2014新型ミニクーパー(MINI Cooper F56)内装が良すぎて思わず欲しくなるwww

2014年4月にデビューした新型ミニクーパー(NEW MINI COOPER F56)が近所のMINIディーラーに置いてあったので、試乗しに行ってきましたが、ナンバーが取得できておらず試乗できなかったんですが、その分写真をじっくり撮らせていただきました!って話の後編です!

先代よりも大きくなった新型ミニクーパーですが、その質感には目を見張るモノがありました。

エクステリアのインプレッションは前回を参照していただくとして、今回はインテリアを見てみます。

MINI01.jpg

いやぁ、新型MINIの内装、やばいです。
にわかにちょっと欲しくなりましたもん(笑)



※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





NEW MINI STYLE MAGAZINE No.45 (M.B.MOOK)

新品価格
¥1,340から
(2015/4/21 13:41時点)






まずは展示車両のおさらいから。

展示してあったのは新型ミニクーパー(MINI COOPER)、カラーはディープ・ブルー
こういったメタリックカラーには59000円のオプション料金がかかります。

MINI32.jpg




ミニクーパーの価格は、MTが266万円からと、ATが280万円から(税込)。

MINI05.jpg

こちらに展示はしてなかったんですが、ミニクーパーS(MINI COOPER S)の価格は、MTが318万円から、ATが332万円からとなります。どちらも税込みです。

 



さて、価格のおさらいも済んだところで、早速内装を見てみましょう!

MINI10.jpg

円基調のデザインはMINIのデザインアイコンとして踏襲されてます。

昨年の東京モーターショーでも見てきましたが、改めてじっくり見てみるとその質感には目を見張るものがありますね。




ドアの内側はこんな感じ。
ここのマテリアルもいろいろとカスタマイズ可能だそうです。

MINI25.jpg

ここも丸基調。
窓のスイッチ類にもメッキパーツがあしらわれていたりして、質感はなかなか良いです。




スカッフプレートは金属のオーナメントがついてます。

MINI24.jpg

シートは手動で調整。




新型ミニクーパーにはシートの下にスピーカーが装備されています。

MINI11.jpg

フロントシート下のセントラルバスウーファー2個を含む410Wの12個のスピーカーが迫力のサウンドを聞かせてくれるとか。
ちなみにハーマン・カードン製だそうです。豪華ですね。

営業マンさんの話では、エンジンサウンドをマイクで拾って、このシート下のスピーカーから出すことが出来ると言っていましたが、未確認です。




ハンドル周りはこんな感じです。

MINI21.jpg

握りも太く質感もなかなか良さげです。





今までMINIと言えばセンターにどでかいメーターが鎮座していましたが、今回の新型ミニ(F56)からメーターはハンドル前に収まりました。

MINI16.jpg

タコメーターと並んだ方が見やすいですよね。
レトロ感あるデザインもミニならでは。



ちなみに、ETCカードはルームミラーに刺さるそうです。

MINI17.jpg

これはアイデアもの!




ヘッドランプスイッチがダイヤル式なのは欧州車同様です。

MINI15.jpg




センターコンソール周りも見てみましょう。

MINI23.jpg

もともと大型のメーターがあったところには、8.8インチ大型スクリーンを搭載したMINIナビゲーションパッケージが備え付けられます。

ツイッターやフェイスブックにも連携できるみたいで、なんだかよくわかりませんがすごい先進的なナビシステムになりそう。


MINI CONNECTEDというこうしたサービスを利用するには、スマートフォンをMINIと接続する必要がありますが、その特等席が肘置きに内蔵されています。

MINI14.jpg






ナビ下にあるのはエアコン類の調整スイッチ。

MINI22.jpg

その下にはエンジンスターターのツマミが。
これはユニークですね。

そしてそれらの質感も先代MINIやMINIクロスオーバーよりも格段に高い気がします。




そしてシフトノブも凝ったデザイン。

MINI20.jpg

革巻きなのが嬉しいですね。
質感は高いです。




センターコンソールの下のほうにはシガーソケットやUSBソケットが備わります。

MINI18.jpg

数は最低限です。




そして今回の新型MINIのインテリアのポイントがこちらのMINIコントローラー。

MINI19.jpg

タッチパッドでも操作可能で、見た目にも高級感がありますね。
これにより車格が上がっていると言ってもイイと思うくらい良いです。
タッチパッド式は、アウディでも上位クラスにのみ採用されていたくらいですが、昨年新型A3に採用されて話題にもなりました。
そんなタッチパッド内蔵のコントローラーが今回のMINIに装備されました。





助手席側を見てみましょう。

MINI12.jpg

クリアのパネルが付いている部分はインテリア・サーフェイスと呼ばれる5種類のパネルから選ぶことができます。
こちらはヘイジー・グレーというパネルでしょうか。

さらにその下の樹脂部分もカラー・ラインという5種類のマテリアルから選ぶことができます。



ちなみにグローブボックス内はこんな感じ。

MINI13.jpg





と言った感じで新型ミニクーパーのフロントシートを見てきましたが、リアシートも見てみましょう!





後席はさすがにちょっと狭いです。

MINI09.jpg

ドリンクホルダーは3つ確保されているみたいですね。



気になる足元スペースはこんなもん。

MINI08.jpg

うーん、まあ仕方ないですね。
これでも全長が伸びたぶん、少しは先代より広くなってるのかな?

後席のセンターにドリンクホルダーがあるので、左右の席の移動は難しそう。

あくまでリアシートは緊急用と割り切ったほうが良さそうですね。




と言った感じで、新型ミニクーパーの内装を見てきましたが、いかがでしたか?

個人的には、すごくありです!

何しろ、ガジェット好きの心を揺さぶるナビ周りやコントローラーがイイですね!
その辺りの質感も非常に高く、所有したときの満足度も高そう。

素の状態に近いインテリアだったと思いますが、これをカスタマイズすることで更に質感を上げることができます。

自分好みの1台に仕上げた時、なんとも言えない満足感があるんでしょうね^^

試乗してみてフィーリングが合ったらかなり欲しくなりそうです。
しかしミニ1台で生活するのはシンドいので、買うなら増車か…

うーむ、とりあえず試乗してから考えますか(笑)





で、気になる新型ミニクーパーの納期なんですが、4月初旬に聞いた状況ですと、最初の船便でプールしてある車と条件があって契約したなら、5月中の納車が可能だそうです。

ただ、これも在庫があるだけとなりますし、自分好みのカラーやデザインの組み合わせがあればの話になります。
せっかくいろいろカスタマイズできるんですから、自分好みの1台に仕上げたいところですよねぇ。

でもゼロからの生産だと、本国で作って船便で運ぶことになりますので、発注してから4~5ヶ月くらいかかるそうです。
これもオーダーの入り具合で状況が変わってきますので、詳しい納期情報はMINIディーラーまでお問い合わせください。



新型ミニクーパーのムービーが有りましたので共有しておきますね!



ご興味ある方はどうぞ。



さて、新型ミニクーパーの購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント