BMW 2014新型ミニクーパー【NEW MINI COOPER(F56)】見てきました。イイ物感満点!

2014年春に発売が予定されているBMWの新型ミニを見てきましたので、そのフォトインプレッションをお届けします!

と言っても、2013年の東京モーターショーで撮ったものなんですが^^;

発売は4月か、5月か、と言われているので、そろそろネタ出しをしてもよろしい頃かなと思い、蔵から写真を出してフォトインプレッションしてみたいと思います。

今回もまた画像大量でお届けしますので、ニューミニ(NEW MINI)を購入検討されている方は参考にしていただけたら幸いです。



※2014年4月追記!

2014新型ミニクーパー(MINI Cooper F56)試乗行きました。価格に対して質感が光る!納期情報も!

2014新型ミニクーパー(MINI Cooper F56)内装が良すぎて思わず欲しくなるw


↑こちらも併せてどうぞ!




NEWミニ19


新しく生まれ変わるミニ、どんな感じなんでしょうね?
期待せずに居られません!!


※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓







NEW MINI STYLE MAGAZINE(41) (M.B.MOOK)

新品価格
¥1,340から
(2014/4/22 23:04時点)








見てきたのは、2013年に行われた東京モーターショーのMINIのブースにて。

2014年の発売に先立って展示されていたのでじっくり見てきました!

NEWミニ18

何台か展示されていましたが、まずはブレイジング・レッドでしょうか、赤のミニクーパー(MINI COOPER)から。

すごい混雑だったのであまり引きで写真が撮れなかったので、寄り気味の写真しかありませんがご容赦を。

初めて見る新型ミニ(F36)ですが、フロント周りの造形の密度感たるやすごいですね。
ある意味、ミニだからこそここまでフューチャークラシカルというか、レトロ感と先進感の融合が出来るというか、さすがの仕上がり。

メッキパーツの使い方も質感高く、各パーツの組み付け精度も高そう。





デザイン自体はキープコンセプトで、同じイメージを踏襲していますが、一番変わったのが目つきでしょうか。

NEWミニ17

同心円上にライトが配置され、一番外側の円がポジションライトとしてアイライン調に光るので、先代よりもファニーで、どこかとぼけた表情に見えます。






つづいてボルガニック・オレンジのミニクーパーS。

NEWミニ16

ノーマルのミニクーパーに比べ、フロント下部のエアロパーツが違いますね。
色の印象もありますが、全体的に派手にスペシャリティ感ある演出がされています。



新型ミニクーパーのボディサイズは、

全長3821mm(+98mm)
全幅1727mm(+44mm)
全高1414mm(+7mm)
ホイールベース2495mm(+28mm)

と、先代モデルより一回り大きくなりました。
実際目の当たりにすると、そのボリューム感たるや、もはやミニ(小さい)とは言えないのでは?(笑)と思えるほど。

しかし、その独特なフォルムとフューチャーレトロなデザインは唯一無二で、ガレージに置いてあるのを想像するだけで満足感が高い、良い物感があります。
今回の新型ミニクーパー(F56)は特に密度感と面の張りが良いです。





いやー良いですね。観賞用としても、置いておきたいくらい(笑)

NEWミニ15

ミニは乗ったこと無いので、デビューしたらぜひ試乗しに行こうと思いました。




ミラーはこんな感じ。

NEWミニ13

丸基調なのは先代から同じ。
いろんなアフターパーツが出るんでしょうね。





リアもちょっとだけご紹介。

NEWミニ23

リアはぱっと見、先代との見分けがつきにくいかも?




各所にメッキパーツがあしらわれ、質感は高いです。

NEWミニ14

ミニクーパーのほうはマフラーは片方出し、リアセンターにはストップランプ。
どちらもメッキ処理されていて良いモノ感があります。




ついでにラゲッジも見てみましょう。
ラゲッジはミニマムかと思いきや、意外と実用レベルの広さを確保していました。

NEWミニ22

全長が10cmくらい伸びた影響もあるんでしょうか。




ちゃんとラゲッジのフロア下にもアンダートレイが。

NEWミニ21

普通に使い勝手は良さそう。




後席を倒すと、少々段差はありますが、荷室が広がります。

NEWミニ20

想像以上に普通に使える車になっていました。

ドアが2枚であることを除けば、2名乗車なら我慢を強いられることも少なくて済みそうなくらい、実用性は高いですね。


という感じで、新型ミニを見てきましたが、いかがでしたか?
個人的な感想としましては、先代よりも良いモノ感が非常に高まり、所有した時の満足度が高そうな一台だなぁと思いました。

眺めていても絵になる一台。ガレージに欲しいですねぇ。

外見はとても良かったのですが、内装はどうなのでしょうか…

ちょっと長くなりましたので、また次回のエントリーでご紹介します!



さて、新型ミニの購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくに人気車種だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方はコチラもおすすめですよ↓^^








自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数社が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます。
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^




ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^


今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^





あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド


















 
関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント