マツダ2014 新型デミオ 画像大量UP!イイ物感プンプン!

2014年7月、ついにマツダの新型デミオの公式画像が公表されました!

今回発表された新型デミオは、コンセプトモデルの「跳(HAZUMI)」からのイメージを色濃く残したカッコいデザインで実車化されました!
パチパチパチ~!

最近のマツダのクルマづくりは良いですね。
アクセラでもクラスを超えた乗り心地とドライブフィールに感動しましたが、この新型デミオも相当すごいことになりそうです。

そんな新型デミオのフォトインプレッションをワンダー速報的な視点で見ていきたいと思います!

demio19.jpg

デミオ、純粋にイイ物感がぷんぷんします!


そんな新型デミオに期待している方も多いのではないかと思います。

新型デミオの細かいグレード設定や価格などはまだ不明ですが、ただ写真を掲載するだけでは芸がないので、公開された写真をもとにフォトインプレッションしながらご紹介します!


※例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。



※追記!!
新型デミオの価格が判明しました!

【速報!】新型デミオの価格判明!XDは178.2万円から!発売時期&納期情報も!!

こちらの記事も併せてどうぞ!!



ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 
 
 
では早速新型デミオのエクステリアから見てみましょう!

新型デミオは公開された画像が大量だったので、掲載するだけでも大変です^^;
期待している人にとっては嬉しい悲鳴なんですが。

そんな新型デミオのイメージフォトをいくつか見てみましょう。

demio22.jpg

新型デミオはコンセプトモデルの跳(HAZUMI)とほぼ変わらない姿で実車化されましたね!



デミオのボディサイドに走るキャラクターラインはまさにマツダのデザイン。

demio21.jpg

グリルに赤いラインがあることから、こちらは新型デミオのトップグレード、1.5Lクリーンディーゼルエンジンを搭載するグレードでしょうか。




その1.5Lクリーンディーゼルエンジンの最高出力は、77kW〈105PS〉/4,000rpm、最大トルク250N・m〈25.5kgf・m〉/1,500-2,500rpmと、トルクは2.5Lガソリン車並み!!

demio20.jpg

それがデミオのようなコンパクトカーに搭載されるとなると、ちょっと想像できないほどホットな走りになると思われます!
乗ってみたい!!




さて、そんな新型デミオのエクステリアをぐるっと一周見てみましょう。

demio04.jpg

デミオのフロントセクションで一番印象的なのは大きなヘッドライトでしょう。



新型デミオのフロントをアップでどうぞ。

demio13.jpg

キリッ!!
ってしているような、デフォルメされたようなデミオの大きな瞳。

ディテールをよく見てみると、フォグランプ周りもグロス塗装されているように見えます。
また、バンパー部分にはカーボン調に処理されているようにも見えます。
もしこのままのクオリティで発売されたら、デミオはコンパクトカーとしてはかつて無いくらい質感が高そうです。




新型デミオのヘッドライトをアップで。

demio11.jpg

これまた立体的な造形で、無塗装プラの部分が全く見えず、質感が高そうです。
プロジェクタータイプのヘッドライトでしょうか、大きな黒目のように見えて可愛くもあります。



一方こちらは、デミオのハロゲンタイプのヘッドライト。

demio12.jpg

デミオの廉価版グレードに付くのはこちらのヘッドライトでしょうか。
アイライン部分がメッキパーツとなって光らないだけでなく、位置も少し下になっています。



新型デミオを正面から見てみましょう。

demio01.jpg

新型デミオはアクセラをデフォルメ化したような、可愛いスタイリング(笑)
正面から見ると、本当にSDキャラクターみたいですね。




デミオをサイドからも見てみましょう。

demio03.jpg

デミオのサイドビューも、アクセラをギューッと圧縮したようなシルエット。
コンパクトカーとしてはものすごい密度感があるデザインです。
やや寸詰まり感もありますが、制限されたサイズの中でここまで色っぽいラインを入れ込んだのはすごいですね。
ここまでかっこいいコンパクトカーは、ルノーのルーテシアか、新型デミオか、というくらいデザインが流麗だと思います。



新型デミオのリア周りはこんな感じ。

demio02.jpg

こちらはたしかにルーテシアのイメージに似ています。
ルノーのルーテシアを担当したデザイナーは、元マツダにいたローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏。
その流れを組んでいるから似ているかもしれません。



ちなみにこちらが現行ルーテシアのリア↓

Lutecia.jpg

似てるっちゃ似てますね。
ルーテシアもカッコイイなぁ(笑)



新型デミオのリアを真後ろから。

demio09.jpg




新型デミオのエクステリアぐるっと一周を、黒背景でもどうぞ。

demio08.jpg


いやぁ、素直にカッコイイと思います。

demio07.jpg


新型デミオのトップグレードがこのエクステリアだったら、ノーマルはもっと大人しいエクステリアになるんでしょうけど。

demio06.jpg



新型デミオのリアコンビネーションランプの点灯パターンはこんな感じ。

demio05.jpg


demio10.jpg

ヘッドライトのイメージと統一したデザイン。
こういうところのデザインラインが統一されてるのは好みです。



新型デミオのイメージフォトがいくつかあったので掲載しておきます。

demio14.jpg

リアを斜めから見るとカッコイイですね。



でもこういう角度から見ると、やはりデミオは非常にコンパクトなサイズ感なんだと思います。

demio23.jpg

そんな新型デミオのサイズ全長4,060mm×全幅1,695mm×全高1,500mm(4WDは1,525mm)と、先代よりも長さと高さが拡大され、ホイールベースは80mm延長され、2,570mmとなりました。

ホンダのフィットが全長3,955mm×全幅1,695mm×全高1,525mm、

トヨタヴィッツが全長3,930mm×全幅1,695mm×全高1,500mm、

日産のマーチが全長3,780mm×全幅1,665mm×車体の全高1,515mm、

ということで、この中では新型デミオが一番全長が長いです。
長そうに見えるホンダのフィットよりも全長が長いので、新型デミオは意外と大きいんですね。





最近のマツダのイメージカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」の新型デミオは、イメージ通りアクティブでスポーティでカッコイイです。

では、他のボディカラーも公開されていたので見てみましょう。


シルバー系のデミオ。

demio18.jpg

これはこれでカッコイイですね。


続いてホワイト系のデミオ。

demio17.jpg

ホイールのデザインが違っていますので、トップグレードではなく一般的なグレードなんでしょう。



続いてブルー系のデミオ。

demio16.jpg

スカイアクティブなイメージカラーですね。



そして、薄いピンクというかパープルというか、女性をイメージさせるような優しいカラーリングも。

demio15.jpg

と言った感じで新型デミオのエクステリアインプレッションをお届けしましたが、いかがでしたか?
個人的には大いにアリ!です。


デミオのエクステリアは、昨今のマツダのデザインアイデンティティを色濃く凝縮した感じに仕上がっており、コンパクトクラスながらも、Cセグメント車のような押し出しの強さを感じます。
またデザイン的にケレン味もなく、欧州車のようなおしゃれで洗練されたイメージすら漂います。



最近のマツダの傾向としては、新型デミオも走りは期待を裏切らないんでしょうから、ますます気になる1台ですね。


そんな新型デミオのムービーがすでにいくつか公開されているので共有しておきますね。






動いている新型デミオ、これまたカッコイイです。

ぜひご覧になってください。


私もとても気になっている一台なので、今後も続報が入り次第、当ブログでお伝えしていきますのでお楽しみに!!



ということで、マツダ新型デミオなど、今後車の購入をご検討の方は、試乗などで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

別府工場で量産が始まったそうですよ
セカンドカーにコンパクトの購入を考えているので楽しみです
No title
本日朝刊に載ってました、山口県の防府工場で生産開始です。
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

今度のデミオはディーゼルが特に気になりますね。
まさにホットハッチになりそうです。
Re: No title
コメントありがとうございます。

情報もありがとうございました。
生産が始まっているんですね。
でも正式発表はまだなんですね^^;

コメントの投稿

非公開コメント