ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスター、試乗比較!総合評価編!!

しつこいようですが、ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスターという昨今人気のSUV試乗比較編の第5弾!!

さすがに今回で最終回にしようと思います^^;

前回までは、エクステリア、内装、ドライブフィール、ユーティリティと比較してきましたが、今回はコストパフォーマンスと今までの合計点で総合評価をしてみたいと思います!!


gousei.jpg


重ね重ね言いますが、評価は管理人の主観ですので、怒らないでくださいね^^;


※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。

 

 


ということで、毎回恒例ですが各SUVの試乗インプレのまとめのおさらいはコチラ!↓


ホンダ新型ヴェゼル(ベゼル)評価の◯と×。価格は高いか?


新型ハリアー試乗インプレまとめ ハリアーのここが◯!ここが☓!


新型エクストレイル試乗インプレまとめ エクストレイルのここが◯!ここが×!


マツダCX-5試乗インプレまとめ CX-5のここが◯!ここが✕!


スバルフォレスター試乗インプレまとめ フォレスターのここが◯!ここが×!






気になるクルマがある場合は、上記のまとめを見ていただくとして、比較レポートに行きたいと思います!

 

 
 
今回はコストパフォーマンスの比較!

それぞれの車について簡単にコメントして、その後に比較していきたいと思います。


■ホンダ ヴェゼル

23_201312291202128dd.jpg


ヴェゼルはガソリンモデルとハイブリッドがあります。
ガソリンモデルは187~212万円、ハイブリッドは219~268万円。それぞれ車両本体価格のみです。
ハイブリッドにこだわらないのでしたら、ガソリンモデルの最上級グレードS(燃費19.2km/L)が212万円からですので、評価の高い上質な内外装をその価格で手に入ると考えればお得な印象。
コンフォートビューパッケージやルーフレール、革巻きシフトやシートヒーターなどが要らないということでしたら、ガソリンモデルの売れ線グレードのXなら201万円からで、しかも燃費も20.6km/Lとかなり優秀。
ハイブリッド4WDのXだと燃費も21.6km/Lとなり、あまりガソリンモデルと変わらなくなってしまいますしね。







■トヨタ 新型ハリアー

29_2013122601281943a.jpg


トヨタの新型ハリアーにもガソリンモデルとハイブリッドがあります。
ガソリンモデルは272~378万円、ハイブリッドは361~447万円とライバルに比べると最も高価。
ガソリンモデルの最廉価グレードでも、ヴェゼルハイブリッドの最上級グレードよりも高いです。
しかし、価格に見合った内外装と質感が備わっており、レクサスにも引けをとらない内外装と全体的なクオリティは、むしろ割安感すら感じてしまいます^^;
比較しているライバルに比べると、クオリティは2ランクくらい上等な車な印象です。




■マツダ CX-5

10_201401092135440fa.jpg


CX-5は、2.0Lと2.5Lのガソリンモデルと、2.2Lディーゼルがラインナップされており、2.0Lガソリンモデルは207~222万円、2.5Lガソリンモデルは253~304万円、ディーゼルは260~342万円。
売れ筋はやはりディーゼルらしく、ディーゼルの2WD、XD L Packageは298万円。
19インチアルミが装備されたり、お買い得感はあるグレードですが、オプションや諸経費などを考慮すると300万円オーバーの価格帯となります。
しかしながら、軽油かつ燃費も良いので、ランニングコストはかなり抑えられます。





■日産 新型エクストレイル

19_201401092128067ba.jpg


エクストレイルは、2014年2月現在では2.0Lガソリンモデルのみの展開。
価格は224~279万円。
豪華なエクステリアの20X エクストリーマーX エマージェンシーブレーキ パッケージ(7人乗り)でも279万円と、ライバルに比べるとやや割安感がありますね。
特筆すべきなのが、エマージェンシーブレーキパッケージが約8万円程度でオプション設定されているのは嬉しいですね。
7人乗りが約7万円増しで選択できるのも割安感があると思います。






■スバル 新型フォレスター

07_20140212004721712.jpg


フォレスターは2.0Lガソリンエンジンですが、ターボとNAのモデルが有ります。
価格はNAモデルが208~274万円、ターボが283~293万円。
こちらもアイサイト代が実質10万円で装備できるのが魅力。
ただ、ターボモデルはハイオク仕様となります。









と言った感じで、それぞれに関して簡単なインプレッションをまとめてみましたが、それらを踏まえて、それぞれに超個人的に10点満点で点数評価をつけるとこうなりました!
(※気分を害する可能性のある方は見ないでください)









エクストレイル 8点
ヴェゼル    7.5点
フォレスター  7点
CX-5      7点
ハリアー    5.5点




あくまで個人的な主観なので怒らないでくださいね^^;



コストパフォーマンスの評価だとエクストレイルがこれまた頑張っていると思います。
そもそもの価格帯が全体的に安いのもありますが、エマージェンシーブレーキパッケージなどの安全装備が安価で導入できるのもプラス評価です。

次点ではヴェゼルがランクイン。
ヴェゼル、全体的に強いですね。
こちらも価格帯がライバルに比べて圧倒的に安価に設定されています。
ベースがフィットというのもあると思いますが、ガソリンモデルならば200万円そこそこで質感の高い内装を手に入れることができます。
反面、ハイブリッドはやや高めの印象となりますが、それでもライバルに比べるとまだ若干割安感もあります。
ハイブリッドの最上級グレードがハリアーの最廉価グレードと同じくらいとなります。

その次はフォレスター
ハイオク仕様のハイパワーターボが経済的かどうかはさておき、ハイパフォーマンスモデルが300万円以下で導入できるのは嬉しいです。
アイサイトも10万円程度の比較的安価で導入できるのも嬉しいです。

同点ですがCX-5も2.2Lディーゼルモデルの売れ線グレードが300万円そこそこで導入できるのが魅力。
軽油で済むのと、燃費自体も18.6km/Lと優秀なのでランニングコストは安く済みそうです。
ディーゼルにこだわらなければ、ガソリンモデルはかなり安価で導入できます。
CX-5は、2.0L、2.5Lガソリンと、2.2Lディーゼルと選択肢が広いのも魅力。

やはり仕方ないことですが最後になってしまったのはハリアー
全体的に価格帯が上で、そもそもラグジュアリーカーのカテゴリーになるくらいのSUVだと思いますので、コストパフォーマンスはあまり問題ではないというか。
それでも、ガソリンモデルの最廉価グレードは270万円そこそこの価格帯で、同価格帯のライバルと比較しても、内外装の質感はライバルを圧倒するレベルにあります。
しかもレギュラー仕様なのは嬉しいです。
一方ハイブリッドは、完全に比較にならないほど価格帯のレンジは上。









といった感じで昨今の人気SUVのコストパフォーマンス比較をしてみましたが、いかがでしたか?

と、これで、エクステリア、内装、ドライブフィール、ユーティリティ、コストパフォーマンスと5項目についての採点が終わりました。



エクステリア編

ハリアー    9点
ヴェゼル    8点
CX-5      7.5点
フォレスター  7点
エクストレイル 6.5点


内装編

ヴェゼル    9点
ハリアー    9点
フォレスター  8点
CX-5      7.5点
エクストレイル 7点


ドライブフィール編

CX-5      8.5点
フォレスター  8点
ハリアー    8点
ヴェゼル    6.5点
エクストレイル 6.5点


ユーティリティ編

エクストレイル 8点
ヴェゼル    7.5点
ハリアー    7.5点
フォレスター  7点
CX-5      6.5点


コストパフォーマンス編

エクストレイル 8点
ヴェゼル    7.5点
フォレスター  7点
CX-5      7点
ハリアー    5.5点




ということで、各項目を合計して50点満点で評価してみた結果がコチラ!!


ハリアー    39点
ヴェゼル    38.5点
CX-5      37点
フォレスター  37点
エクストレイル 36点



おおー!!
かなりの接戦となりました!

ハリアーが1位にいるのは、価格帯が高く、クオリティがライバルより優れていても当たり前と言った中で、価格を取り上げた項目が1つしかなかったのが理由でしょう。
しかし、それを抜いても個人的には評価している1台です。

ヴェゼルはコンパクトSUVの新しい価値観を提案した1台として非常に評価しているクルマです。
惜しまれるのは、せっかく新しい提案のコンセプトに合わない硬い乗り心地のみ!

CX-5はドライブフィールではダントツの評価。その他の項目でも全体的に悪い評価もなく安定したクルマだと思います。

フォレスターも同様に全体的にまじめに作られたクルマで、欠点らしい欠点もなく、ターボモデルの痛快な加速感が印象的でした。

残念ながら最下位になってしまったエクストレイルですが、これはスタイリングなどの項目で私個人の好みの問題も大きく作用してしまった結果です。なので、スタイリングが気に入った方なら、順位は大きく変わっていたと思います。


と言った感じで、5回に渡って人気のSUVを試乗比較インプレッションしてみましたが、いかがだったでしょうか!?

個人でここまで細かくレポートしている人も少ないと思います(笑)
頑張ったなとねぎらいの心をお持ちの方は、広告から見積もっていただくか、拍手ボタンを押してやってください(笑)
大変、励みになりますので。






ということで、新しくSUVなどの新車を購入検討の方、試乗に行ってみようかなと考えている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

非常に参考になりました!
SUV比較の記事すごく参考にさせていただきました。ベンツCワゴンからの乗り換えで「国産SUV」でどれにしようか悩んでた際に何回もblog拝見してました。いい記事をありがとうございます。
最終的にディーゼルへの興味と下取りの頑張りからCX-5を契約して今月納車です。ハイオクから軽油なので経済的にも助かります。
Re: 非常に参考になりました!
クリエさん、コメントありがとうございます。

ベンツCワゴンからSUVに乗り換えなんですね^^
当ブログが参考になったなら幸いです。

マイチェン後のCX-5はすごく良いですね。
間違いない選択をされたと思います^^

コメントの投稿

非公開コメント