昭和トンネル 国道駅

今回は横浜市という都会でのワンダー探し。

横浜にそんな不思議な場所なんてあるの?!とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、横浜だってまだまだワンダーがたくさんありますよ。

今回は、横浜市鶴見区生麦にある、国道(こくどう)駅に行ってきました。


wonderTravel19.jpg

さて、どんなワンダーな世界がそこにあるのでしょうか。



↓続きをどうぞ。



国道駅は、神奈川県横浜市鶴見区生麦五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)鶴見線の駅。

そのユニークな駅名は、鶴見線と当時の国道1号(現在の国道15号)との交点にあることから命名されたそうです。

私が知っているということは、もちろん「ワンダーJAPAN」に掲載されていたからでして。
それを見て、いつか行きたいなと思っていたので、今回足を運んでみました。






実際に国道15号(第一京浜)と交差する鶴見線の高架下にそのユニークな駅舎が見えて来ました。

03_20130526170657.jpg

1930年、鶴見臨港鉄道の駅として開業。
1943年、鶴見臨港鉄道線の国有化により、国鉄鶴見線の駅となり、1971年には無人駅化されました。





入り口からしてかなりレトロな雰囲気が漂っています。

04_20130526170700.jpg




第二次世界大戦中の機銃掃射の弾痕が駅舎の壁面に残っています。

05_20130526170701.jpg

上の部屋にも入ってみたいですが…





ではさっそくガード下に入ってみましょう。

10_20130526170713.jpg

なんとも言えないレトロな雰囲気が漂っています。





17_20130526170747.jpg





16_20130526170746.jpg





13_20130526170734.jpg






15_20130526170737.jpg





無人駅、との触れ込み通り駅舎には誰もいません。

19_20130526170750.jpg

一応Suicaは対応しています。




駅の中に入ってみましょう。

09_20130526170712.jpg

駅舎の中は鳩がたくさんいます。
なので、鳥フンがいっぱい^^;





ガード下の通路をまたぐように渡り廊下があります。

07_20130526170709.jpg




そこから下を覗くと、またこれは結構なワンダー風景。

08_20130526170710.jpg

ワンダーJAPANに掲載されていたのはここからのカットでした。




この駅は黒澤映画やドラマのロケ地としても使われたそうです。
それも納得の味ですね。






ホームに出てみました。

06_20130526170707.jpg

鶴見線、あまり馴染みがないカラーリングです。




ローカル線で、無人駅、なんて聞くとどんなダイヤなのかと気になりましたが、本数は結構ありますね。

12_20130526170733.jpg

埼京線とあまり変わらないくらいの本数かも^^;

写真には写っていませんが、休日の真昼間だというのに、結構な人が乗り降りしています。
調べてみると一日の乗降客数は1500人程度だそうです。
多くはないですが…。





さて、ホームから戻ってきて、ガードの反対側まで来てみました。

02_20130526170655.jpg





ガード下は住宅になっているようですが、住み心地はどんな感じなんですかね?
気になります。

01_20130526170653.jpg

そんなこんなで、国道駅探検は終了。

いかがでしたか?
ちょっと昭和でレトロな空間、満喫していただけたでしょうか?

ワンダーは結構近場にも存在しているもんです。
皆さんも身近なワンダー、探してみてはいかがでしょう。





今日のアイテムはやっぱりこちら。

ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》700 (三才ムック vol.534)

新品価格
¥1,000から
(2013/5/26 23:47時点)


今回のワンダートラベルも、こちらの雑誌を見て行く気になったのでした。





あともう一つ気になるMOOKが。

酷道vs秘境駅

新品価格
¥1,260から
(2013/5/26 23:50時点)










関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント