2014年新型スカイライン見てきました!1 エクステリア画像大量UP!

昨年秋に発表になり、2014年2月に正式発売された日産の新型スカイライン
以前エクストレイルを見に行った時には試乗車は入らないと言っていたんですが、ふとディーラーの前を通ると新型スカイラインが置いてあるじゃないですか!!

これは見に行くしか無い!ということで日産ディーラーに新型スカイラインを見に行ってきました。

31_20140227235056dfd.jpg

今回も写真を大量に撮ってきましたので、いくつかに分けてアップしたいと思います。
今回はエクステリアを中心にお届けいたします。

うちも実家で以前スカイラインを乗っていたので、スカイラインには思い入れがあります。
そんな元オーナーの目線で見た、今回の新型スカイライン、はたしてどんなインプレッションになるでしょうか。




※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 

以前に東京モーターショーで新型スカイラインのフォトインプレッションを記事にしていましたので、そちらも見てみたい方はコチラ↓

2014 新型スカイライン見てきました。エクステリアインプレッション1

2014 新型スカイライン見てきました。2 インテリアもちょっと追加



 
 
ではさっそく新型スカイライン拝見しましょう!

34_20140227235101ac8.jpg

展示スペースが狭かったので、引きの絵を撮れませんでしたが、寄りの写真中心でお届けします。

東京モーターショーで見て以来、久しぶりの新型スカイライン。

展示されていたのが国道からちょうど見えて、遠くから見てもすごくカッコ良かった印象です。







展示してあった新型スカイラインは350GT HYBRIDという、ベースグレードにあたるモデルだと思います。

33_201402272350593a3.jpg

カラーはブリリアントシルバー。

今回からスカイラインは、メインターゲットの北米と同じインフィニティのバッヂが付きました。

グリル形状はちょっとスピンドルっぽいイメージですが、ボンネットからの流れと繋がるふくよかな曲線で有機的な日産独特のデザイン。




新型スカイラインのライト周りはこんな感じ。

32_20140227235058bca.jpg

フォグランプ周りにもメッキ加飾がなされ、さすがに質感が高いです。




ポジションライトを点灯させると、こんな感じに光ります。

03_20140227234830faf.jpg

フォグランプもLED。



ヘッドライトをつけるとこんな感じ。

01_20140227234829fb5.jpg

この光り方は、対向車から見ても個性になりそうですね。
新型スカイラインなかなか良いですね。




このグラマラスなフロントマスクと相まって、なかなかの迫力がありますね。

0.jpg

スカイライン、というよりもフーガに近いような、いかにも高級な車に仕上がっていると思います。





新型スカイラインのサイドも見てみましょう。

35_20140227235102c24.jpg

今回発売となった新型スカイラインは、現状は3.5Lのハイブリッド専用モデル。
今後は2.5Lのガソリンモデルも出る予定とのこと。



展示スペースの関係でこれ以上引きの写真が撮れませんでしたが、ボディサイドはこんな感じです。

09_20140227234851955.jpg

これまた伸びやかで迫力があり、有機的な曲線で構成されたボディサイドですね。


新型スカイラインのサイズは、全長4790mm×全幅1820mm×全高1440mm。

ボディサイズはかなり大きい印象です。
レクサスISと比べても125mm長く、10mm幅広く、10mm高いです。

全長に至ってはレクサスGSよりも30mm長いくらいです。




リアはこんな感じ。

04_20140227234831ed8.jpg

拝見した350GT HYBRIDのグレードには17インチアルミホイールが装着されていました。




新型スカイラインのリアを後ろから見てみましょう。

05_2014022723483343f.jpg

こちらもグラマラスなラインで構成されています。
デザインの印象は、フロントの押し出しの強さに比べると、やや印象に薄いでしょうか。





ハイブリッドモデルとはいえ、迫力の2本出しマフラーが付いています。

06_20140227234846c0a.jpg

ISハイブリッドもこうなっていてくれれば良いのに…と思います(笑)




写真では伝えきれないですが、新型スカイラインのボディサイドからリアにかけては、ぎゅっと絞りこまれたスポーティなデザインがなされています。

08_201402272348491db.jpg

新型スカイラインは有機的な曲線で構成されているのが、やはり印象的です。



新型スカイラインのエクステリアをぐるっと一周見てみて感じたのは、とにかくグラマラスってこと。
うちが以前に乗っていたのは32と言われるスカイラインの頃ですが、その頃から比べると、ものすごく大きく、これがスカイラインなのか…?と思えるほど。
当時の直線基調とは、時代が変わったとはいえかなり曲線が強調されたボディラインになっています。
起伏もあり、どの角度から見ても有機的な曲線で構成されたグラマラスなボディ。

新型フーガです、と言われたら信じてしまうくらいの大きさと迫力を持っています。

今回からインフィニティブランドとなりましたが、販売は普通に日産のお店で買えます。

トヨタとレクサスの関係のように、日産の上位ブランドとして北米で展開しているインフィニティですので、そのクオリティは眼を見張るものが有ります。
デザインは個人の好みもありますので割愛しますが、レクサスと比較してもエクステリアの押し出し、質感は引けをとらないレベルに仕上がっているのではないかと思いました。
あとはインテリアや走りも見てみないとですね。


気になる価格(税抜)ですが、2WDのベースグレード350GT HYBRIDが428.2万円から。
その上のType Pが463.2万円、最上級のType SPが501.4万円。


4WDのベースグレード350GT FOUR HYBRIDが454.2万円から。
その上のType Pが489.2万円、最上級のType SPが527.4万円。


レクサスのIS250が420万円から、IS300hが480万円からなので、同じハイブリッド同士の価格ではスカイライのほうが割安感もあります。
エンジンも3.5Lですしね。


ということで、気になるスカイラインのインテリアですが、ちょっと長くなりましたのでまた次回以降で…。



さて、発売されたばかりの新型スカイラインですが、購入をご検討の方、試乗に行ってみようかなと考えている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^





「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村






かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント