BMW320d 試乗インプレッション エクステリア編

先日、初めてBMWディーラーに行って来ました。

駆け抜ける歓びとは一体どんなものなのか?一度は経験しておきたいなと思ったもので。

で、数あるBMW車の中で最近気になっている一台を試乗させていただきました。

それはやっぱりコレ。

001_20130530182312.jpg

BMW320d。
ディーゼルモデルです。

しかし、試乗車は内装写真を撮り損ねたので、内外装のインプレッションは、ガソリンモデルの展示車兼試乗車の320iのSportを中心にお送りしたいと思います。

長くなりそうですので、今回は外装のインプレッションからお届けします。



インプレッションはあくまで個人的な感想で、一部辛口な表現も含まれますので、気分を害される可能性がある方はご遠慮ください。


↓ご了承される方は、続きをどうぞ。



 
 

駆け抜ける歓びを体験したくて、初めてBMWディーラーを訪れました。

試乗させてもらったのは、話題のディーゼル、320dです。

004_20130530182931.jpg

BMW3シリーズは、Sport・Luxury・Modernの3つのデザインから選べます。
こちらの320dのワゴンはModernです。
3つのデザインで、内外装の一部のデザインパーツが変わります。




BMW独自のキドニーグリル。

002_20130530182927.jpg

近くで見ると結構隙間が大きくてラジエーターがよく見えます。
虫とか小石とか詰まらないのかな?と営業マンさんに聞いたところ、そういう事例もやっぱりあるとか。




顔つきは目つきがシャープでいかにも走りそうな印象。

003_20130530182929.jpg

塗装の品質はレクサスほどとはいきませんが、悪くありません。
しかし、ディーラーの手入れが悪いのか磨き傷が結構目立ちましたorz




と、320dの写真はここまで^^;

あとは320iのSportの写真で見てみましょう。

32_20130530175927.jpg

ロワグリルまわりの意匠は、さきほどのModernより、こちらのSportのほうが好みです。





シルバーっぽく塗ってあるところの質感がやや気になりますが…

31_20130530175924.jpg






ヘッドライト周りの造詣はとてもイイですね。
イカリングと言われたりしているポジショニングライトの縁が光るのも質感が高いです。

27_20130530175846.jpg

しかし、白いボディでも磨き傷が目立ってる気がする…
手入れの問題なのか塗装の問題なのか…

今の自分の愛車は白で野ざらしですが、ここまで磨き傷が目立つことはありません。






フロントのオーバーハングは本当に短いです。
これはいかにも走りそうな印象でカッコいいですね。

28_20130530175849.jpg

Sport標準の17インチランフラットタイヤですが、ホイルハウスの隙間は狭く、カッコいい。
この辺は国産車は見習って欲しいところ。






こちらはSportのリア。

30_20130530175853.jpg

つま先をボディ下に入れると、センサーでトランクが開くとか。
荷物を持っている時には、とても便利そうです。





とまあ、一周見渡してみて、スタイリングは低く密度感があってとてもカッコいいです。

リアガラスにはメーカー側でスモークを貼ることもできるそうですが、後付で納車時にフィルム貼ったほうが早いらしく、だいたい皆さんそうしているらしいです。
そのへんは文化の違いというか、国産のほうが当たり前にプライバシー仕様になっているので楽そうです^^;

さて、今度は内装の方へ目を向けてみますが…

ちょっと時間が尽きたのでまた次回^^;








さて、今日の関連アイテムですが、お約束のこちら。



BMW3シリーズのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポート 20)

新品価格
¥680から
(2013/5/31 00:53時点)






まだ買えるみたいですね。






ここで私の経験談ですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^





「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村






かんたん車査定ガイド



















最新ミニバンのすべて (モーターファン別冊 統括シリーズ vol. 69)

新品価格
¥780から
(2015/2/22 12:30時点)







関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント