スバル新型レガシィ アウトバック見てきました。Limitedはカッコいいね!

先日のスバル新型レガシィアウトバックの記事の続きです。

前回は、レガシィアウトバックのベースグレードのエクステリアを中心にお届けしました。
前回お届けしたスバル新型レガシィアウトバックのエクステリアインプレッションはこちら↓

スバル新型レガシィ アウトバック見てきました。エクステリアインプレッション



そしてさらに以前お届けした新型レガシィB4の記事は以下の記事から連載スタートしていますのでそちらもご参照ください。

スバル新型レガシィB4見てきました! 超マッチョだ! エクステリアインプレッション1


前回はレガシィアウトバックのベースグレードをインプレッションしましたが、今回は上級グレードとなるレガシィアウトバックLimitedです。

OUTBACK27.jpg

ベースグレードと比較してどこが違うんでしょうか?
よくよく見てみるとなかなかお買い得なモデルなのかもしれませんよ^^



スバルの新型レガシィ関連の記事も過去にも結構なボリュームをお届けしましたし、今後の最新記事も「レガシィ関連記事一覧」にまとめていきますので、ご興味ある方はこちらもどうぞ↓

レガシィ関連記事一覧



ブログランキング参加中!
応援していただいている皆様のおかげで、なんとOUTポイントでも10位以内まで上がってきました!
応援ありがとうございます!!
読者の皆様の応援がひしひしと伝わって、ますます気合を入れて書かないとと奮い立たせていただきました!^^
もしOUTポイントでも1位になった暁には、何か恩返しをしないといけないですね…。


↓の「車ブログ」のボタンを一日1クリック「ポチッ」としていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。





ではさっそくレガシィアウトバックの上級グレード、Limitedのエクステリアを見てみましょう。
↓クリックで拡大します。

OUTBACK23.jpg

先日お届けしたベースグレードのアウトバックと、Limitedの違いは、フロント下部にメタル調のパーツがついています。

OUTBACK26.jpg

こんなパーツです。


↓こちらはベースグレード。バンパー下部は無塗装です。

OUTBACK08.jpg




新型レガシィアウトバックLimitedのサイドを見てみましょう。

OUTBACK24.jpg

↑クリックで拡大します。

ベースグレードのアウトバックと比べると結構印象が違います。
メッキ加飾付サイドクラッディングがあるのと、18インチアルミホイールの存在感が光ります。


ちなみにこちらがベースグレード↓

OUTBACK02.jpg

ホイールの印象によるところが大きいかもしれません。




新型レガシィアウトバックには18インチアルミホイールが備わります。

OUTBACK22.jpg

切削光輝でブラック塗装がなされているので迫力があります。

OUTBACK21.jpg

あまり立体感がないデザインですが、空気抵抗を考慮しているんでしょうか。




続いてはこちら↓

OUTBACK20.jpg

サイドクラッディングという部分らしいですが、 『ラギッドで力強い印象のサイドクラッディングに、エレガントなメタル調のガーニッシュを配しました』 とのこと。
ラギッドがどういう意味かはわかりませんが、このサイドクラッディング付いてたほうが質感は高いです。


このサイドクラッディング、ドアの部分は干渉しないようにえぐれています。

OUTBACK19.jpg



つづいて、先日も少しお届けしてしまいましたが、リアの方も見てみましょう。

OUTBACK18.jpg

同門のレヴォーグやインプレッサに比べると、丸みを帯びたおおらかなデザイン。



リアバンパー下部にも、フロント同様にメタル調パーツがあしらわれていますが、これがLimitedだけだったか確認漏れ。

OUTBACK17.jpg

でもフロントとの一体感を考えるとLimited専用装備な気がします。



先日もお伝えしたとおり、新型レガシィアウトバックは、マフラーは隠されたデザイン。

OUTBACK10.jpg

覗きこむと下を向いているマフラーが見えます。



と言った感じで、新型レガシィアウトバックのLimitedのエクステリアインプレッションをお届けしましたがいかがでしたか?

と終わりたいところですが、それだけでは内容が薄いのでもう少しオマケをお届けします!(笑)

決められた内容だけで終わっていたのではワンダーじゃないですからね!^^
読んでいただいている皆様の予想を超えるサービスを提供したいと思っております!
なので寝るのが深夜になっても毎日頑張って結構な文量を書いています。

↓もう言わなくてもお分かりいただけますね?(笑)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村




ということで、続きのオマケをお届けします。

上であげたマフラーの画像で撮った、ラピスブルー・パールのレガシィアウトバックLimitedもオマケでちょっと掲載しておきますね。

OUTBACK15.jpg

アウトドアを模した装飾のところに置いてありますが、ドアは開かなかったので中は撮影していないです。



この色もなかなか良いですね!

OUTBACK14.jpg

こうして寄って撮ると迫力があります。


グリルのカラーとバンパー下部のパーツの色合いも統一感あっていいですね。

OUTBACK13.jpg



別の角度からもう一枚。

OUTBACK16.jpg



サイドからもどうぞ。

OUTBACK12.jpg

こういう車にはフェンダーアーチモールついててもいいと思うんですけどね。



リア正面からどうぞ。

OUTBACK11.jpg

こうして見ると、ショルダーラインのところでレヴォーグ同様にワンクッションあるんですね。
このリアデザインもなかなかかっこいいと思います。



という感じで、オマケも含めてレガシィアウトバックLimitedを見てきましたがいかがでしたか?
個人的な感想としましては、レガシィアウトバックを買うなら、ベースではなくて27万円ほど高いけどLimitedにしたほうが見栄えがだいぶ良いなぁと。

また、見栄えだけにとどまらず、スタブレックス・ライドという、さらなる上質な走りを目指した新開発ダンパーも備わります。
こちらは、ダンパー内で動くピストンの速度によって減衰特性を変化させ、コーナーリング時の安定性と、荒れた路面での快適な乗り心地を高いレベルで両立させることができるそうです。

このスタブレックス・ライドや18インチホイール、内外装の質感アップを考えると、むしろ27万円高で済んでいるなら安いんじゃか無いかと思いました。

内装のインプレッションはまた次の機会にエントリーしたいと思います^^


新型レガシィB4のアホなチャレンジのムービーがありましたので、共有しておきますね!



やってる本人たちがすごく楽しそうなのが印象的。
スバルは海外でも愛されているみたいですね^^



ということで、そんなスバルの新型レガシィなど、今後車の購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

ディーラーでの下取り見積もり額を買取店に伝えると、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札形式にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札方式で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…







2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!












関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント