アウディQ3試乗しました!【1】エクステリアインプレッション!価格やサイズ情報も!

レクサスNXから端を発したSUV試乗ブーム!(自分の中でw)


またもやアウディQ3の写真も大量に撮ってきてしまったので、いくつかに分けてアップいたします。
アウディQ3の購入を検討されている方や、昨今のSUVを比較されている方の参考になれば幸いです。

Q3_32.jpg


アウディQ3は、アウディのSUVシリーズの中では、Q7・Q5に続く最後発。
でも、2012年5月にデビューして以来、すでに2年も経過していたんですね。

昨今日本のメーカーでも続々SUVが導入されていますが、アウディの最小SUVの商品力とは一体どのくらいなんでしょうか?


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 
 

SUV (エスユーブイ) マガジン 2014年 10月号 [雑誌]

新品価格
¥1,500から
(2014/9/3 01:32時点)









まずはアウディQ3のサイズですが、全長4,385mm×全幅1,830mm×全高1,595mm(それぞれ2.0 TFSI quattro170psの場合)となっています。
Q3は、ベースがフォルクスワーゲンのティグアンなので、そのサイズ感と同じでかなりコンパクトな印象。


同門であるアウディQ5のサイズが4,630mm×1,900mm×1,660mm

レクサスNXのサイズが4,630mm×1,845mm×1,645mm

BMW X3のサイズが4,655mm×1,900mm×1,675mm

となっています。

やはりレクサスNXやBMW X3は、Q3より一回り大きいです。



しかし、アウディQ3の価格を見てみると…


Audi Q3 1.4 TFSI ¥3,900,000

Audi Q3 2.0 TFSI quattro 170PS ¥4,460,000
Audi Q3 2.0 TFSI quattro 211PS ¥5,180,000

Audi RS Q3 ¥7,320,000


となっており、そうなってくるとレクサスNXは
NX200tが¥4,280,000から、
NX300hが¥4,920,000からとなっているので、価格面ではがっちりライバルになります。

一方BMW X3は、
一番安価なxDrive 20iで¥5,790,000から、
ディーゼルのxDrive 20dが¥6,020,000からと、価格帯一回り上です。





それらの情報を踏まえて、アウディQ3のエクステリアを見てみましょう!(↓クリックで拡大します)

Q3_33.jpg

展示車両は、アウディQ3の2.0 TFSI quattroにS-Lineというオプションが付いています

S-Lineがオプション選択されると、内外装に専用装備が付きます。




フロント周りを見てみましょう。
 
Q3_40.jpg

グリル周りやフォグランプなど、S-Line専用のパーツが備わり質感は高いですね。



Q3を正面から。

Q3_32.jpg

どっしりとしていて安定感のあるデザイン。
ひと目でアウディファミリーなのがわかるエクステリアです。


ローアングルから。

Q3_39.jpg

こうして見るとファニーな顔つきですね。



更にアップで。

Q3_38.jpg

S-Lineだと、グリル内やフォグのメッキパーツや、フロントエアロなどが変更点っぽいです。




ちなみに、S-Lineが付いてないとこんな感じのエクステリアです。

Q3_36.jpg

メッキパーツが少なく、デザインも大人しい印象。



Q3のサイドを見てみましょう。↓クリックで拡大

Q3_34.jpg

ベースがティグアンなんですが、サイドから見たシルエットは全然ちがいます。
アウディならではのコンサバなデザインで、シンプルです。

駆動システムは、1.4TFSIという廉価グレード以外は、アウディお得意のクワトロシステムで悪路走破性も高そうですが、エクステリアの印象は都会派SUVと言った感じ。



ホイールアーチモールやボディロワスカートは、1.4TFISという廉価グレード以外はボディ同色になります。

Q3_41.jpg

無塗装のモールが付いたほうが、今にもクロカンぽくて悪路走破性が高そうに見えますが、無塗装の1.4TFSIだけがFFという…。



ホイールデザインもS-Line専用のものになっています。

Q3_35.jpg

スポーティでカッコイイですね。



ちなみに、S-Lineではない標準のホイールデザインはこんな感じ。

Q3_37.jpg




Q3のリア周りも見てみましょう。

Q3_03.jpg

マフラーは左側2本出し。
1.4TFISでも同様です。



リアを正面から。

Q3_04.jpg

リアのデザインもまさに最近のアウディのデザインですね。
Q3もまだ新しいほうなので、去年デビューしたA3にも印象が近いです。

また、アウディQ3はリアのコンビネーションランプの光り方が特徴的なんですよね。

夜間に見ると、> <こんな感じに光ります(笑)
これも可愛くて良いです。



と言った感じで、アウディQ3のエクステリアをグルっと一周見てきましたがいかがでしたか?

個人的な感想としては、S-Lineがついてるグレードでは、質感は非常に高くて良いですね。
一方素のグレードだとちょっと質感的に寂しい気もしました。

デザインはアウディならではなコンサバでプレーンな造形。
チリの合わせもさすがの隙間の無さでクオリティは高いですね。

サイズ的にも、Q3ならば「コンパクトSUV」と名乗って良いと思える全長です。
ただ、全幅はそれでも1,830mmありますので、国産のコンパクトSUVに比べれば広めですが。
Q3はレクサスNXと比べると明らかにコンパクトに見えますし、実際のサイズも小さいです。

やはりこのくらいのサイズ感のほうが好まれる方もいらっしゃるかと思いました。

あとはインテリアの質感や、走りなどですが、それはまた次回以降にインプレッションしたいと思います。




激推し購入ガイド2015 SUV (CARTOP MOOK)

新品価格
¥980から
(2014/9/3 01:33時点)







ということで、そんなアウディQ3など、今後車の購入をご検討の方は、試乗などで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント