ワンダートラベル08 佐渡 北沢地区

佐渡シリーズも大詰めです。

金山で産業遺産をいくつか見たあと、少し離れたところにマークしてあった場所にも行ってみることに。

今度はどんなすごいものがあるのでしょうか…


wonderTravel8_20130423000304.jpg

どこなんだここは!!?


続きをどうぞ↓




前回のブログで書きましたが、産業遺産コースのMAPがあったのですが、写真などが一切ないMAPだったのでどんなものがどこにあるのかよくわかりません。

map_b01.jpg

このMAPの左側、北沢地区というところに行ってみることにしました。





イマイチ何があるのかわからなかったので、とりあえず道すがら高台から覗いてみると…

P1090824.jpg↑クリックで拡大します。

な、なんじゃこりゃー!!!






ラピュタか!?ここは!!

P1090819.jpg↑クリックで拡大します

てか、とんでもないところに自分がいる予感^^;
落ちたら危なそうなのでとりあえず車に戻ります。





高台の下には駐車場があるみたいなので、下の駐車場に向かいます。

駐車場に車を停めて見てみると…

P1090846.jpg

こ、これは!?
なんという巨大な施設!!




あまりの巨大さと、その荘厳さに思わず感動してしまいました。

P1090849.jpg ↑2000pxの高解像度写真です。すごい迫力なので、ぜひクリックして拡大して御覧ください。






先ほど高台から見下ろしていたのは、↓の写真の中央部分、煙突のある建物の近くに立っていたっぽいです^^;

P1090852.jpg

そんなところにも柵ひとつなく立ち入れてしまうところにおおらかさを感じますね。





レンガ造りの建物が気になります。

P1090843.jpg↑クリックで拡大します

近づいてみましょう。





すでに日が暮れかかって来て、周りには誰もいません。
建物の横に回ってみます。

P1090835.jpg

少々ボロいですが、屋根などの装飾はとても立派。
こちらのレンガ造りの建物、当時は火力発電所として使われていましたが、現在は資料館として古い写真などが展示されています。


こんなに素晴らしい産業遺産なのに、全然人がいないのが寂しいですね…






日が暮れかかって来てしまったので、撮影を断念。

あまりに感動したので、宿に泊まった翌日にも、ここを訪れることにしました。






翌朝。

チェックアウトしてすぐにこちらに戻って来ました。

P1090921.jpg

こちらは当時はケーブルカーが走っていた、インクラインと呼ばれる斜面です。




この坂の上に昨日は立っていたんですね^^;
結構危なかったかも^^;





朝に見るこちらの施設は、また幻想的。

P1090930.jpg

ラピュタロボットが今にも歩いてきそうな感じです。







P1090936.jpg





この日は観光客も他にいて、ガイドさんが数人を連れて案内もしていました。

P1090964.jpg

それでも人数は少ないので、もっとちゃんとPRしたら、トキとか金山以上に、佐渡の観光資源になると思うんですけどね。





ちなみにこちらの北沢地区の巨大施設は、金の選鉱・精錬施設の跡。

P1100014.jpg

写真には全然収まり切らないくらい巨大です。




昭和13(1938)年に、国を挙げての金の大増産が始まると、北沢地区には月間7万トンの鉱石処理が可能な「東洋一の浮遊選鉱場」が当時最先端の西洋技術を導入されて作られました。

P1090956.jpg




それが北沢浮遊選鉱場。

P1090960.jpg

こちらの古い写真は、火力発電所跡の資料館に展示してありました。






それにしても巨大…。


P1090988.jpg





P1090978.jpg

こちらの選鉱場をライトアップして、ライブや能のイベントも行われるそうです。
それは是非見てみたいですね。






前日に、高台から見えたラピュタのようなコロッセオのような不思議な建築物。

P1090997.jpg

近づいてみましょう。




これまた良い感じの迫力です!

P1100025.jpg

こちらはシックナーと呼ばれる沈降濃縮装置。
液体と泥を選り分ける装置です。




私は、この北沢地区の選鉱場跡を見て、ワンダーな世界にハマッてしまったと言っても過言ではありません。

P1100020.jpg

産業遺産、素晴らしい!!

ワンダートラベルのバックナンバーにアップしたような産業遺産を巡る私の旅のルーツは、ここ佐渡の北沢地区なのです。




文明の繁栄と衰退、自然と廃墟の融合、侘び寂びの世界がここにはあります。




最近でもJRの駅の広告で佐渡がPRされていますが、こちらの施設や産業遺産には一言も触れられていないのがとても残念です。

トキや能、金山の坑道だけじゃなく、こんなに素晴らしい産業遺産もあるということを、私はPRして行きたいですね。

佐渡の観光関係者の方、写真提供しますのでご連絡ください(笑)




私の愛読書、「ワンダーJAPAN」でもまだ佐渡のこの施設群は掲載されていません。

未だ知られざる佐渡の魅力、当ブログの「ワンダートラベル」で知っていただけたら、書いた甲斐があります。

ちなみにこちらの北沢地区は、駐車場完備で整備されていますのでどなたでも安心して散策することができます。

佐渡で一番のおすすめスポットです!







さて、今回の関連アイテムですが、佐渡は載っていませんがこちらもオススメです。

ワンダーJapan 12―日本の《異空間》探険マガジン 楽しい公園遊具の世界 特集・北陸ワンダー (三才ムック VOL. 247)

新品価格
¥1,200から
(2013/4/23 00:57時点)


北陸ワンダー特集です。





そして今回見つけたおもしろアイテム!

MARS16×ワンダーJAPAN「工場トートバッグ」FACTORY#02

新品価格
¥2,625から
(2013/4/23 01:00時点)


なにこれ!ちょっと欲しい!!(笑)
在庫点数少なすぎなんで、気になる方はお早めにどうぞ(笑)


関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント