2014新型ミニクーパーS(MINI Cooper S)F56 試乗レポート!見て触れる部分の質感高し!

新型ミニクーパーS(MINI Cooper S)試乗しました!!
結構マジで気になってたんで、平日昼間からディーラーに訪問して見積もりまでしてもらっちゃいました!(笑)

で、先日のブログでは新型ミニクーパーの内外装を写真でたくさん撮ってお伝えしましたので、今回は写真も撮ってきましたが通常のミニクーパーとミニクーパーSの差の部分を中心にお伝えします。
本質であるその乗り心地に焦点を当ててご紹介したいと思います!


とは言え、やっぱりまた写真が大量なので、まずは内外装をいっぺんにお届けします!

MINICooperS11.jpg

今までカタログだけで、イマイチ詳細不明だったところや、標準装備なのかと思っていたら細かくオプション設定されていたりとか、いろいろわかったことも有りましたので、それらもまとめてみたいと思います。



※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





NEW MINI STYLE MAGAZINE No.45 (M.B.MOOK)

新品価格
¥1,340から
(2015/4/21 13:38時点)






ではさっそく新型ミニクーパーS(MINI Cooper S)を見てみましょう!!
生憎の小雨ちらつく天気だったので、写真が暗めですがご容赦ください。

MINICooperS08.jpg

試乗車として用意してあったのは、新型ミニクーパーS(MINI Cooper S)のボルガニックオレンジというソリッドカラー。
ちなみにこのボルガニックオレンジはソリッドカラーなので、カラーの追加料金は発生しません。




新型ミニ(F56)の価格はこんな感じです。

ミニクーパー(MINI Cooper) MT 266万円から

ミニクーパー(MINI Cooper) AT 280万円から

ミニクーパーS(MINI Cooper S) MT 318万円から

ミニクーパーS(MINI Cooper S) AT 332万円から




試乗車は、ミニクーパーS(MINI Cooper S)のATなので価格は332万円からとなってます。
もちろんオプション費用は別途かかります。




エクステリアでミニクーパーS(MINI Cooper S)がミニクーパーと違うのは、ボンネットに設けられたエアインテーク。

MINICooperS11.jpg

エンジンの高出力化のための冷却用、とありますが、ぱっと見フェイクのように見えましたが…

MINICooperS10.jpg

ボンネットの裏側から確認していないので詳細不明ですが、穴が貫通しているように見えませんでした。
デザイン上のアイコンてことでしょう。




ミニクーパーS(MINI Cooper S)のグリルは、赤い「S」のロゴが付いたハニカム・メッシュタイプになります。

MINICooperS09.jpg

フロント下部にもロワーラジエーターグリルが設けられています。



通常のミニクーパーは横フィンタイプ。

MINI31.jpg

やはりミニクーパーSのほうが印象はスポーティー。
顔つきは好みに寄りますが、どちらもカワカッコいいですね。





今回はライト点灯状態を撮らせてもらいました。

MINICooperS05.jpg

LED化され、ポジションライトの光り方もMINIならではのデザインでユニーク!

MINICooperS06.jpg

海外ではこのポジションライトがデイライト仕様になるそうですが、日本では法令の関係か、デイライト機能はありません。
フォグもLED。



サイドへ行きます。

MINICooperS07.jpg

試乗車のミニクーパーS(MINI Cooper S)に付いていたのは、2F3ループ・スポーク、シルバーという6.5J×16インチアルミホイール。
ミニクーパーS(MINI Cooper S)にはこれが標準のアルミホイールになります。
これもなかなかユニークなデザインですね。

通常のミニクーパーにもオプション設定できますが、10.8万円かかります。





ミニクーパーS(MINI Cooper S)はターンシグナルライトがホワイト仕様となります。

MINICooperS02.jpg

↓こっちが通常のミニクーパー。

MINI27.jpg

ミニクーパーSのほうには「S」オーナメントが付いて質感が向上してますね。





ミニクーパーSのフューエルキャップは専用デザイン。
 
 MINICooperS03.jpg

ここをアフターパーツで交換したりする方もいらっしゃるみたいですね。
交換パーツ豊富なMINIは弄りがいありますね。 




リアも見てみましょう。

MINICooperS04.jpg

先代のR56に比べると、コンビネーションランプが大きくなっているのが特徴。



また、通常のミニクーパーとの差は、ミニクーパーSはマフラーがセンター2本出しになっています。

MINICooperS01.jpg

これは迫力ありますよね。



エクステリアをぐるっと一周見てきましたが、今回は続けてインテリアも見てみましょう!

雨が降ってたんでさっそく室内から失礼。

MINICooperS19.jpg

ドアトリムはこんな感じです。

おや、前回見たミニクーパー(写真↓)ともちょっと違う…

MINI25.jpg

と思ったら、ドアの各所はカスタマイズ出来るみたいです。
試乗車のミニクーパーSには、「インテリアサーフェイス」と呼ばれるパネル(ピアノブラック調)が付けられていましたが、ミニクーパーSには標準装備みたいです。
もちろん、インテリアサーフェイスは他の色にも変更できますが、別途15000円のオプション料金が発生します。


また、肘置き部分とダッシュボードのT字状に左右に伸びるパーツは「カラーライン」と呼ばれ、マテリアルの変更できますが、これも別途15000円かかります。
試乗車は、標準の状態のようです。






スイッチ部分はメッキパーツがあしらわれていますが、カラーラインやインテリアサーフェイスなどを付けないとややプラスチッキーな印象になるかもしれません。

MINICooperS18.jpg





運転席からの見晴らしはこんな感じ。

MINICooperS20.jpg

初めて乗ってみましたが、フロントガラスまでの距離や頭上高などは結構広々とした印象でした。
タイトで窮屈なんじゃないかというイメージとは全然違ってゆったりしてました。




メーターも初めて電源入っている時に見ましたが、メーター内のマルチインフォメーションディスプレイもカラーと質感は高いです!

MINICooperS22.jpg

メッキリングやレトロなフォントなどと相まって、フューチャーレトロ感あるカッコイイデザイン。
これは所有する悦びになりますね。




このミニクーパーSの試乗車にはヘッドアップディスプレイが装備されていました。

MINICooperS21.jpg

こちらは58000円のオプション。




インパネ周辺も見てみましょう。
初めて電源入っている状態で見ましたが、すごく良いです。

MINICooperS24.jpg

ちなみに、8.8インチ・ワイド・ディスプレイ、MINIコントローラーを採用したナビゲーション・システムが、MINI Cooper Sに標準装備されます(アームレストコンソールもセット)。
ミニクーパーにこちらのナビと、セットのアームレストコンソールなどのパッケージをつけると178000円。

通常のミニクーパーにナビやらLEDヘッドライトやらを装備すると、ミニクーパーSとの価格差があまりなくなってしまうらしいです。
詳しくはMINIディーラーで見積もりするなどご確認ください。



エアコン類の操作リングもメッキ処理やイルミがとても質感高いです。

MINICooperS23.jpg

スイッチ式のエンジンスターターもオリジナリティあって素敵!
MINI乗ってるぜ!って気分にさせてくれますね。



こちらのミニクーパーSの試乗車には「MINIドライビングモード(29000円)」というオプションがついており、SportやEcoなどドライブモードのセレクトができます。

MINICooperS17.jpg

シフトの根っこ部分にセレクターのツマミが付きます。



さらに、ドライブモードに合わせて、センターにあるモニター周りの円形部分が光る「MINIエキサイトメントパッケージ(23000円)」がオプション装備されていました。

スポーツモードだと赤。

MINICooperS15.jpg



通常モードだと黄色。

MINICooperS14.jpg


グリーンモードだと緑。

MINICooperS13.jpg

こんな感じに演出してくれます。
これはせっかくだから装備したい気もしますね。
たしかに、高級車も顔負けな演出や質感がありますが、こうやってオプションにしていることで、それぞれを装備していくと結構な価格になってしまいそうな予感…。




ナビとセットのMINIコントローラー。

MINICooperS16.jpg

タッチパッドになっており、手書き文字の入力やナビのスクロールなども行えます。
ちょっと使ってみましたが、ナビのスクロールをタッチパッドやるには、いちいちパッドスクロールボタンを画面の中で選択してからじゃないとスクロールしてくれないので、使い勝手はいまいち…
もしかしたらもっと良い使い方があるのかもしれませんが。





と言った感じで、新型ミニクーパーS(MINI Cooper S)のエクステリアとインテリアを見てみました。
通常のミニクーパーと違う部分を中心にお届けしましたが、いかがでしたか?

個人的な感想としましては、ミニクーパーS(MINI Cooper S)はとても良いモノ感溢れる、大人の玩具のような気がしました。
私はアラフォーな30代ですが、私のような世代の男性にも、所有する喜びがある一台だと思います。
というのは、「走りがいい」とか「見た目がいい」とかだけでは、所有するにはちょっと物足りなく感じることもあるわけなんですが、この新型ミニクーパーS(MINI Cooper S)に関しては、高級車とまでいかなくても、プレミアムCセグ車レベルからの乗り換えではまったく不満のないクオリティに仕上がっていると思います。
また、セカンドカーや単身者の足としても所有する喜びがある車だと思います。

やはり内装で手に触れる部分の質感が高いのは良いですね。

安全装備の面でも、レーダークルーズコントロールや衝突軽減ブレーキなども選択できますし、昨今のライバル車と比較しても我慢を強いられる部分も少ないです。

そして、一番気になる走りの質感ですが、それはちょっと長くなりましたので次回に詳細なインプレッションをしたいと思います。



写真だけではお伝えしきれない部分もあると思いますので、MINI公式の動画を貼っておきますね^^



見ると欲しくなるので要注意ですが(笑)




で、気になる新型ミニクーパーの納期なんですが、4月18日現在の状況ですと、最初の船便でプールしてある車と条件があって契約したなら、5月中の納車が可能だそうです。

ただ、これも在庫があるだけとなりますし、自分好みのカラーやデザインの組み合わせがあればの話になります。
せっかくいろいろカスタマイズできるんですから、自分好みの1台に仕上げたいところですよねぇ。

でもゼロからの生産だと、本国で作って船便で運ぶことになりますので、発注してから4ヶ月くらいかかるそうです。
これもオーダーの入り具合で状況が変わってきますので、詳しい納期情報はMINIディーラーまでお問い合わせください。




さて、そろそろ新型ミニクーパーの購入をご検討の方は交渉を始めている頃だと思いますが、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント