スバル レヴォーグ 見てきました!完結編 後席とラゲッジの内装をチェック!

スバルのディーラーにレヴォーグを試乗しに行ったものの、ナンバーがついてなくて試乗できなかった!という話の、ついに完結編です!(笑)

4回にわたってお届けしてきましたが、内外装のインプレはとりあえず今回はこれが最後。
つぎは試乗した時にでもまた…(笑)



レヴォーグ関連の記事もかなり貯まってきましたので、今後のレヴォーグの最新記事を読みたい方は関連タグ一覧でご確認ください。

レヴォーグタグ記事一覧




さて今回はレヴォーグの助手席周りと後席やラゲッジを見てみましょう!

22_20140302200023fa7.jpg



例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。

 
 

ではさっそくレヴォーグの助手席周りを見てみましょう。

36_20140306003605440.jpg

Aピラーの付け根に三角窓がありますが、視界が広いのがイイですね!

前回運転席周りはインプレッションしましたが、レヴォーグの内装の質感は非常に良いです。
 




運転席からの見通しはこんな感じ。

51_20140306003705899.jpg

ちょっとピントが甘くてすいません^^;





グローブボックスはこんな感じ。

45_20140306003628233.jpg

起毛仕上げにはなってませんでした。





ライトをONにしていると室内の照明系はこんな色味で光ります。

32_201403060035481d0.jpg

ボタン類は概ね赤く光ります。
ドイツ車的な雰囲気で、スポーティですね。



インパネのエアコン周りと下のトレーは青いイルミ。

31_20140306003546553.jpg

これも悪く無いです。





次に後席も見てみましょう。

40_2014030600360956c.jpg

リアドアの内側はこんな感じ。
ドアトリムやメッキ調のパーツなども質感イイですね。





リアシートはこんな感じ。
足元はまあまあ狭くはないか、というくらい。

41_20140306003622d93.jpg

前席はかなりがっちりサポート性が良さそうなシートですね。
このシートは上位グレード専用だそうです。





後席のアームレストはこんな感じ!!

42_20140306003624db2.jpg

ピアノブラック調、かつシルバー調の加飾までなされ、リッドもついてます!!
最近見たアームレストのドリンクホルダーの中で一番立派!!




センターコンソールには後席用のエアコン吹出し口はないですが、USBポートが2つ備わっていて後席でも充電が可能!!

35_20140306003604448.jpg

レヴォーグには合計4つのUSBポートがあります!!すごい!




リアのラゲッジも見てみましょう。

02_20140306003418a0d.jpg





さすがツーリングワゴンというだけあって十分な奥行きです。

34_20140306003551773.jpg

ラゲッジフロアの材質も良いし、ハンドルにメッキパーツがおごられるなど、質感が高いです。




フロアアンダートレイも完備。

33_2014030600355041b.jpg

写真撮りそこねましたが、このトレイの前にももう一つトレイがあって収納力はたっぷり。







オマケで給油口も撮ってきました。
2.0Lのモデルはハイオクです。1.6Lはレギュラー仕様。

30_20140306003545fb7.jpg

カバーの部分が、外側はちゃんと金属で、内側にはプラのパーツが付いているなど、かなりお金のかかった作りです。
ゴルフ7やA3ですらカバーは樹脂のみ、レクサスでも鉄板のみの車種もあるくらいなので。




さらにオマケで、キーはこんな感じ。

P1400412.jpg

これがずっしり重くて、樹脂部分もハードプラではなく、しっとりとした質感でかなりイイ感じのキーだと思いました!






という感じで、レヴォーグの画像をどこよりも詳しく写真でご紹介したと思います!!

レヴォーグの内外装を詳しく見てみての、個人的な感想としましては、とにかく質感が高い!ということ。
たしかにお値段も270万円からと、トヨタの新型ハリアーと同じレベルのスタート価格ですが、最近乗った国産車の中ではかなり印象に残るクオリティです。

デザインがオーソドックスすぎるので、ぱっと見あまり大したこと無いように見えますが、触った感じやボタンのタッチなどとにかくかなり意識して作られているなぁと。
昔のレクサスはこのレベルにボタンとかも意識して作られていたはずですが、現在のISなどでは残念な感じのボタンもあったりして、レヴォーグと比較してちょっと悔しく思える部分もありました^^;

レヴォーグのエアコン周りのボタンのタッチはかなり秀逸です。

またハンドルの革の手触りもレクサスに近いものがありました。

アルカンターラと革のコンビネーションシートもいいですね。
上位グレードには10WAYのパワーシートも付きますし、かなり価格相応かそれ以上の満足度がありそう。


新型ハリアーの質感の高さにも驚きましたが、レヴォーグは詳しく見れば見るほどその質感に驚かされるというか。
妥協無く、出し惜しみなく、かなり気合入れて作られているのがひしひしと感じました。


今回は内外装のインプレッションだけでしたが、これが実際に試乗したらどうなるんでしょうか。
アイサイトもVer.3に進化して、カラーステレオカメラでの認識になっているそうで、安全面でも最先端に近いところにいる一台だと思います。
また、走りの質感もおそらく相当高いと思いますので、試乗したらかなり心揺さぶられること間違いないでしょう。

個人的にもかなり気になっている1台、スバルのレヴォーグのインプレッションでした!




速報!スバル・レヴォーグ―ついに走り出したリアルスポーツツアラー、その全貌が (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥700から
(2014/4/18 14:36時点)






そんなレヴォーグの気になる納期情報ですが、現在事前予約でも割と順調に台数を重ねているみたいです。

納期的には新開発の1.6L直噴ターボのほうが、許認可の関係で納期が1ヶ月ちょい余計にかかるらしいです。

2月27日に聞いた情報だと、1.6Lのモデルは8月~9月、2.0Lのほうがそれより1ヶ月くらい早いか、といった感じでした。
こちらも刻一刻と状況が変わると思いますので、詳細はお近くのスバルディーラーまでお問合せください。




さて、絶賛予約受け付け中のレヴォーグですが、購入をご検討の方、試乗に行ってみようかなと考えている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくにデビュー直後の車だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。










他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^
※レクサスは車両本体価格からは値引きが一切ありませんが、下取り価格上乗せが実質値引きに相当する場合が多いです。

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり…。

ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^

貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド











車を買うなら、併せて自動車保険も見直しもオススメですよ^^
ディーラーに薦められるがまま、高い保険料払っている方、結構多いのでは?

月々の支払はできるだけ安く抑えたいですしね。
もちろん、保険内容も大切ですので、複数の保険を比較して、一番ご自身にあった自動車保険を選ぶのがお得ですよ^^



自動車保険は比較で安くなる!













では次回のワンダー速報もお楽しみに!












関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

レヴォーグかハリアーか
初めまして。とても参考になるブログありがとうございます。
さて私ですが、今レヴォーグかハリアーかで悩んでおります。
走りのレヴォーグか質感のハリアーか。
管理者様はどちらが良いと思われますか?単刀直入ですいません。
以前レガシーを乗っておりスバルは好きだったのですがDラーで幾度か嫌な思いをした為にスバルはもう乗らないと決めていましたが、今回のレヴォーグはかなり魅力的です。ハリアーは今乗っているプリウスの担当者が話しやすく、またハリアーの質感に魅力を感じ悩んでおります。
管理者様のインプレはとても参考になります。ハリアーならガソリンのエレガントにしようと思います。レヴォーグはまだ試乗始まっていないようですが、どちらが良いのやら。
個人的意見でかまいませんので参考にご意見いただけたら幸いです。
Re: レヴォーグかハリアーか
コメントありがとうございます^^

お悩み、非常によくわかります!
先日のSUV比較では価格が高いぶんハリアーが質感など満足度が高い結果となりましたが、レヴォーグとハリアーのガソリンモデルを比較すると価格帯も非常に近く、悩ましいところだと思います。

ハリアーのガソリンモデルは二度ほど試乗しましたが、二度目の試乗では印象が若干変わりました。
一度目の印象が良すぎたというか^^;
おそらくスバルに乗っていた方だと、ハリアーだと物足りなく感じる可能性があります。
レヴォーグは乗ってませんが、フォレスターの2.0Lターボを乗った感じだと、加速も相当なものだと思われます。
個人的にはレギュラー仕様の1.6Lターボが気になっています。それでもハリアーの2.0Lガソリンモデルと同等くらいの加速感があるのではないかと予想しています(試乗しないとわかりませんが)。

内装のぱっと見の質感はハリアーのほうがいいですが、レヴォーグもデザインこそ地味ですが内装のクオリティは負けていません。
また、レヴォーグでは、ハリアーだとオプション扱いのUSBポートが標準装備だったり、アイサイトなどの安全装備も魅力です。

スバルのディーラーを変えて、レヴォーグを試乗してみるとか、そういった事もオススメいたします。

レヴォーグは試乗してませんので、なんともオススメできないですが、とにかく両方試乗されてみて判断なさってはいかがでしょうか?

ハリアーはやはり内外装の質感、制振性静粛性などが優れているので、良い物に乗っている感があります。
ガレージに停めてあるのを眺めても満足度が高いかもしれません。
ゆったり優雅に乗るならハリアー、ドライバーズカーとして乗るならレヴォーグ、という感じかなと思います。
Re:Re:レヴォ−グかハリアーか
ドラヨス様
丁寧なご返信ありがとうございます。
確かにハリアーがガレージにあると満足度は高そうですね。
あまり飛ばす方ではないので、ハリアーでゆっくり優雅に走っている方が自分には合いそうです。
だいぶハリアーに傾いてきましたが、レヴォーグも昔のレガシーの面影がありとても良い車だと思います。多分ハリアーを購入すると思いますがもう少し楽しく悩もうと思います。
管理者様のインプレとても参考になり楽しく拝見させて頂いています。
今後も更新楽しみにしております。また相談させて頂くかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。
ハリアーハイブリットの試乗コメントも待っています(笑)
Re: Re:Re:レヴォ−グかハリアーか
いえいえ^^
拙い説明ですみません^^;
ハリアーは所有した時の満足度は高いと思います。
レヴォーグは試乗してないのでなんともわかりませんが、ハリアーのほうが静粛性や乗り心地などの面では快適性が高いように思えます。

ハリアーハイブリッドの試乗車が入ったら、また試乗させてもらおうと思ってます(笑)
今後ともよろしくお願いいたします^^

コメントの投稿

非公開コメント