レクサスRX試乗!レクサスNXと比較しちゃうぞ!【第2回】 内装をチェック!

一回間が空いてしまいましたが、前回からの続きで、レクサスNXの兄貴分にあたる、レクサスRXの試乗インプレッションです。

レクサスRX新型のレクサスNXを比較しながらレポートしています。
RXやNXの購入をご検討の方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければ幸いです。


RX07.jpg


サイズが結構違うRXとNXですが、インテリアはどのような違いがあるでしょうか…



レクサスNXの記事も随時更新されていきますので、過去の記事や今後の新しい記事もまとめてNX関連記事一覧でご確認ください↓

NX関連記事一覧

レクサスNX最新情報は↑の一覧でチェック!







※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 



レクサスNXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥700から
(2014/8/26 21:18時点)








展示車両はRX450hVersion.Lです。

RX08.jpg





おさらいですが、レクサスRXのサイズは、

全長 4,770mm
全幅 1,885mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,740mm
重量 1820kg(RX270)






一方、レクサスNXのサイズは、

全長 4,630mm
全幅 1,845mm
全高 1,645mm
ホイールベース 2,660mm
重量 1,710kg(NX200t)


となっています。

まとめると、RXは、NXより140mm長く、40mm幅広く、45mm高いです。
全ての項目において大きいです。



レクサスRXをサイドから見てみるとこんなシルエットです。

RX09.jpg


同様にレクサスNXを真横から見るとこんな感じ。

NXI04.jpg

ホイールベースがRXのほうが80mm長く、全長も140mm長いことから、印象は全然違いますね。
キャビンは明らかにRXのほうが大きく見えます。
こうして見比べるとNXがより小さく薄く見えますね。



ではさっそくRXに乗り込んでみましょう。

RX12.jpg


ドアの内側はこんな感じです。

RX11.jpg


ウインドースイッチ類はこんな感じ。

RX13.jpg

ISに付いているものと同じに見えます。
Version.Lには本木目パネルが付くなど、さすがの質感です。

ツイータースピーカーには、単なる塗装ではなくメッキ加飾がなされるなど、質感はNXより高いです。
厚みのあるソフトパッドで包まれている部分も多いですね。




ドアポケットは可動式

RX10.jpg

剛性感もしっかりしています。
以前のレクサスは、こういうところにもコストをかけていました。




一方NXもなかなか質感高いです。

NXI11.jpg

NX43_20140802170023532.jpg

スイッチ周りがプラスチッキーなのを除けば、デザインも含めて新しい感じがしますね。




RXのフロントシート周りを見てみましょう。

RX35.jpg

今見ても、それほど古くは感じないデザイン。
曲線を多用しており、他のレクサス車にも似ていないインテリアデザインですね。
マテリアルはソフトパッドも多く使われており、派手さは無いもののペカペカしてない質感の高さを感じます。



比較用にNXのインテリアも貼っておきます。
こちらはI-packageです。

NXI21.jpg

NXは素材とデザインの組み合わせが巧みで、うまく質感高く見える工夫がなされています。
派手なインテリアデザインは好みが分かれるところですが、私は嫌いじゃないです。




つづいて、RXのステアリングホイールを見てみましょう。

RX30.jpg

こちらはVersion.Lなので、本木目のステアリングホイールです!!
これは羨ましいです。
NXもVersion.Lで木目ステアリングホイールが装備されていれば、もっと販売比率も高まっていたと思います。
ボタン類の節度感や加飾に関してもRXのほうがイイですね。
ステアリングホイールの質感は完全にRXの圧勝。



RXのメーター類はこんな感じ。

RX14.jpg

高精細カラーマルチインフォメーションディスプレイは備わらず、メーター類に関しては後出のNXに分がありますね。

↓はNXのメーターです。

NX29_201408021510038af.jpg

マルチインフォメーションディスプレイには、燃費や航続距離、ナビのルート案内、オーディオの曲名なども表示できます。
NXはグレードによってブースト計やGセンサーも表示可能です。




つづいて、RXの細かいところも見てみましょう。
運転席には専用のドリンクホルダーも備わります。

RX16.jpg

使わない時は収納しておけるのがイイですね。
開閉の節度感もしっとりしていてGOOD。

RX15.jpg



インパネ周りもアップでどうぞ。

RX18.jpg

ケレン味のないシンプルで高品質なインテリアだと思います。
マテリアルの使い方もセンスありますね。




RXはインパネの下にはちょっとした収納スペースとシガーソケットが備わります。

RX31.jpg

SUVとしては、こうした収納はたくさんあったほうがレジャはー用途には助かります。




ナビは8インチ。

RX17.jpg

NXISCTのものより1インチ大きいものが備わります。




RXのカップホルダーはリッド(フタ)付き

RX22.jpg

レクサスは「木目調パネル」ではなく『本木目』のパネルになります。
こちらのRXに備わっているのはバーズアイメイプルの本木目


フタを開けるとこんなかんじ。

RX23.jpg

押さえも付いて、コストかかってます。



ちなみにNXのインパネ周りはこんなかんじ。

NXI16.jpg

カップホルダーにフタはありませんが、押さえはついて、片手でペットボトルの蓋が開けられるそうです。




RXのアームレストはスライド可動式

RX19.jpg

アームレストを前にずらしていると見えませんが、後ろにスライドさせるとシートベンチレーションの操作系と小銭入れが見えるようになります。

RX20.jpg

ちなみにNXのアームレストはスライドはしません。



大型のアームレストコンソールボックスの中にはUSBポートが備わりますが、1口です。

RX21.jpg




RXのアームレストコンソールボックスは本当に大きいです。

RX24.jpg


しかも二重底になってます!!

RX25.jpg



ちなみにNXのアームレストコンソールボックスはこんな感じです。

NX20_20140802150913da5.jpg

二重底ではありませんが、結構広めで、USBポートは2口ついてます。

NX72.jpg

また、NXにはメガネくらい収納できる小物入れも別途有ります。

NX73.jpg





RXのグローブボックス周りはこんな感じです。

RX26.jpg

かなりの大容量。もちろん起毛処理されています。

RX28.jpg



一方、NXのグローブボックスはこんな感じです。

NX36_201408021513511cf.jpg

容量はやはりRXのほうが広いですね。



と言った感じで、レクサスRXと新型のNXのインテリアのフロントシートを比較してみましたがいかがでしたか?
実際に座ってみると、その空間の差は大きいです。
RXのほうが、一回り広く感じます

シートもRXのほうが横方向にもゆったりしています。
なんというか大陸的なゆったり感というか、すべてが大きい感じです。

ボディサイズもRXのほうが、NXより140mm長く、40mm幅広く、45mm高いので当たり前といえば当たり前ですが、より広い室内空間をお求めの方はRXという選択肢もアリだと思います。
フロントガラスまでの距離感や助手席との間も広く感じますね。
運転席からの視点も高く、見晴らしは良いです。

NXのほうが全体的に普通の乗用車に近い着座感です。
とは言え、ISやCTのような視点の低さはないです。
適度な包まれ感と乗用車ライクなドラポジで、ミニバンのような上半身が浮いている感覚もなく、より運転している感覚が強くなっています。

このあたりはRXとNXでキャラクターの住み分けができていると思います。

実際に運転してみても、RXは本当に大きい車を運転している感覚が強く、取り回しにも気を使います。
NXはボディサイズの大きさをあまり意識させない取り回しの良さを感じました。
ステアリングの剛性感や足回りの味付けに寄るところも大きいと思います。
そのあたりは試乗インプレッション編でも詳しくお伝えできればと思います。


さて、みなさんが気にしているのは、後席の広さの差などだと思いますが、少々長くなりましたので、リアシートとラゲッジに比較編は、また次回以降でお届けします。


RX43.jpg



ということで、そんなレクサスRXやNXなど、今後車の購入をご検討の方は、試乗などで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

もしくは、ディーラーでの下取り見積もり額を買取店に伝えると、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、入札制にしますので、同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので出して、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^
私も最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^
読者の方で高額査定が出たよ!という方は、参考までにコメントいただけると嬉しいです^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…







2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!


関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

丁寧で分かりやすい比較ありがとうございます。
モデル末期といえど、RXとの車格差を感じてしまう部分はありますね。
RXのVersion.Lと比較すると、NXのVersion.Lは専用装備が乏しく、魅力に欠けるのが惜しいです。もうすこし価格に見合った装備にしても良かったと思います。

一方でF SPORTは本皮シート(ベンチレーション付)、パフォーマンスダンパー等の専用装備と、AVS標準ですから、人気が集まりますよね。
RXのF SPORTと比較しても非常にリーズナブルです(単にRXが割高なだけかもしれませんが)。
モデル末期でもうすぐフルモデルチェンジだという噂ですし今買うのはやめといたほうがいいかもしれないですね
例によって値引きなしですし

車格が更に上のLXがモデルチェンジに合わせて日本に導入されるという噂もありますがどうなんでしょうね?
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

RXはサブプライム危機前に企画されたので、コストが今よりかかって作られているとの説もありますね。
仰るとおり、NXはVersion.LがF-SPORTより専用装備が少ないのが割高感を感じる部分かもしれませんね。
私はISのversion.Lに乗ってますが、Lにしかつかないアイテムも結構あったので満足度は高かったのですが。

Fスポほど足回りが固くなくて、内装も明るい色が選べるのがLの魅力ですね。
Re: タイトルなし
RXは再来年初にデビューとの噂ですね。
モデル末期だとしても値引きがないのがレクサスの痛いところですね…

LXやGXも導入かという噂もありますね。

長く乗るつもりならば、RXのデビューを待つのもありですし、NXなど新しいレクサス車に2年くらい乗って、リセール高いうちに乗り換えるというのもアリだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント