2014年新型スカイライン見てきました!2 内装はレクサスに迫るか?!

昨年秋に発表になり、2014年2月に正式発売された日産の新型スカイライン

ディーラーに展示してあったスカイラインは、まだナンバーが付いてなかったので、試乗はできませんでしたが、写真は大量に撮ってきました。

近いうちに試乗車も出てくると思いますので、その頃にもまたおじゃましようと思います^^


前回のエントリーではエクステリアを見てきましたので、今回はインテリアを見てみましょう。



購入検討されている方は写真はいくらあっても見たいと思いますので、当ブログでは他のサイトでは撮らないようなマニアックな所まで撮ってきましたよ!


39_201402272351211fb.jpg


レクサスに対抗するインフィニティですが、レクサスオーナーから見た新型スカイラインの内装クオリティはいかに…?





※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 



日産スカイライン完全ファイル (ヤエスメディアムック430)

新品価格
¥1,620から
(2014/4/1 18:06時点)






以前に東京モーターショーで新型スカイラインのフォトインプレッションを記事にしていましたので、そちらも見てみたい方はコチラ↓

2014 新型スカイライン見てきました。エクステリアインプレッション1

2014 新型スカイライン見てきました。2 インテリアもちょっと追加



 
 
ではさっそく新型スカイラインの内装を拝見しましょう!

運転席側のドアを開けてみます。

30_20140227235035182.jpg

おお、これはなかなか質感が高そうです。




ドアの内側はこんな感じ。

27_20140227235031a9b.jpg

色味がモノトーンでシックですが、上級グレードになるとパネルが木目になったりして色味が加わります。
ドアトリムも革張りになっていたり、シルバーとブラックのコンビネーションパネルの質感も良いです。




ドアスイッチ周り。

28_201402272350320b6.jpg

スイッチにもシルバー調加飾がされており、手に触れる部分はソフトパッドになっていて上質。
ドア周りはレクサスのISよりも質感良いかも…





ベースグレードでもちゃんとアルミのスカッフプレートはついてます。

26_2014022723502944a.jpg






運転席周りを見てみましょう。

15_20140227234914644.jpg

インテリア全体のデザインテイストも、これまた曲線基調で、丸くコクピットを囲まれたような印象。





運転席はこんな感じ。

14_20140227234912806.jpg

デザイン自体も、マテリアルの選び方も良く、質感は高いです。





ハンドルはこんな感じ。

24_201402272350094c4.jpg

インフィニティのロゴが鎮座していますね。
握りも太く、革の手触りも良いです。




ステアリングスイッチ類のボタンもメッキ調の加飾がなされていたり、手抜きなし。

23_20140227235007024.jpg

ISより良いですT_T




細かいパーツにもメッキの加飾が付くなど、かなりコストのかかった作りになっています。

25_20140227235010c62.jpg

個人的には、デザイン自体はレクサスのほうが新しい感じがして、新型スカイラインの方はオーソドックスに感じますが、質感はスカイラインも負けていませんね。





メーターには高精細のマルチインフォメーションディスプレイが装備されます。

29_20140227235034ac1.jpg

画面のサイズも大きめです。




インパネ周りも見てみましょう。

20_2014022723493940d.jpg





41_20140227235133ea1.jpg

ハードプラむき出しのところはほとんど見受けられず、クリアブラックのパネルやソフトパッドなど、マテリアルの選び方は上品で好感が持てます。




なんと液晶が2画面構成になっており、タッチ操作できます。

40_20140227235123806.jpg

目的地設定などのボタンを押してもMAPが常に見えるのはイイですね。





ハザードランプが若干押しづらそうな場所にありますが、ボタン類の質感、タッチも良いです。

21_201402272350044ab.jpg





シフトノブと、ジョグダイヤル。

19_20140227234938282.jpg

ナビはタッチ操作も出来ますが、ブラインド操作できるジョグダイアルも付いています。
ドライブモードセレクトスイッチもありますね。





カップホルダーはフタ無しのむき出し。

22_20140227235006b4d.jpg

それでもリッドがちゃんと付いているぶん、ISよりもいいかもしれません…。
マテリアルも、ちゃんと高級車然としていますね。





助手席側からの見通しはこんな感じです。

38_20140227235119827.jpg

ISもそうですが、助手席の方の肘置きはないんでしょうかね。



と思ったら、ちゃんとありそうです。

37_20140227235119b45.jpg

この辺りはレクサスISよりもスカイラインのほうが実用性が高そうですね。
でも、デザイン的にはスカイラインはオーソドックスで、マテリアルも目新しいものが使われていないので、パッと見の高級感というか良い物感は、レクサスのほうが演出が上手いと思います。
色使いとか、マテリアルなどが、もっと新しい提案があったら面白いのになぁと思いました。



ちなみにセンターコンソールボックスの中はこんな感じ。

16_2014022723493312f.jpg

USBポートなども備わっています。





と言った感じで新型スカイラインの内装を見てきましたが、いかがでしたか?
助手席や後席、ラゲッジなどもバッチリ撮ってきましたが、ちょっと長くなりましたので、本日はこの辺で。
また次回のエントリーをお楽しみに!





さて、発売されたばかりの新型スカイラインですが、購入をご検討の方、試乗に行ってみようかなと考えている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくにデビュー直後の車だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方はコチラもおすすめですよ↓^^









ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^


今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^










関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
本当内装いいですよね。
No title
内装はとてもいいですね
Re: No title
コメントありがとうございます。

スカイライン、内装の質感はとても良いですね。
試乗もしてみたいと思います。
Re: No title
コメントありがとうございます。

スカイラインの内装は色味は控えめながら質感は非常に高いと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント