ゴルフ(GOLF)7 GTI 試乗しました! ぐぬぬ…やはり良いじゃないか!

ついにと言うか、ようやくと言うか、フォルクスワーゲンのゴルフ7GTIに試乗してきました!

すでにゴルフGTIの試乗をしている友人からは「ゴルフGTI、すごく良いよ」と散々言われていたので期待はしていましたが…

乗って納得。

GTI33.jpg

以前にエクステリアとインテリアのフォトインプレッションは済ませているので、詳細な画像を見たい方はそちらもご参照ください。


フォルクスワーゲン ゴルフ(GOLF)7 GTI 見てきました!エクステリアインプレッション

フォルクスワーゲン ゴルフ(GOLF)7 GTI 見てきました!内装画像大量UP!


※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓

 


試乗車はトルネードレッドゴルフGTI
ちなみに、ゴルフGTIの本体価格は¥3,833,000

オプションでDCCパッケージ(¥216,000)が装備されていました。
こちらは、「アダプティブシャシーコントロール"DCC"」と「225/40R18タイヤ+7.5J×18アルミホイール」がセットになっているもの。

GTI36.jpg

標準の17インチよりもこっちの18インチのほうがデザイン的にカッコいいホイールなので、できればこのDCCパッケージは付けたいところです。

キャリパーが赤く塗られていていかにもGTIだぞってかんじです。


ちなみにコチラが17インチ↓

GTI15.jpg






さっそく乗り込んでみましょう。
暗かったのでちょっと写真もブレ気味ですがご容赦を。

GTI35.jpg

ゴルフGTIは、室内灯がLEDです。
ウェルカムランプもLED。
やはり灯りは白いほうが高級感ありますよね。

シートはGTI伝統のタータンチェック柄。
パワーシートではありませんし、シートヒーターもありません。
運転席側パワーシートと前席シートヒーターを装備するには、レザーシートパッケージ(27万円)をオプション選択しないといけませんが、そうするとこのGTI専用タータンチェックではなくなってしまうというのが泣き所。




ゴルフハイライン以上ではドアトリムにもイルミが付きますが、GTIはレーシーな赤いイルミ。

GTI34.jpg




また、スカッフイルミネーションも赤。

GTI32.jpg

これは常に戦闘モードな感じですね。

ゴルフRは青で、ハイラインは白です。
個人的には白か青のほうが落ち着いてて好み。

でも、走りだしてしまえば、ドアのイルミとか気にならないですけどね。






いやぁゴルフ7はインテリアの質感高いですね。

GTI31.jpg

GTIはさらにステアリングが非正円の専用デザインとなります。
照明類もホワイトで高級感ありますね。

ナビがオンダッシュですが、現在は供給も安定して、メーカーオプションのナビを付けても納期は2ヶ月以内で納車されるみたいです。




さらにゴルフハイラインよりGTIが優れている点としては、メーター内のマルチインフォメーションディスプレイがカラー高精細液晶になっている点。

GTI27.jpg

格段に質感高いです。



ホワイトで統一されたボタン照明類は良いですねぇ。

GTI30.jpg

インテリアの質感は本当に良いです。
まさにゴルフ恐るべしです。

ハイラインでホコリや指紋が若干気になっていたピアノブラック調のインテリアパネルは、GTIではアミアミのようなテクスチャが貼られた違ったマテリアルになっていて、指紋やホコリなども目立たず良い感じです。





スタータースイッチを押してエンジンを始動。

GTI02.jpg

アイドリング中の騒音振動もかなり抑えられていますね。





電気式のパーキングブレーキをリリースして、ソロリと道路に出ます。

道路で流れに乗りますが、乗り心地はさすがに良いですね。


そうそう、これこれ!と言いたくなるような角の取れた硬質感というか、ゴルフハイラインでは柔らかく安楽な印象だった乗り味も、GTIだとドイツ車然とした感じがちゃんと味わえると言うか。

印象としてはアウディの新型A3にも似た角の取れた硬質感で、非常に好印象。



ステアリングの重さも、GTIのほうがやや重めで好みです。それでも新型ミニクーパーSよりは軽いです。
ハイラインはステアリングもブレーキタッチもすべて軽い感じがしたんですよね。ラクでいいのかもしれませんが、個人的には重めのほうが好みなのです。

それにしても静粛性が素晴らしい。
ロードノイズやエンジンルームからの音もものすごく抑えられています。

乗り心地もGTIだからといってゴツゴツ硬いとかそういうことは一切なく、普通のDセグのサルーンより下手したら上質かもしれません。
路面のギャップをいなしてくれるのはもちろん、路面のザラつきもシャットアウトして余計な振動とは無縁。
これは驚いた!

ボディ剛性が高く無いと、ここまで振動は抑えられないだろうなぁと。





試乗コースで長い見通しの良い直線があったので、停止状態からアクセルを開けて加速してみました。

「クゥオオオオオン」とスポーティなサウンドと共に、猛烈に加速!
小雨が降る中だったので、若干のホイールスピンを伴いながらも、すぐにトラクションコントロールが効いて安定した姿勢で加速をしていきました!
まさかホイールスピンまで起こるほどの加速とは予想してませんでした^^;

ゴルフGTIのエンジンは、2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ。
最高出力 162kW(220ps)/4,500‐6,200rpm
最大トルク 350Nm(35.7kgm)/1,500‐4,400rpm

とかなりのハイパワー。



先ほどの加速はDCCがノーマルモードでした。
それでも十分すぎるほどの加速感でしたが、今度はDCCをスポーツモードにして実験。




また直線でアクセルを大きく開けて加速してみましたが、ギアを高回転まで引っ張ってからシフトチェンジし、トラクションコントロールももっと効いてホイルスピンもなく加速しました!
こりゃ全然違います!
安全に早いです!
そして気持ちいい!

ブレーキを踏んで減速するときも、スポーツモードだとブリッピングしてかなりスポーティーなサウンドを聞かせてくれます。

いやぁ予想してた以上に力強くスポーティでした。
街中では、羊の皮をかぶった狼のようにジェントルなのも良いですね。


これだけのパワーなんだから、燃費もさぞかし悪いのかと思いきや、GTIのようなスポーツモデルでもブレーキエネルギー回生システムやアイドリングストップを装備し、15.9km/Lを達成しています。



電気式ブレーキで、ブレーキホールドもあり、全車速対応レーダークルーズコントロールやプリクラッシュセーフティシステムも標準装備!

ドライバー疲労検知システムや、マルチコリジョンブレーキ、レーンキープアシストなどなど、安全装備も標準でてんこ盛り状態。

高級車でも未装備の安全装備も付いていて、これは単なるスポーツモデルの枠を超えた魅力があります。

それでいて400万円以下の価格は、むしろ割安感があるくらい。

友達が絶賛していたのもうなずけます。




と言うことで、見積りをしてもらうことにしました。

実は、先日ブログに書いた、ミニクーパーSの試乗の後にすぐこちらのフォルクスワーゲンでGTIの試乗をしました。

ミニクーパーSが420万オーバーの見積もりになったので、GTIがいったいどのくらいの価格になるか興味がありまして…。

気になる見積り結果ですが、ちょっと長くなりましたので、次回へのお愉しみとさせていただきます^^;




私以外にも実際にゴルフGTIを試乗や見積もりを検討されている方も多くいらっしゃると思いますが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

流石にtop gearが選ぶ過去20年の車ランキング第二位なだけはあるか......
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

そうだったんですね!
間違いなく太鼓判押せる1台です。

一位が気になる(笑)
一位はブガッティヴェイロンです
ちなみに日本車で一番順位が高いのは10位のレクサスLFAでした

個人的には去年topgearカーオブザイヤーに選ばれたフォードフィエスタSTが日本未導入なのが残念でなりません
出張したときに運転させてもらいましたがとても楽しいBセグハッチバックでした
正規じゃないととても割りに合わない値段になってしまって手が届かないんですよね.....
ちょっと足せばベンツの新型Cクラスの一番安いグレードが買えちゃうっていう
Re: タイトルなし
ブガッティ・ヴェイロンて(笑)
金額が桁違いですもんね…

日本車ではLFAですか。
スーパーカー以外では入らなかったのが残念です。

ゴルフGTIはまだ買える価格ですしね。
フォードはCGTVでも評判良かったですよね。
Topgearのやつは同じゴルフGTIでもゴルフ5から派生したやつで今回のレビューのゴルフGTIとは別物ですね
今回のも凄く出来がいいですが
Top50を選ぶ企画なので詳しくはこちらをどうぞ
http://matome.naver.jp/m/odai/2138469538069264101
Re: タイトルなし
ありがとうございます。
拝見しました。

やはりスポーツカーが多いですね。
プリウスが入っているのが意外でしたが^^;
こうしてみると、日本車もけっこうランクインしててよかったです^^

ゴルフはゴルフ6のGTIなんですね。
でもゴルフ7のGTIも環境性能も上がっていてすごく良いです。

コメントの投稿

非公開コメント