マツダ新型デミオ見積もりました。新型デミオの価格は高いか?!評判はいいですね!

個人的にとても注目しているマツダの新型デミオ
そんな新型デミオ見積りが解禁になりましたのでさっそく見積りをいただいてきました!!

新型デミオのカタログや価格表もいただいてきましたので、細かいオプション価格などもわかるようになりましたので、一部抜粋してお伝えしたいと思います!!

02_201409172358391b2.jpg


そして一方で、ディーゼルモデルの発売日が遅れそうな模様です。

新型デミオのガソリンモデルは当初予定通りで9月26日発売
ディーゼルモデルが当初10月初旬の予定でしたが、10月23日発売、それぞれ4WDは12月以降になる予定だそうです。


先日撮影してきた新型デミオのエクステリアと内装のインプレッション記事は以下をご参照ください↓

【速報】2014 マツダ新型デミオ見てきました!価格情報も!実物はマジでカッコいい!!!

【続報】2014 マツダ新型デミオ クラスを超えた高品質!価格も判明!

2014 マツダ新型デミオ 内装の質感はピカイチ!フィットとの比較や価格情報&発売時期も!

【速報!】新型デミオの価格判明!XDは178.2万円から!発売時期&納期情報も!!


新型デミオの情報は今後も更新していきますので、過去のデミオの記事やデミオの最新情報は以下のデミオ関連記事一覧でチェック!

デミオ関連記事一覧



※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓



 
 
 

ニューカー速報プラス 新型MAZDA DEMIO(CARTOPMOOK) (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス)

新品価格
¥780から
(2014/9/18 12:45時点)






新型デミオの正式なカタログもゲットいたしました!
ものすごく分厚いカタログです。

01_20140917235838ff1.jpg


まずは新型デミオの価格のおさらいですが、すでにスッパ抜きでお伝えしていた通りの価格となりました。

まずは新型デミオ1.3LガソリンのSKYACTIVの13C
13C ベースグレードが135万円から。
13S が145.8万円から。
13S Lパッケージ が171.72万円から。

となっています。

続いて、新開発の1.5Lディーゼルエンジンを搭載する新型デミオXDの価格です。
15XD ベースグレード が178.2万円から。
XD ツーリング が194.4万円から。
XD ツーリング Lパッケージ が199.8万円から。

となっています。




新型デミオは、従来のマツダのオプション同様、主要なオプション類はパッケージとなっています。

主なパッケージとしては、

LEDコンフォートパッケージ 【13S…86,400円】 【XD…97,200円】
・LEDヘッドランプ
・アドバンスとキーレスエントリーシステム
・オートライトシステム
・レインセンサーワイパー
・フルオートエアコン
・クルーズコントロール【XDのみ】



スポーティパッケージ 70,200円【13Sのみ】
・185/65R15 88Sタイヤ&15✕5 1/2Jインチアルミホイール
・本革巻 ステアリング/シフトノブ/パーキングブレーキレバー



セーフティパッケージ 86,400円【XDシリーズのみ】
・ブラインドスポットモニタリング(リアクロストラフィックアラート付)
・ハイビームコントロールシステム
・車線逸脱警報システム



CD/DVD&フルセグTVチューナー 32,400円

マツダコネクトSDカードナビゲーション 36,000円(ディーラーオプション)

となっています。




セーフティパッケージがXDしか選べないのは、差別化されていますね。
新型デミオで安全装備を付けたければディーゼルを選ぶしかないのか。
安全装備に関しては、グレード関係なく選べるといいんですけどね。

それにしても、新型デミオは、レインセンサーワイパーやLEDヘッドライト、クルーズコントロールなど高級車顔負けの装備が選べますね。
特に新型デミオのディーゼルXDのセーフティパッケージでは、レーン・ディパーチャー・ウォーニングや、クロストラフィックアラート付のブラインドスポットモニターまで装備。
上級車種でも、装備できない車もまだ多いですからね。
車の進歩というのは早いので、最新の車はやっぱり装備がすごいです。



DEMIO04_20140819022122a8e.jpg




で、これらのパッケージオプションを踏まえて、私がとった新型デミオの見積りですが、やはり新型デミオは以前お伝えした内装が魅力的だったので、その内装が装備されるグレードをチョイス。

DEMIO30_20140819022449975.jpg

こちらの新型デミオのオフホワイトの合成皮革インパネデコレーションパネルに、サテンクロームメッキのメーターリングなどが美しいインテリアは、L Packageという上級グレードのみとなります。
なので、13S L Packageと、XD Touring L Packageをチョイス。

13S L PackageにはLEDコンフォートパッケージに相当するオプションは標準装備になっているので、CD/DVDプレーヤー&フルセグTVチューナーのみをセットにしたグレードで見積り。

その見積りがコチラ↓

03_20140917235841e68.jpg

214.3万円となりました。

諸経費オプションなど含まない素の状態で171.72万円ですから、約40万円ほど増えてます。

新型デミオのディーラーオプション価格はまだ正式には発表されていないものの、だいたいこんな価格だろうということで見積り作ってくれました。
私が装備したオプションは、営業マンさんにオススメされるがままに付けておきました。

05_20140917235844fc7.jpg

不要なオプションは削ればもう少し安く済みそうです。

そう言えば、アクセラで問題になっていたSDナビの「マツダコネクト」ですが、新型デミオでは不具合が解消された状態になるとのことで、安心してくださいとのこと。
アクセラのマツダコネクトも、アップデートでだいぶ良くなっているそうです(マツダディーラー談)。


諸経費やらJAFやら延長保証なんかも削れるところがありそうです。

06_20140917235852aa7.jpg

納車費用の1.4万円までしっかり入ってるので、取りに行くならカットできます。
ていうか最初から抜いてくれればいいのに。



高いコーテイングや不要なオプション、諸経費を削れば200万円そこそこで収まりそうですね。

1.3Lのガソリン車に200万…高いと考えるかは貴方次第です(笑)
しかし、「コンパクトな車が欲しいけど、内装が安っぽいのはちょっと…」と思っていた私のような人間には、この新型デミオはドンピシャなクオリティなんだと思います。

コンパクトカーで質感高い内外装、となると国産ではあまり思い浮かびません。
MINIやFIAT500、アウディA1など、外車になってしまいますね。

そういった意味では、新型デミオは、走りの質感も高ければ国産ではパイオニアになる可能性も秘めています。
あとは実際に試乗してみてその実力を見てみないとですね。

内装とかに拘らず、安く抑えたいということでしたら、新型デミオの中間グレードの13Sがでも145.8万円からなので200万円を切る価格に抑えることも可能です。



DEMIO11_20140819022201a6f.jpg



続いて、新型デミオ1.5LディーゼルモデルのXDの最上級グレード「XD Touring L Package」のに、件のセーフティパッケージと、
「i-E LOOP(64,800円)」というエネルギー回生システム(スズキでいうところのエネチャージみたいなもの)と、CD/DVD&フルセグTVもセット。

その見積りがコチラ↓

04_2014091723584286c.jpg

ブフォwww
257.6万円!!

ちょっと想像していたよりもだいぶお高い印象^^;
でも、こちらも13SのLパッケージの見積りと同じ要らないものが多数含まれていますので、それらをカットすればもう少し安く済むと思います。
それでも新型デミオXDメーカーフルオプションなら、230万円前後でしょうか。



230万〜250万円クラスの価格帯となると、同じマツダでも格上のアクセラが買えるレベル。
その他メーカーを見回しても、フォルクスワーゲンのポロや、ホンダのヴェゼルなども視野に入ってきます。
それを高いと感じるか、このコンパクトクラスでディーゼルに乗れるユニークさを唯一無二の価値と考えるかによって、この新型デミオの購買意欲も変わってくると思います。

ただ単に、コンパクトカーにディーゼルエンジンが乗っただけではなく、クラスレスな内外装の質感を携えた車に仕上がってるのがとても評価できますね。

私としては非常に購買意欲を掻き立てられる新型デミオです。
あとはやはり試乗してみての判断ですね。


今回は簡単に見積もりのご紹介でしたが、拍手の数などでリクエストいただければ、カタログから読み取れる新型デミオの魅力などもインプレッションしてみたいと思います。

DEMIO12_20140819022202238.jpg

ということで、今回はこの辺で。


ということで、マツダ新型デミオなど、今後車の購入をご検討の方は、試乗などで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札形式にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札方式で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド








デミオの動画がありましたので共有しておきますね。

















ご興味ある方はどうぞ。
では次回のワンダー速報もお楽しみに!











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント