トヨタMIRAI(ミライ)試乗しました!エクステリアは異彩感たっぷり!内装は高級車!

先日、近所のトヨペット店にスマホを買いに行きまして(Pipit)、そこのお店にトヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が置いてありましたので、購入手続きをしている間に試乗させてもらいました!



トヨタMIRAIは過去にも特集でお届けしていますので、ご興味ある方はそちらも併せてどうぞ↓


トヨタMIRAI(ミライ)見てきました! 東京都なら補助金込で420万円で買える!…? 納期は3年後www


トヨタMIRAI(ミライ)見てきました! 内装は高級感あって好評価!


トヨタMIRAI(ミライ)見てきました! 後席はVIPクラス!新しい高級車の形





前回まではトヨタのお台場にある展示場MEGAWEBで見てきただけでしたが、今回は試乗までさせていただいたのでしっかりレポートしたいと思います!
でもその前に、またエクステリアや内装をおさらいで見てみたいと思います。

MIRAI23_20150608151751f31.jpg




「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^




※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓






まずトヨタMIRAI(ミライ)の価格のおさらいですが、国の補助金約202万円と、各自治体の補助金(東京都なら101万円)を併せて、車両本体価格723.6万円から引くと、420万円程度まで下がります(東京都の場合)。

MIRAI00.jpg


しかし、これも2015年現在の話。
MIRAIの納期は現在発注すると納車は3年後となるそうで、2018年となると、消費税は確実に上がっているでしょうし、補助金もその時点でどうなっているかまったくわからない状態です。


ではまず展示してあるトヨタMIRAIを見てみましょう。

MIRAI24_20150608151753a96.jpg

ピュアブルーメタリックという鮮やかなブルーのMIRAIです。
前回MEGAWEBで見たMIRAIは白でしたので、印象が結構違います。

こちらのピュアブルーメタリックのほうが街中で目立つことまちがいなし!




燃料電池車で、水素で動いているというのから連想して、このスタイリングだとどこか海洋生物のようにも見えます。

MIRAI22_20150608151750797.jpg

かっこいいか?と聞かれると返答に困りますが、新しい乗り物のカタチと考えればアリだと思います。




エクステリアのインプレッションは過去に行いましたので、すぐに乗り込んでみましょう。

例によってドアトリムも軽く復習しておきましょう。

MIRAI01_20150608151622d3c.jpg

トヨタMIRAIのドアトリムはこんな感じです。
こちらの試乗車はブルーブラックという青味がかった黒の内装カラー。

MIRAI19_20150608151738252.jpg

落ち着いてて好印象です。
ドアトリムも手に触れる部分はソフトパッドになっているし、スイッチ類にもメッキ加飾がなされているし、メモリー付きのパワーシートだし、奇抜なデザインにばかり意識が行きがちですが、内容はレクサスに見劣りしません。




トヨタMIRAIの運転席ドアシルには金属製のスカッフプレートが。

MIRAI04_20150608151625936.jpg


トヨタMIRAIのペダル類はこんな感じです。

MIRAI03_201506081516248a7.jpg

惜しまれるのは、電動パーキングブレーキが採用されていないこと。
それさえあれば、全車速のレーダークルーズコントロールも付けられるし、現状考えられる高級車の要件の大きなポイントはほぼ網羅できたのに。






トヨタMIRAIの運転席周りはこんな感じです。

MIRAI02_20150608151622f53.jpg

デザインが奇抜です。
木目などはありませんので、パッと見の質感はわかりにくいですが、ピアノブラック調の静電式パネルや多くの液晶モニターなど、質感は悪くありません。

MIRAI21_20150608151748436.jpg



エアコンの表示までフルカラー液晶。
クラウンさながらですね。

MIRAI05_20150608151620b2f.jpg

でもこのピアノブラック調のパネルって、指紋やホコリが目立つんですよね…



トヨタMIRAIの前席全景はこんな感じです。

MIRAI12_20150608151701c6e.jpg
↑クリックで拡大します。

左右対称でも水平基調でもない、奇抜なデザイン。




トヨタMIRAIのセンターメーターにはいろいろなインジケータが並びます。

MIRAI20.jpg

スピードメーターの他にもマルチインフォメーションディスプレイがここに備わります。


写真の明るさを調整すると、液晶モニターが2つ並んでいるのがわかります。

MIRAI25_20150608151746bf9.jpg

一番左側は、時計やシフトや警告灯などが点灯します。
流れる波のような模様が、背面パネルから液晶モニターまで統一して描かれていますね。




トヨタMIRAIのドリンクホルダーはちゃんとリッド付きです。

MIRAI07_20150608151642471.jpg

フタがしまっていると、こんな感じで↑

開けるとドリンクホルダーが現れます↓

MIRAI08_20150608151644ed7.jpg

ドリンクホルダーにもちゃんとツメがついていて、飲み物がガタつかないようになっています。



以前、トヨタMIRAIの内装レポートで、助手席のグローブボックスの中は起毛仕上げになってないと書きましたが、こちらの試乗車はちゃんと起毛仕上げになっていました。

MIRAI06_20150608151640d6e.jpg

私がMEGAWEBで見落としていたのか、はたまたMEGAWEBのが「市販車とは異なる場合があります」と書いてあったのがこういう部分なのか。

でも、グローブボックスが起毛仕上げになっていて、トヨタMIRAIは高級車の位置づけなんだなと改めて認識しました。


と言った感じで、トヨタMIRAIのエクステリアと前席の内装をおさらいしてみました。
700万からという価格を考えると、燃料電池車だからとても高いのか、と思いがちですが、車としての仕上げもちゃんと高級車然としており、補助金がついて400万円台になるなら、むしろ割安感すら感じるレベルだと思いました。
トヨタの中では、このクオリティと装備の内容で作られているのは、クラウンくらいじゃないかな、と。

それでいて燃料電池車という特異性も考慮すれば、十分バリュー・フォー・マネーになります。
うちの近所にも水素ステーション出来たことですしね。

ただ、ネックはトヨタMIRAIの納期ですね^^;
2015年に発注しても、納車は2018年以降だとか。
これさえクリアすればもっと普及する車なんだと思います。



次回は、トヨタMIRAIの後席の内装やラゲッジまわりを見てみたいと思います。

お楽しみに!





ということで、トヨタ MIRAIなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド

















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント