スズキ ハスラー試乗しました!評判良いですね!価格を下げる値引きのコツは…!

ついにと言うか、ようやくと言うか、先延ばしにしていたスズキの新型軽自動車ハスラーの試乗をしてきました!!

ハスラーはデビュー以来快進撃を続けており、メーカーとしては嬉しい悲鳴でしょうが納期がヤバイことになってるみたいです^^;

気になる2014年3月15日現在のハスラーの納期状況と、試乗レポートもお届けいたします!!

07_20140105205519952.jpg

ハスラーの写真は前回スズキのお店に行った時にしこたま撮らせていただきましたので、今回は撮ってきませんでしたが、ちゃんと試乗させていただきましたのでインプレッションしてみたいと思います!


ハスラー価格ですが、ベースグレードのAで104.8万円から、売れ線と予想される中間グレードGのNAモデルの2WD(CVT)で121万円から。上級グレードのXは136万円から。

ハスラーのグレードの中で価格が一番高いのは、X ターボ 2トーンルーフ仕様車 4WDで、161万円からです。





ハスラーのエクステリア、内装のインプレッションは以前にお届けしましたので、詳しくはそちらもご参照ください↓

ハスラー内外装インプレッションまとめ

ということで、ハスラーの試乗インプレッション、行ってみましょう!




※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。




今回試乗させていただいたのは、ハスラー2WDのNAモデル、Xグレードです。

08_201401052055201c6.jpg

ちなみにハスラーXの価格は136万円から。




さっそくハスラーに試乗させていただきます!

25_201401052056358d4.jpg

ドアを開けて運転席に乗り込みます。




運転席に座ってまず感じるのは、ハスラーのダッシュボード周りの質感の高さ

19_20140105205608f40.jpg

ボタン類のタッチも、なかなか良くて感心してしまいました。




このグロス処理されてるクリアホワイトのパネルが良い感じに質感を高めていて、内装全体を明るくそしてチープに見せない工夫がなされています。

17_20140105205605cfc.jpg

遊び心あるデザインで、FJクルーザーのようなデザインでもありますが、それはそれでファニーな可愛さがあり、ホワイトのクリアパーツなどもキャラクターにあっていてイイ感じ。





シートのポジションを調整しますが、ハスラーはちゃんとリフト機能が付いていて、高さ調整できます。

11_2014010520554612b.jpg

ハンドルもテレスコはついてませんがチルトでは調整可能。




そしてハスラーのエンジンスターターはプッシュ式!

22_20140105205631061.jpg

エンジンがかかっていると、若干ブルブルと振動が伝わってきます。
しかし、昔の軽自動車のような不快な振動というほどではなく、エンジンがかかっているのがわかるというくらい。
軽自動車も進化してますね。





シフトをDレンジに入れ、足踏み式のパーキングブレーキをリリースして走り出します。

06_201401052055170d3.jpg

ハスラーXのNAモデルなんで、ターボと比べると非力なんでしょうが、クリープも過不足なく前に出ます。

ハンドルは軽めのタッチですね。




ディーラーから幹線道路に出ます。
軽自動車だしNAだからそんなにパワー無いだろう、とアクセルを少し大きめに開けるとかなり力強く発進!!
思わず「おお!」と声が出るくらい(笑)

NAかつCVTで、これだけ発進加速が鋭いなら、ハスラーはNAモデルで十分かなとも思ってしまいます。
ハスラーのターボモデルは試乗してませんが、これ以上に力強いなら結構すごいですね。




エンジン音も、グイと踏み込んだ時は軽自動車らしからぬ野太い音がして、意外に好印象^^
ハスラーは遮音性にもかなり力を入れているみたいです。
軽自動車にありがちなザラついた感じが抑えられているのが良いですね。

中間加速も、NAかつCVTなのに結構力強く前に出る感じです。






信号で停まるときには、アイドリングストップしました。
アイドリングストップするときも、静かにエンジン停止し、振動や音も良い躾がなされています。
状況にもよりますが、減速していって時速13km以下になると、すでにアイドリングストップが始まり、余計なガソリン消費を抑えてくれるそうです。
これは燃費面だけでなく、走りの質感にも大きく影響を与えていて、信号停止するまえからエンジンが止まっているとまるでハイブリッド車のような静粛性。
車が完全停止した状態でエンジンが止まると、その停止する瞬間はどうしても振動が目立ちますので、車が止まる前からアイドリングストップすれば、いつエンジンが止まったのかわからないような感じです。
これは素晴らしいですね。



信号からの発進時も、ブレーキから足を話すとすぐにエンジンが始動。
アクセルへの足の乗せ換えもよっぽど急がない限りは問題なく走り始められます。
ハスラーはエンジン再始動時の振動騒音面もかなり良く躾けがなされています。





ハスラーには、スズキお得意のエネチャージが付いています。

12_20140105205548269.jpg


エネチャージは、減速時のエネルギーをモーターを回して回収し、リチウムイオン電池に充電。
充電された電力は、車の電装品の維持につかわれ、燃費に貢献します。

ハイブリッドではないので、電池のエネルギーやモーターは、動力としては使用されません。

エンジン停止中はエアコンは送風だけになりますが、蓄冷剤が送風口についていて、送風だけでも冷風になるような工夫がなされているそうです。




ハスラーは、運転時の状況によってメーター内の色が変わります。
エコな運転をしている時は緑、だったかな。

35_20140107001239e50.jpg

ブレーキを踏んでエネチャージに充電されている時は白く光ります。


04_20140105205503624.jpg



ハスラーの乗り心地に関しては、やや固めですが良いです。
硬いと言っても、マンホールなどで跳ねたり、ガンガンと突き上げられるということはなく、たしかに硬質な感じはしますが嫌な硬さではありません。

エンジンルームからの遮音性は頑張っているので、相対的にロードノイズは若干大きく聞こえるかもしれません。
それにしてもハスラーのエンジン音は軽自動車らしからぬ野太い感じで結構好きですね。




ハスラーのブレーキのタッチは、エネチャージがついているせいか、タッチは柔らかいですが踏み始めからじんわり制動力が立ち上がる感じ。
慣れれば違和感なく踏めると思います。



細かいところですが、ハスラーのウインカーのタッチもなかなか上質。
クリック音も安っぽくなく、ウインカーレバーの剛性感も結構良いです!
スズキ、気合入ってますね。





街中をぐるっと一周試乗させてもらいましたが、ハスラーの素性の良さは体感出来ました!

個人的な感想ですが、ハスラーは、ハンドリング、静粛性、アイドリングストップ、乗り心地など、それぞれの項目が高いレベルで調整されているなぁという印象でした。

ただ、シートに関しては170cmを超える男性がポジションを取ろうとすると、ちょっとハンドルが遠かったり足元が狭く感じたりするような、ベストな位置には調整しづらいかなぁと思いました。
これはどの軽自動車にも言えることかもしれませんし、慣れで解決できるかもしれません。

また、ハンドリングやブレーキ、乗り心地などすべて高いレベルで調整されているんですが、それらを一つ車として運転した時に、若干一体感のようなものが薄いというか、運転している感覚が希薄だったような気がしました。
これは気のせいかもしれませんが。

いずれにせよ、売れに売れているだけあって、ハスラーは文句をつけるのが難しいくらい高い次元ですべてが構成されている車だと思いました。
何しろファニーでカワイイ&カッコいいエクステリアと、道具感溢れ質感も使い勝手も良い内装、NAでも十分なパワー、軽自動車らしからぬエンジン音、エネチャージを駆使した好燃費、などなど、ハスラーは魅力が満載の1台となっています。

ただ、ハスラー唯一の欠点としては、人気が出過ぎたせいで納期が長くなってしまっていること^^;



そんな気になるハスラーの納期ですが、2014年3月15日の時点ではすでに半年待ちの状態だそうです><
軽自動車で半年待ちの納期ってすごいですね。それだけハスラーの人気が伺えます。

さらに詳細な納期情報としましては、2WDでも4WDでも、どのグレードでも納期はほぼ半年レベルなんだそうですが、ツートンルーフ仕様にすると納期が余計に1ヶ月程度かかってしまうそうです!!
3月15日時点で発注しても、ツートンルーフ仕様だと10月以降の納車になるとか…
ツートンルーフ以外のカラーなら8月末から9月頃の納車になるのでは…とのこと。

刻一刻とハスラーの納期状況も変わりますので、詳しくはお近くのスズキアリーナへご確認くださいませ。




そんな人気のハスラーのムービーも共有しておきますね!
↓見たら欲しくなっちゃうと思います(笑)




ご興味ある方はどうぞ。



さて、ハスラーの購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^







かんたん車査定ガイド


















「にほんブログ村」のランキングのボタンを設置いたしました。
記事がイイネと思っていただいた方は、今後は拍手ボタンよりも「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント