ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスター、試乗比較!ユーティリティ編

さあ、ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスターという昨今人気のSUV試乗比較編の第4弾!!

シリーズも長くなってきていますが、もう少しお付き合いくださいね^^;

前回までは、エクステリア、内装、ドライブフィールと比較してきましたが、今回はユーティリティについて比較してみたいと思います!!


gousei.jpg


室内空間とか、収納とか、居住性に重きを置いてレポートしてみたいと思います。


重ね重ね言いますが、管理人の好みなので、怒らないでくださいね^^;


※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。


 




ということで、毎回恒例ですが各SUVの試乗インプレのまとめのおさらいはコチラ!↓


ホンダ新型ヴェゼル(ベゼル)評価の◯と×。価格は高いか?


新型ハリアー試乗インプレまとめ ハリアーのここが◯!ここが☓!


新型エクストレイル試乗インプレまとめ エクストレイルのここが◯!ここが×!


マツダCX-5試乗インプレまとめ CX-5のここが◯!ここが✕!


スバルフォレスター試乗インプレまとめ フォレスターのここが◯!ここが×!






気になるクルマがある場合は、上記のまとめを見ていただくとして、比較レポートに行きたいと思います!

 
 
 
今回はユーティリティの比較!

それぞれの車について簡単にコメントして、その後に比較していきたいと思います。


■ホンダ ヴェゼル ハイブリッド

04_20131229115902146.jpg

11_20131229120114f9c.jpg


ヴェゼルハイブリッドは、フィットベースと言いながらも、全長などは明らかに長いです。
実際にフィットと比べたわけではありませんが、室内はコンパクトカーという感じもなく、普通のミドルサイズSUVくらいの余裕が感じられます。
フィット譲りセンタータンクレイアウトにより、後席を跳ね上げられたり、荷室も広大だったり、ライバルより小柄なボディながらユーティリティは十分、さらには二重底になっているカップホルダーなど痒いところに手が届く工夫もあります。






■トヨタ 新型ハリアー

80.jpg

21_201312260127527d2.jpg


ハリアーはガソリンモデルだったので、ラゲッジの床下収納も広々としていました。
本体価格帯がライバルに比べて一番高いだけに、ラゲッジの装飾系まで抜かりのない品質でした。
カップホルダーなどの収納にはフタが付いていたり、ホルダーにもちゃんとリッドが付いているなど、まさに抜かりなしの品質。
それでいて、センターコンソールの脇にポケットが付いていたり、収納も十分備えていました。




■マツダ CX-5

03_20140109213523307.jpg

01_20140109213520a59.jpg


ドライブフィールでは一位だったCX-5。
ラゲッジの使い勝手もなかなか優秀でした。4:2:4で分割可倒な後席や、ラゲッジ側からでもレバーひとつで倒せたり、使い勝手も良好。
ラゲッジ底面も低く抑えられていて、積載性も十分。
反面、床下収納スペースはほとんど無く、運転席周りの収納もオーソドックスなレベルです。





■日産 新型エクストレイル

X08.jpg

09_20140109212523dc3.jpg


今までの比較でやや後塵を拝していたエクストレイルですが、ユーティリティは唯一の3列シートがラインナップされており、それだけでもライバルにはない魅力を備えています。
またアウトドアに特化した内装となっているので、防水防汚性能はピカイチ。
エアコンの風を導入して飲み物を温冷できるドリンクホルダーもエクストレイルならでは。
シートヒーターやミラーヒーターなども完備されており、ユーティリティは優秀ですね。





■スバル 新型フォレスター

23_20140212004824a88.jpg

24_20140212004826d8e.jpg


最後はフォレスター。
内外装、走りも質実剛健だったフォレスターは、ラゲッジも質実剛健。
低く抑えられたフロア、オプションでパワーテールゲートも装備できます。
ラゲッジ自体を低く抑えたぶん、こちらも床下収納はミニマム。
運転席周りの収納はオーソドックス。









それぞれユーティリティに関して簡単なインプレッションをまとめてみましたが、それらを踏まえて、それぞれに超個人的に10点満点で点数評価をつけるとこうなりました!
(※気分を害する可能性のある方は見ないでください)









エクストレイル 8点
ヴェゼル    7.5点
ハリアー    7.5点
フォレスター  7点
CX-5      6.5点




あくまで個人的な主観なので怒らないでくださいね^^;



ユーティリティの評価だとエクストレイルが頑張っていると思います。
防水性、防汚性などはエクストレイルならではの個性ですし、シガー電源やUSBなども豊富に装備されている点なども評価。
唯一の3列シートも選択でき、実際の使い勝手はさておき、7人乗りたい人にはエクストレイルしか選択肢が無いわけで、強い利点になります。
質感などとは別ですが、飾らない使いやすさがエクストレイルには備わっていると感じました。



次点ではヴェゼルがランクイン。
質感も良い上に、USB電源や各種ポートも備わっており便利。
小柄なボディとは裏腹に、センタータンクレイアウトならではのシートアレンジで、後席を跳ね上げたり、フラットな荷室に広げたりと自由自在。
ユーティリティは相当高いと思いました。



その次はハリアー
こちらは価格が高い以上の満足度がある内装で、カップホルダーにピアノブラック調のカバーが備わるだけでなく、リッドも付いていたり、使い勝手も良さそう。
また、ポケット類も豊富にあり、USBなども十分に完備。
荷室はフロアは高いながらも後席を倒せば完全フラットにもなり、使い勝手はなかなか良さそう。



フォレスターは、特に不満もないのですが、上位ライバルに比べるとオーソドックスで、ラゲッジやポケット類にも印象に残るギミックや工夫は特にありませんでした。
でも収納に不自由することは無いレベルだと思います。
センターコンソールボックスにある小銭入れは◎です。



最後になってしまったのがCX-5
ラゲッジは十分以上なユーティリティなんですが、運転席周りの収納が素っ気なすぎでした。
ドアポケットも飲み物一つしか入らないし、カップホルダーもリッドもなく、その他特筆する収納やポケット類はありません。
それでも欧州車レベルの収納は確保されているので、特段不自由することはないと思いますが、ライバルが優秀すぎましたね。




といった感じで昨今の人気SUVのユーティリティ比較をしてみましたが、いかがでしたか?

ちょっと長くなりすぎましたので、コストパフォーマンスなど、その他の比較項目はまた別のエントリーで。

最終的には、得点を合計して順位付けしてみたいと思います。




さて、新しくSUVなどの新車を購入検討の方、試乗に行ってみようかなと考えている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント