トヨタ エスクァイア(エスクワイア)見てきました!内装はハリアー的な質の良さで好評価!

トヨタからデビューした、エスクァイア(Esquire)を見てきました!という話の第2回目です。

エスクァイアの記事は今回で3回目となります。

前回はエスクァイアのエクステリアを中心に見てきました。

トヨタ エスクァイア(エスクワイア)見てきました!見たら評価上がりました。




それより前に当ブログで取り上げた記事は↓コチラ。

トヨタ エスクァイア(エスクワイア) ノア・ヴォクシーとの違い、差は?!価格情報も!

私の解釈では「エスクァイアはノア・ヴォクシーのトヨペット店版」という解釈でしたが、実車を見てきたら意外と質感には差があり、エスクァイアの評価が上がりました


前回はエクステリアのインプレッションをお届けしたので、今回はエスクァイアの内装を見てみましょう。

ESQUIRE06.jpg


ワンダー速報は毎日更新しておりますので、記事がイイネと思っていただいた方は、こちらのボタンを一日1クリック「ポチッ」としていただくと大変励みになります↓

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

一時期は2位まで上がった順位も今では結構下がってきてしまいましたーT_T
今後とも応援よろしくお願いいたします!





※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

エスクァイアのインプレッション、ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。







ではさっそくエスクァイアのインテリアを見てみましょう!
今回も、屋外で暗い中にも関わらず、頑張って写真撮ってきましたので、枚数が大量です^^;
購入検討している方の参考になれば幸いです。


ちなみに展示してあったエスクァイアの価格はこんなかんじでした。

ESQUIRE18.jpg

ガソリンモデルのGiという上位グレードのようです。
価格は282.3万円から。オプションや諸経費などは含まれていません。

まずは、エスクァイアの運転席側のドアを開けてみましょう。

ESQUIRE42.jpg

ぱっと見はノアやヴォクシーと変わらないんですが、シートやドアトリムなどのマテリアルがだいぶ違います。
展示車両のGiという上位グレードには合皮のシートが標準装備となっていて、それの印象でだいぶ高級感があります。




一方コチラがヴォクシーハイブリッド↓

VOXY02.jpg

デザインは同じなんですが、やはり合皮のシートやステアリングの印象から、質感はエスクァイアのほうが良いですね。



エスクァイアのドアの内側を見てみましょう。

ESQUIRE43.jpg

これは意外と頑張っていますね!

ESQUIRE39.jpg

ドアトリムにはメタル調のパーツがあしらわれ、ステッチ付きの合皮のソフトパッドで覆われています。

助手席側もこんな感じ。

ESQUIRE15.jpg

かなり質感は良いと思います。




ちなみにノアのドアの内側がこんな感じです↓

33_20140130220453a6a.jpg

ノアは単体で見れば全然悪くないんですが、比べてみるとエスクァイアの質感の高さが光ります。



エスクァイアのウインドースイッチ類は、基本的にノア・ヴォクシーと同様っぽいです。

ESQUIRE40.jpg




さて、エスクァイアの運転席の全景をどうぞ。(↓クリックで拡大します)

ESQUIRE21.jpg



ノアの運転席はこんな感じ。

21_20140130220005216.jpg



実車を見るまでは、「どうせちょっとガワが違うだけでしょ」と思っていましたが、各所のマテリアルが変わるだけで印象が結構違いました。
営業マンさんが言うには、「ハリアー的な内装になってます」とのこと。
たしかに、合皮の使い方とかがそれっぽくて、見た目に非常に良い物感が有りました。


では、つづいてエスクァイアの前席シートを見てみます。

ESQUIRE37.jpg

上位グレードのGi昇温降温抑制機能付合成皮革シート表皮というシートが標準装備。

ベースグレードのXiはファブリックシートです。

さらにエスクァイアのGiには快適温熱シートというのが付いているようですが、これってシートヒーターのことかな?
ちょっと勉強不足でわかりません。

ESQUIRE36.jpg

見た目的には革シートっぽくて高級感が有りました。



つづいてエスクァイアのインパネなども見てみましょう。
エスクァイアの上位グレードGiスマートエントリー+プッシュスタートシステムが付いていますが、ベースグレードのXiでは普通に鍵を回すタイプ。

ESQUIRE38.jpg

エアコンのアウトレット周りもピアノブラック調のグロス処理がなされていて質感が上がっています。



ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付)はエスクァイア全グレード標準装備ですが、Xiだと助手席側のみ
両側パワースライドドアなのは上位グレードのGiのみですが、オプションで55000円程度でXiも両側に設定可能。

ESQUIRE26.jpg

スイッチはココ↑についていました。



その下にはETCとちょっとした小物入れがありました。

ESQUIRE27.jpg



エスクァイアGiのステアリングはこんな感じ。

ESQUIRE24.jpg

なんと、本革巻き3本スポークステアリングホイール(黒木目調加飾付)です!
ステアリングに木目調パーツが組み合わさるなんて、ちょっとした高級車並ですね。
たしかに、営業マンさんが言っていた「5ナンバーミニバンにハリアーの内装」というのも納得です。

ちなみに、ベースグレードのXiだと、木目調ではありませんが本革巻き3本スポークステアリングホイールになります。



さらに、エスクァイアのGiだと、本革巻きシフトノブに黒木目調加飾がつきます!

ESQUIRE35.jpg

エスクァイアはパネルもピアノブラック調になっているので、ノアやヴォクシーとも結構印象が違いました。
かなり頑張っていますね!


ちなみにノアだとこんな感じ↓

26_2014013022042805d.jpg





ノア・ヴォクシー同様だと思いますが、ドリンクホルダーがここに付いてました。

ESQUIRE34.jpg

更に引き出すと飲み物が2つ置けます。



エスクァイアのメーターはこんな感じ。

ESQUIRE44.jpg

トヨタお得意のオプティトロンメーターです。
メーターパネル内にマルチインフォメーションディスプレイはありませんが、ダッシュボードセンター部分にマルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)が備わります。

ESQUIRE45.jpg

これはエスクァイアは全グレードに標準装備。




助手席側も見てみましょう。

ESQUIRE29.jpg

ショルダーラインが低く、三角窓も大きいので視界が広いですね。



ダッシュボード周りもノア・ヴォクシーと差別化されていました。

まずはノアのダッシュボードですが、こんな感じ↓

22_201401302200068c9.jpg


一方エスクァイアのダッシュボード周りは、ステッチの付いたソフトパッドとシルバー調の加飾が加えられており、質感が高められていました。

ESQUIRE41.jpg

アップで見てもなかなかの質感です。

ESQUIRE31.jpg

さらにアップで(笑)

ESQUIRE32.jpg

エスクァイア、予想していたよりも結構手が加えられているので、なかなか印象が良いです。



ダッシュボード上は小物入れになっています。

ESQUIRE33.jpg



その下はグローブボックス。

ESQUIRE30.jpg

この辺りはノア・ヴォクシーと同様でしょう。



オーバーヘッドコンソールにはサングラスが入れられます。

ESQUIRE28.jpg

ルームライトはLEDということはなく、豆球でした。


と言った感じで、エスクァイアの前席を中心にインテリアを見てきましたが、いかがでしたか?

エスクァイアは、ノアやヴォクシーより価格は少々高いですが、内装の見た目的には印象が全然違いました。
カジュアルなのは、ノアやヴォクシーですが、やはり少々プラスチッキーな感じもしてしまいます。
そういった部分の質感を高めたのがエスクァイアで、トリム類などはさすがトヨタの仕上げで、高級感を求める方には、このクラスのミニバンではエスクァイアしか選択肢がないかもしれません。
営業マンさんが「内装はハリアー的」と言ってたのも頷けます。

ちょっと長くなりましたので、後席などのインプレッションはまた次回以降でお届けしたいと思います。


エスクァイアの概要ムービーを貼っておきますね。



ご興味ある方はどうぞ。


ということで、エスクァイアや新型ノア・ヴォクシーの購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…







2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント