フォルクスワーゲン up! 試乗してきました 1

今回は、売れていると話題のフォルクスワーゲンのup!を見て来ました。

試乗もしましたが、今回はまずフォトインプレッションからお送りいたします。

01_20130524231048.jpg

サイズは軽自動車クラスですが、そんなコンパクトをフォルクスワーゲンが作るとどうなるのか、とくと拝見いたします。




インプレッションはあくまで個人的な感想ですので、少々辛口な意見もあるかと思います。
気分を害される可能性がある方はご遠慮していただいて、覚悟のある方のみ、続きをどうぞ↓






 
 
 
 
2012年に発売されて、以来とても好評で一時期は納車待ちが結構長かったというフォルクスワーゲンのコンパクト、up!。

街中でもだんだんと見かけるようになりましたね。

しかし実際に間近で見るのは初めてです。

02_20130524231051.jpg

2ドアが149万円からの値付け。
4ドアは169万円から。


軽だとワゴンRが110万円から、ワゴンRスティングレーのターボが149万円から。
ムーブが107万円から、ムーブカスタムが130万から。
N oneが115万円から、N oneプレミアムが136万円から。

軽と比べるとまだちょっと高いですが、シティエマージェンシーブレーキなどが標準なのを考えると、まあそれほど高い気はしません。

おそらく軽自動車でも、フル装備に近いと、up!と値段はそれほど変わらないのではないでしょうか。

小型車だとフィットの1.3Lが123万円から、1.5Lが158万円から。
それだと同じくらいのイメージでしょうか。




サイズはリッターカーよりも軽に近いサイズ感。
それでも、塗装や車を見た際に感じるクオリティはそれ以上のものを感じます。

24_20130524231236.jpg

さすがフォルクスワーゲンのものづくり。
このサイズのコンパクトでも、その一本通ったスジを感じます。



横から見ると、本当に軽自動車みたいですね。

01_20130524231048.jpg

タイヤはボディのギリギリまで外側に配置されている印象。
限られたスペースを最大限に使っているのが感じられますね。



上級グレードのHigh up!はアルミホイールを選べますが、標準のホイールカバーでもデザインが悪く無いです。

21_20130524231231.jpg

てっちんでもカジュアルなデザインは好印象です。
これならこのまま乗ってもいいかも。




リアに回ってみましょう。

22_20130524231233.jpg

シンプルかつカジュアルでハイテクな雰囲気を感じるデザイン。
バックドアはブラックアウトされていますが、ボディが黒だとわかりませんね。




アンテナはシャークフィンではありません。

23_20130524231234.jpg

これはちょっと安っぽいですね。
洗車機に入れるときなどは取り外す必要がありそうです。





運転席を見てみましょう。

25_20130525001251.jpg




ハンドルは価格相応。

20_20130524231215.jpg




メーターまわりはこんな感じです。

12_20130524231148.jpg

最新式、という感じはしません。
しかしゴルフ5くらいのクオリティはありますね。




インパネまわりは、ボディと同色のクリアパネルが装着されています。

19_20130524231214.jpg

しかし、ボディが黒なので目立たないですね。
ピアノブラックのように光沢があるので質感は悪くありません。



シフトの質感もこのクラスとしてはイイですね。

18_20130524231213.jpg

シルバーの加飾などの使い方のセンスはゴルフなどと同様にシンプルですが質感は高いです。





収納は国産のコンパクトには及びません。

17_20130524231212.jpg





グローブボックスはこんな感じです。

15_20130524231151.jpg

結構ここは広いかも。





サイドブレーキのボタンもクリア塗装されてて、こういうところの一手間が全体的なクオリティを感じる部分なんでしょうね。

16_20130524231211.jpg





ドアのボタン類は、まさにフォルクスワーゲンのそれを踏襲した感じです。

14_20130524231150.jpg

クオリティも悪く無いですね。
でも窓ガラスの集中操作ボタンくらいは欲しかったかも。




ライトの操作は、欧州車のソレですね。

13_20130524231149.jpg

メッキパーツなどはありませんが、パーツ流用なのか質感は同様に悪く無いです。




ドアのヒンジ部分を見てみると、ごっついですねぇ!

11_20130524231146.jpg

国産車のそれと比べると、ぎっしり身が詰まった形状をしているので、ここだけでも剛性感が違うでしょうね。
実際に、ドア自体も重く、閉める時に重厚感のある音がします。
ここは国産車では軽自動車に限らずなかなかこの音は出てません。








リアシートも見てみましょう。

07_20130524231120.jpg

ここは国産軽自動車のほうがスペースを優先させている部分なので明らかにup!のほうが狭いですね。




リアドアのドアハンドルもメッキ加飾されていて質感が高いなぁ。

09_20130524231123.jpg





剛性確保のためか、サイドシルがとても高く、乗り降りには足が引っかかりそうになります。

08_20130524231122.jpg

剛性感には必要なのかもしれませんが、正直乗り降りしづらいです。




後席の収納はミニマム。ドリンクホルダーも一個しかありません。

10_20130524231125.jpg

前席中央にも一個だったので、あまり多く人を乗せて長時間走る際には飲み物を置く場所に困りそう?




あと気になったのが、後席の窓が外にわずかにせり出すだけなので、換気とかには苦労しそう。

06_20130524231119.jpg

ちなみに2ドアモデルだと開けることすら出来ないそうです。







ラゲッジも見てみましょう。

05_20130524231056.jpg

トノカバーが標準なのが良いですね。



ラゲッジ容量は上位クラスのポロの280Lに迫る251Lを確保。

04_20130524231054.jpg

後席背もたれを倒せば、フラットになります。




ラゲッジアンダーボックスまで完備していて、結構な積載量がありますね。

03_20130524231053.jpg

実用性は必要十分ですね。





さて、エクステリアとインテリアのインプレッションはこんな感じです。
コンパクトだからとペラペラな剛性感ということもなく、フォルクスワーゲンの重厚さがこのup!にも踏襲されているのがわかりました。

高級感や質感という点では、全体的にプラスチッキーなので仕方ありませんが、ボディ同色のパネルを使ったり、カジュアルなデザイン演出でチープさをカバー。
トータル的にオシャレで悪くない質感に仕上がっています。
中途半端な木目調のプラとかを使うよりよっぽど高級感があって好感が持てます。




気になるのはその運転した時の感覚ですが…

それは長くなったのでまた別のエントリーでお送りしたいと思います。






今日の関連アイテムはやっぱりコレ。



フォルクスワーゲンup!のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポート 22)

新品価格
¥680から
(2013/5/25 07:53時点)






まだ新品を買えるみたいですが、この手の本はわりとすぐ買えなくなるので気になる方はお早めにどうぞ。







さて、フォルクスワーゲンUP!の購入検討している方、実際にディーラーに行かれる前に、ネットで愛車の下取り見積りをしておくことをオススメいたしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくにデビュー直後の車だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。




あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^










あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数社が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^



ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^


今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント