レクサスIS300h 納車半年後インプレッション

早いものでうちにIS300hが納車されてから半年以上が経過しました。

現在走行距離も8000kmを超え、特に目立ったトラブルもなく順調そのものです。

今までアップしたIS300hの写真や未公開写真などを絡めながら、半年8000km乗ってみたIS300hのインプレッションを改めてしてみたいと思います。

IS05.jpg


ちなみに、消費増税後のIS300hの価格は

ベースグレードが493万円から
F-Sportが553万円から
Version-Lも553万円から


と、15万円前後程度値上っています。
結構デカイですね^^;


購入検討している方の参考になるようなインプレになるように頑張って書いてみたいと思います。


※しかしながらインプレはオーナーならではの辛口な意見も含まれることがありますので予めご了承ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓

 
 
 


さて、まずうちのIS300hの仕様ですが、Version-Lに18インチアルミとAVSをつけています。

35_201401082338591f4.jpg

レーダークルーズコントロールとプリクラッシュセーフティシステムもつけました。

色はスターライトブラックガラスフレーク。



44_201310290123086c5.jpg



現在の生涯燃費は17.4km/Lと至って平凡^^;
低燃費道はCT200hの時代に中退しましたので(笑)

ちなみに、この燃費でも2014年5月現在、12503位中1046位です。

駅までの1kmを毎日往復してしまっているのにこの燃費はむしろ検討しているかもしれませんね。
そこはやっぱりハイブリッドならでは。

しかもIS300hはレギュラーガソリン仕様なのも嬉しいです。





今まで「納車されて分かったIS300hの良い所悪い所」と称していろいろインプレしてきましたので、そちらも参照していただければと思います。

IS300hカテゴリー一覧


34_20140108233857303.jpg





さて、IS300h納車当時と印象が変わったかと言えば、それほど変わってはいませんが、かれこれたくさんの車を試乗してそれらと比べてみるといろいろ見えてくる部分もありました。

たしかに、価格に対して内装の質感などは他のレクサス車に比べるとコストダウンが見られるところも多々あるんですが、こと乗り味に関しては現在あるレクサス車の中でもピカイチだと思います。

マイナーチェンジしたCT200hも相当良かったんですが、ISにはちゃんとISの世界観があります。

これは、アウディA3やゴルフGTIに乗った後に感じることができる、独特な乗後感と言いましょうか、ステアリングの重さやブレーキのタッチ、ボディ剛性とアクセルに対するパワー感など、車を操作する一体感がその車の乗り味として印象に残る感じに、IS300hはちゃんとなっています。

もちろん、A3やゴルフGTIの乗り味とは違うんですが、「うんうん、これがレクサスISの乗り味だよな」って言えるテイストに仕上がっています。
国産車では数少ない、味が濃い車です。

特に、走行距離が4000kmを超えあたりからサスの当たりがマイルドになったような感じもしてきて、納車直後よりも乗り味が良くなった気がしています。




また、最近改めてIS300hで良いなと思っているのが、やはりエクステリアです。

08_20131020005008e11.jpg

デビューした時は、「なんじゃこりゃ」と思っていたスタイリングですが、街中で走っているのを見る機会も増えた昨今、すれ違った時に思わず二度見したくなるスタイリングです。

昼間でも前から来るとわかる、L字型のデイタイムランニングライトもポイント高いですね。

IS02.jpg



また、ややラインが入り組みすぎかと思ってましたが、その曲線美はやっぱり日本的な美的センスがあり、和風な旅館の前に止まっていてもサマになってるのが嬉しかったですね。

06_20131020005005492.jpg

最近試乗した車で良いものや気になるものも多々あったんですが、スタイリングはかっこいいんですがややコンサバな感じなものが多かったです。

そんな中でもISは決してコンサバ過ぎず、絶妙な色気があると思います。

駐車場に止まっている自分の車を見てもほれぼれしますね。

IS04.jpg

親バカかもしれませんが^^;
最近の車はコンサバ傾向が強くて、スッキリしてるんですが色気はあまり感じないんですよね。

IS01.jpg

そんな感じで、半年経って、他の車にいろいろ乗って見て改めて感じるIS300hの魅力というのもたしかにありました。




逆にネガティブな面としては、やはり高すぎる感がある価格に対しての質感ですかね。

内装の照明がLEDでなかったり、スカッフプレートがリアにはついてなかったり、インテリアのボタン類の質感が今までのレクサスクオリティより劣っていたり細かい不満はいろいろあります。
エクステリアも、フォグ周りが未塗装だったりと、下位クラスにも劣る部分もあったり。

しかし、こと乗り味とスタイリングに関しては国産車としてはトップクラスに良い車だと思います。




また、レクサス車ならではの品質も魅力。

3年間無料で使える、G-Linkのオペレーターサービス「オーナーズデスク」では、移動中に会話で行き先をお願いすればオペレーターがナビに設定してくれます。
同じくG-Linkではナビの更新が自動で逐一更新されます。
IS以降のナビは、道路だけではなく店などの情報も更新されます。

Version-L(もしくはレザーシート仕様)には、パワーシートとパワーステアリングのオートチルトアウェイ&リターン機能もつきます。
これはシステムオフにした時に、降りやすいようにシートが後ろに下がり、ステアリングが奥にずれます。
逆にシステムオンにすると、メモリーした位置に戻ります。
これはおもてなしを受けている気分になれます^^

また、レザーシートには、シートヒーターだけではなく、シートベンチレーションという送風機能も付くので、夏場などは蒸れずに重宝します。

こうしたレクサスならではの気の利いた機能と、味の濃いドライブフィール、色気のあるスタイリングなどが揃った車がISということになり、これはなかなか唯一無二の価値観があります。

IS03.jpg


CG誌5月号のIS300h6ヶ月ロングランインプレッションでも、「IS300hを降りたくなかった」と絶賛されてました。

味の濃い日本車に乗りたい方には間違いなくおすすめできる一台だと思います^^




CG (カーグラフィック) 2014年 05月号 [雑誌]

新品価格
¥1,240から
(2014/5/4 09:08時点)









さて、IS300hをご検討の方、レクサスは値引きが原則ありませんので、良い条件を引き出すにはディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

レクサスの場合、車両本体からの値引きは無くても、下取りの条件UPが実質値引きに相当することが多いからです。

レクサスディーラーの場合は、国産車の下取りは実際は結構渋い場合もありますが、外車を下取る場合はメーカーから補助金が出てかなり高額の査定が出る場合もあります。


また、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくに人気車種だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方はコチラもおすすめですよ↓^^








自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数社が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます。
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^




ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^


今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^









関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

こんにちは。
はじめまして。
ヨシと甲します。
いつも楽しく拝見させて頂いています!
車の事は勿論、いろんな分野の情報や知識も得る事ができすごく勉強させてもらっています!
ありがとうございます。
小学生の自転車の件でもドラヨスさんの男気を感じました。
corumeさんがおっしゃっていたように清々しい気分になりました!

自分はレクサス初心者でいまNXを検討中で色は黒がいいなと思っています。
けど黒色は何種類かありどれがどうなのかはっきりいってわかりません。。。(笑)
ドラヨスさんは黒色の中でもなぜスタブラを選択されたのでしょうか?
そして、もしドラヨスさんでしたらNXの場合、何色をお選びになられるのでしょうか?
誠にぶしつけな質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
その理由もお聞かせ頂ければ幸せです。
Re: こんにちは。
こんばんわ。
コメントありがとうございます!
いつも見ていただいてありがとうございます^^

自転車当てられた件も、謝罪していただいたのでそれで自腹を切るなら仕方ないかなと。
当て逃げよりもよっぽど気分よくお金を払えます(笑)

NXを検討中ですか。
気になりますよね。価格が正式にわかるといいんですが。あとはオプションなどコミコミで総額いくらになるかですね。

私がスターライトブラックガラスフレークにしたのは、同じ黒の212も美しいですが、磨き傷が大変目立つので、多少でも目立ちにくいスターライトブラックガラスフレーク217にしました。

また、以前他のレクサス車で217を見た時に、ガラスフレークが光にあたってとても美しかったのを覚えていたので迷わず217にしました。
手入れが行き届いていれば212のほうがたっぷりとした質感があって見応えも高級感もあるかもしれませんが、217も遠目からだったり、曇天や夜に見れば普通にブラックです。
反射も美しいです。
そして晴天下に見ればキラキラとラメが輝いてまた別の表情を見ることも出来ます。
217とVer.Lの18インチのISは迫力と品もあって、とても気に入ってます^^


私もNXが気になっている一人ですが、もし私が選ぶならシルバー系だと思います。
濃い目のシルバーで、ソニックチタニウムとかあればいいですね。
何故かと言うと、コンセプトモデルのLF-NXの印象が強いからです。
黒もおそらく迫力があると思いますが、まだ見たことがないので判断しようがないんですよね。
カラーシュミレーションなどできるようになったら試してみたいですね。

ただ、下取り的には、白黒系が一番良いそうです。
シルバーはそれより少し落ちるそうです。


コメントの投稿

非公開コメント