米ベストインテリア2014にマツダ アクセラ が選出!マツダの米国販売も絶好調!

このたび、米国の『ワーズオートワールド』誌の「10ベストインテリア」に、日本車では唯一、マツダのアクセラが選出されました!

A07.jpg

この賞は、北米で唯一、車のインテリアに着目したアワードだそうで、2013年に北米市場に投入された新型車とマイナーチェンジ車を対象に、優れたインテリアを持つモデルが選出されます。

そんな名誉ある賞に選ばれるなんて、さすがですね!

そしてそんなマツダですが、その賞を裏付けるように北米での販売は絶好調!

私もアクセラは試乗させてもらいましたが、国産車離れした乗り味と、価格に対する内外装の質感の高さは非常に印象に残っています。



そのあたりを振り返りながら、受賞や北米の販売状況などをちょっと見て行きましょうか。



↓続きをどうぞ。










 

マツダのテクノロジー (モーターファン別冊)

新品価格
¥1,728から
(2014/5/4 10:07時点)








ちなみに10ベストインテリア2014に選出された車はこちら

・シボレー・コルベット
・クライスラー200C
・GMCシエラ
・ヒュンダイ・エクウス
・ジープ・チェロキー
・キア・ソウル
・マツダ・アクセラ
・メルセデスベンツSクラス
・ロールスロイス・レイス
・フォルクスワーゲン・ゴルフGTI




新型アクセラの受賞理由について、『ワーズオートワールド』誌のトム・マーフィー上級エディターは、「新型アクセラは、価格を引き上げることなく、スポーティかつ洗練されていて、快適なインテリアを持つモデルの好例」とコメントしているそうで、たしかに新型アクセラの内装はあの価格にしては非常に質感高かった印象でした。


フォルクスワーゲンゴルフGTIがノミネートされているのは納得。
先日当ブログでインプレッションしたとおり、内装の質感は驚くほど高かったですもの。

Sクラスは妥当として、その他の車を見てみると、日本では馴染みの薄い車が並んでいますね。



アクセラのインテリアインプレッションの詳細は、過去のエントリーをご参照ください。

新型アクセラ 見てきました。 エクステリアインプレッション

マツダ アクセラ 見てきました。 インテリアインプレッション




ちょっとだけアクセラのインテリアを振り返ってみますと、日本車というよりは欧州車のようなデザインが印象的でした。

A21.jpg

水平基調でシンプル。


フォルクスワーゲンやアウディを連想するような、黒とシルバーを中心としたデザインとマテリアルの使い方。

A20.jpg

面白みは少ないですが、シンプルで飽きの来ないデザインだと思います。



メーター周りはオーソドックスながら、質感は悪くありません。

A33.jpg

高精細カラーのマルチインフォメーションディスプレイが無いのがちょっと残念。



でも、ヘッドアップディスプレイも用意するなど、このクラスとしてはかなりチャレンジングだと思いました。

A34.jpg




ナビを操作するジョグダイアル、コマンダーコントロールも最近のプレミアムカー的な装備で良いですね。

A30.jpg

しかもナビ画面もタッチできるのでどちらでも好きな操作法を選べるのが秀逸。




ナビ自体もSDカードにインストールして使う方式で、コストを抑えているのも好印象でした。



アクセラ20S Touring Lパッケージに試乗させてもらいましたが、その乗り味もとても上質でしたね。
不快な振動の抑制と、角の取れた硬質感はまるでドイツ車のようでした。

その辺りのインプレッションはコチラをご参照ください。

マツダ アクセラ試乗してきました。 乗り心地は驚くほど上質!






さて、そんなマツダですが、4月のマツダ米国販売は12.8%増の2万台超えだそうで、絶好調ですね。

好調な理由としては、アテンザが3割増の伸び率なんだそうです。
クラウンを超える大きさのアテンザ、日本では大きすぎると思ってましたが、やはり北米では歓迎されているようですね。

上記「10ベストインテリア」に選出された、マツダの主力車種『マツダ3』(日本名:アクセラ)が、8586台。
前年同月比は21.5%増と、2か月連続で前年実績を超え。

『マツダ2』(日本名:『デミオ』)も、33.3%増の752台と、2か月連続の前年実績超え。
それにしてもコンパクトカーは日本に比べると北米では売れてないですね^^;


2013年1月に新型が発売された『マツダ6』(日本名:アテンザ)は、3817台を販売。
こちらが3割増なんですね。


新型SUVの『CX-5』が、6835台を販売。前年同月比は9.2%増と、3か月連続で前年実績を超え。
北米にしてはコンパクトな部類だと思いますが、CX-5もなかなか好調ですね。
日本国内でもSUVでは販売No.1を謳っていますし、実際に試乗もしましたが乗り味は一番濃かったです。


販売比率を見ても、新型アクセラがマツダを牽引しているようですね。
確かに最近のマツダ、SKYACTIV以降は非常に良いです。
デザインも一本筋が通って、好感が持てるようになりました。

そろそろデミオがフルモデルチェンジを控えていて、情報が出始めていますので、当ワンダー速報でも新型デミオの情報を掴み次第、レポートしたいと思います。







さて、マツダの新型アクセラをご検討の方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくに人気車種だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方はコチラもおすすめですよ↓^^








自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数社が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます。
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^



ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^


今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^






関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント