フォルクスワーゲン ゴルフ(GOLF)7 GTI 見てきました!内装画像大量UP!

フォルクスワーゲンのゴルフ(GOLF)7のGTIを、遅ればせながら見てきました!という話の二回目です。

前回はエクステリアをお届けしましたので、今回は内装を見てみましょう。



GTI26.jpg



今回も写真を大量に撮ってきましたよ!
購入検討されている方の参考にしていただけたら幸いです^^


※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓



 
 



さて、さっそくゴルフ7 GTIのインテリアを見てみましょう!

GTI08.jpg

ゴルフは7代目になってただでさえ内装のクオリティが高くて驚いていたのにGTIはその更に上を行きそうで非常に気になってました。

ハイラインでもスカッフプレートはプラ製でしたが、GTIはアルミのスカッフプレートがついてますね。




ちなみに、ゴルフ7のハイラインの内装が気になる方は、以前山ほどゴルフ7のインプレを書いてますので、以下のゴルフ関連タグ一覧よりどうぞ。

ゴルフ7関連タグ一覧





まずは、運転席側のドアの内側から。

GTI11.jpg

まさに質実剛健。
それでいて今までのゴルフより格段に品質が上がっています。




ドアトリムに走る赤いラインは光ります。

GTI10.jpg

ハイラインでも白く光っていましたが、GTIは赤。
かなりアグレッシブ。



窓のスイッチ類。

GTI09.jpg

300万円程度のゴルフとしてならハイクオリティと思いましたが、400万を超えてくる価格にしてはこのくらいで品質は相応かも。




ゴルフGTIには専用のアルミ調ペダルクラスターが装備されます。

GTI07.jpg

フットレストはオプションで似たようなデザインのものに変更可能。




運転席を見てみましょう。

GTI12.jpg

良いですねぇ。
落ち着いた中にも、赤いステッチやチェックのシートなどがデザイン上のアクセントになり、ちょうどいい感じです。





ハンドルは非正円のD型ステアリング。

GTI06.jpg

GTI専用3本スポークスポーツマルチファンクションステアリング。




GTI04.jpg

握りも太くて良さ気。
こりゃ試乗してみないと!



そして!今回個人的なトピックとしては、メーター内のマルチファンクションディスプレイが高精細カラー液晶になっていたこと!

GTI03.jpg


GTI27.jpg




↓ハイラインで気になっていたのは、ここだったんですよねぇ。

36_20130623102705.jpg

見比べると一目瞭然。
やっぱりカラーが良いです。

これで購買意欲がまた高まりました(笑)






インパネも見てみましょう。

GTI01.jpg

シフトノブはアルミ製だそうで。

ハイラインではピアノブラック調のクリア塗装されたブラックパネルでしたが、GTIではメッシュっぽいマテリアルに変わっていて、ペカペカしてないので好印象です!



ボタンの質感や収納類などのインプレはゴルフ7ハイラインのインプレをご参照ください。

フォルクスワーゲン ゴルフ7 インテリアインプレッション1




GTIで変わっているのが、エンジンスターターがプッシュボタン式に変わっています!

GTI02.jpg

スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」が装備。
これでキーレスエントリーアンドゴーが可能になりました!





あとは、軽く後部座席も見てみましょう。

GTI05.jpg

GTI伝統のタータンチェックが非常にオシャレ!

しかし悩ましいことに、こちらのタータンチェックのファブリックシートにすると、パワーシートではなく手動。
パワーシートにするには、レザーシートとセットオプションなので、GTIなのにタータンチェックじゃ無くなってしまいます><

レザーシートにするとシートヒーターも装備されますが、助手席側はパワーシートにはならず手動。





という感じで、ゴルフ7のGTIのインテリアを見てきましたがいかがでしたか?

個人的には非常に評価が高いです。

もともとゴルフ7のハイラインの判子押す直前まで行ってましたからね(笑)
当時は納期的な問題と、ナビやバックモニターなどの電装品が納期が遅れているという状況でしたので断念しましたが、今はどうなんでしょうね。

あと数少ないネガだったマルチファンクションディスプレイが、ちゃんとカラー液晶になったのも好印象。



ゴルフGTIは、その走りのパワーや質感もさることながら、ハイラインから踏襲されている数々の先進装備も魅力。

GTIでも妥協すること無く環境性能も追求されており、ちゃんとアイドリングストップします。
ブレーキエネルギー回生システムも装備。

プリクラッシュブレーキシステムや、全車速対応のクルーズコントロールACC、ハンドル操作までしてくれるレーンキープアシスト、マルチコリジョンブレーキ、ドライバー疲労検知システムなどなど、高級車さながらな先進装備が導入されているのも魅力です。


とても興味が湧いてきたので、また近いうちに試乗しに行ってこようと思います!

いつもお世話になっているディーラー様、今後共よろしくお願いいたします(笑)




ということで、ゴルフGTIの購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^







かんたん車査定ガイド


















「にほんブログ村」のランキングのボタンを設置いたしました。
記事がイイネと思っていただいた方は、今後は拍手ボタンよりも「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント