佐渡のB級グルメ! ブリカツ丼

佐渡島編の途中ですが、D級グルメを挟んでいきます!

というのも、佐渡のグルメネタです。

佐渡は2010年7月から、新ご当地グルメとしてこちらの丼ぶりをデビューさせました。

D級グルメ08

はたしてその実力やいかに?!






前回のブログで、佐渡に渡った私。

夜通し埼玉から新潟まで車を運転し、殆ど寝てない状態でフェリーに乗ったもののあまり睡眠できず。

小木港についてからは、まず温泉で一汗流したいと思い、近くにあった小木の湯に立ち寄ってみました。

こちらの小木の湯には、食堂も併設されていて、そこで佐渡の新ご当地グルメ「ブリカツ丼」も食べれるとのことで、せっかくなのでいただいてみることにしました!






それがこちら!

12_20130418230513.jpg

「佐渡天然ブリカツ丼」の旗が眩しいです(笑)




そもそも「ブリカツ丼」って何よ?という方に説明。
地場産米粉を使った衣で揚げた「天然ブリのカツ」を、「特製あごだし(トビウオだし)醤油ダレ」にくぐらせて、佐渡産のご飯の上にのせたシンプルなカツ丼、とのこと!

さらにルールが徹底されているらしく、

(1) 正式名称は『佐渡天然ブリカツ丼』とする。
(2) 佐渡産の天然ブリを使用する。
(3) 天然ブリのカツは、5切れ(1切れ約20グラム)とする。
(4) タレは協議会指定レシピの「特製あごだし醤油ダレ」を使用する。
(5) 佐渡市認証米「朱鷺と暮らす郷」(コシヒカリ)の米粉を衣に使う。
(6) ごはんに使用するお米は佐渡市認証米「朱鷺と暮らす郷」(コシヒカリ)とする。
(7) 季節の副菜(香のものでも可)は、なるべく旬の地場産食材を使い、各店が創意工夫して提供する(料理内容は、季節等に応じて、自由に変えても良い)
(8) 季節の汁ものは、なるべく地場産食材を使い、各店が創意工夫して提供する(料理内容は、季節等に応じて、自由に変えても良い)
(9) 『佐渡天然ブリカツ丼』の認証ともなる大漁旗をつける。
(10) 価格は1,200円以下(税込み)とする。

という細かいレギュレーションをクリアしたモノのみが「佐渡天然ブリカツ丼」を名乗れるらしいです。





では気になるそのお味ですが…

11_20130418230459.jpg

こちらの小木の湯のお店で出てきたブリカツは、揚げたてではなく衣はシナシナでした^^;
揚げ置きしてあるんでしょうかね?
(小木の湯でブリカツ丼が食べれるのはランチ限定だそうです)




ブリは脂が乗っていたとしても、やはり魚なので意外と淡白。
いい意味であっさりしたカツ丼なので、朝イチにでも食べれると思います^^

スイカやお吸い物、イカ刺しがついた定食で、レギュレーション最大値の1200円。
うーん、ちょっと高い印象。
これが揚げたてサクサクだったらもっと印象も違っていたかもしれません。

ブリカツ丼は佐渡全域で食べれるお店が何件かありますので、他のお店なら、揚げたてでもっと値段も安いところもあるのかもしれませんね…。


ブリカツ丼については公式HPをご確認ください^^;

佐渡天然ブリカツ丼 公式HP

burikatsu.comってドメインがイカス(笑)




私が食べたのはブリカツ丼がデビューして間もない2010年のこと。
こちらの小木の湯のブリカツ丼も、現在は改良されて揚げたてになっているかもしれません。

もしまた佐渡に行ったら、やっぱりブリカツ丼は食べたいですね。
他のお店のブリカツ丼も試してみたいなぁ。

全国各地のB級グルメ大会などでも食べる機会があるかもしれませんので、その際には試されてみては?





風呂に入って、ブリカツ丼を食べたあとは、さらに佐渡の魅力に迫ります。

それはまた次のエントリーで!







さて、今日のオススメアイテムですが、さすがにブリカツ丼は見つからなかったので、同じくカツ丼系B級グルメをご紹介。

【送料込み】ソースカツ丼【smtb-T】

価格:2,500円
(2013/4/19 00:14時点)
感想(12件)


福井のソースカツ丼、食べてみたい…。






と思ったら、こんなアイテムも発見しました!

福井名物 ソースカツ丼専用ソース

価格:498円
(2013/4/19 00:17時点)
感想(5件)


お惣菜のトンカツに、コレかければイイじゃん!(笑)


関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント