、やっぱりどこか懐かしい。

03_20130607235437.jpg




02_20130607235435.jpg

またいつか訪れたいと思う、埼玉県の本庄散歩でした。






さて、今日の関連アイテムですが…こんなの見つけました(笑)

ドラえもん 液晶クリーナー ジャイ子

新品価格
¥900から
(2013/6/8 11:13時点)


ちょっと面白いかも(笑)






改めて、埼玉を旅してみたいと思える本庄歩きでした。
皆様も埼玉紀行、いかがですか?

埼玉の逆襲 (笑う地域活性化本)

新品価格
¥1,470から
(2013/6/8 11:14時点)






関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント