ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスター、試乗比較!ドライブフィール編

さあ、ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスターという昨今人気のSUV試乗比較編の第三弾!!

今回はついにドライブフィールについて比較してみたいと思います!!

これがまたそれぞれ乗り味が全然違うんです!

gousei.jpg

タイトル画像は手抜きで毎回同じですがご容赦を(笑)


果たしてそれぞれの乗り味がどんなもんで、管理人の好みは一体どれなのか、超個人的主観で比較評価してみたいと思います。

重ね重ね言いますが、管理人の好みなので、怒らないでくださいね^^;


※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。


 




ということで、各SUVの試乗インプレのまとめのおさらいはコチラ!↓


ホンダ新型ヴェゼル(ベゼル)評価の◯と×。価格は高いか?


新型ハリアー試乗インプレまとめ ハリアーのここが◯!ここが☓!


新型エクストレイル試乗インプレまとめ エクストレイルのここが◯!ここが×!


マツダCX-5試乗インプレまとめ CX-5のここが◯!ここが✕!


スバルフォレスター試乗インプレまとめ フォレスターのここが◯!ここが×!






気になるクルマがある場合は、上記のまとめを見ていただくとして、比較レポートに行きたいと思います!

 
 
 
今回はドライブフィールの比較!

それぞれの車について簡単にコメントして、その後に比較していきたいと思います。


■ホンダ ヴェゼル

23_201312291202128dd.jpg

内外装のインプレッションでは個人的に評価の高かったヴェゼルハイブリッド。
しかし、いざ試乗して乗ってみると意外や意外、大人な内外装とは裏腹なものすごく硬い乗り心地。
スポーティとも少し違う、路面の凸凹を見事に全部拾うような硬さ。
一方、パワートレーンは、ハイブリッドとしては後発のホンダですが、なかなか頑張っていると思いました。
エンジン音の質感などは改善の余地はありますが、DCTとのつなぎや回生ブレーキも違和感なく乗れました。
詳しい試乗レポートは、過去記事をご参照ください。





■トヨタ 新型ハリアー

29_2013122601281943a.jpg

こちらも内外装の評価が高かったハリアー。ハイブリッドはまだデビュー前でしたので、ガソリンモデルを試乗。
詳細な試乗レポートは過去の記事をご参照ください。
乗って驚いたのがその静粛性とパワートレーンのマッチング。CVTながらもアクセル開度にリニアに反応し、空走感が抑えられています。
ガソリンモデルなのに、驚くべき静粛性で、ロードノイズもエンジン音も相当静か。
これはレクサスに匹敵するレベルだと思いました。
反面、ステアリングはかなり軽く接地性は薄め。クラウンのように雲の上を滑るような乗り心地です。




■マツダ CX-5

10_201401092135440fa.jpg

試乗したのは2.2Lディーゼルエンジンを積むXDというモデル。
車外にいると、やはりディーゼルなのでカラカラというアイドリング音は聞こえますが、室内での騒音と振動はかなり抑えられています。
同じくディーゼルエンジンのBMW320dなどと比べても、CX-5のほうが騒音振動面では優れていると感じました。
感心したのがアイドリングストップの躾の良さ。止まる時も、始動する時も、騒音振動ともにかなり静かです。
ただ、プラグ着火でないので、再始動時にはアクセルを踏めるまでは若干時間が余計にかかる印象です。
乗り心地も、欧州車のように硬質でいて角の取れた心地良い乗り心地。
ゴルフなどの乗り心地にも似た感じで、国産車ではなかなか味わえないレベルに仕上がっていると思いました。
また、パワー感もディーゼルならではの力強さだけにとどまらず、高回転まで一気に綺麗に回ります。これは気持ちいい。
詳しい試乗レポートは過去の記事をご参照ください。





■日産 新型エクストレイル

19_201401092128067ba.jpg

エクストレイルで試乗したのは2.0Lの直噴エンジンを搭載する5人乗りのモデル。
詳しい試乗レポートは過去記事をご参照ください。
街中をちょっとだけの試乗だったのでその真価を垣間見ることはできませんでしたが、少し走らせて感じたのは、乗り比べをしているライバルSUVの中では、ややフワフワとした乗り心地。
ハンドルも軽めでその印象を強めています。
CVTもやや空走感を伴う従来のテイストに近く、CX-5などとは対極にある乗り心地だと思いました。




■スバル 新型フォレスター

07_20140212004721712.jpg

最後はフォレスター。こちらも詳細なレポートは過去記事をご参照ください。
試乗したのは上級グレードの2.0L DOHC直噴ターボエンジン搭載のモデルです。
まず度肝を抜かれたのは、その痛快極まる加速感。
280psは伊達ではなく、乗り比べをしているライバルの中でもパンチは一番です。
軽く踏んだつもりでもかなり力強く前に出ます。
組み合わされるミッションはCVTですが、CVT特有の空走感などは微塵も感じない爆発的な加速。
CX-5のディーゼル+多段ATよりもパワフルです。
ハンドリングは柔らかめながら、腰高感などもなく、直進安定性もよく、意外にも静粛性も良いと思いました。






それぞれを比較すると

加速感では、フォレスター>CX-5>ハリアー>ヴェゼル≧エクストレイル、といった印象(個人的な感想)。

静粛性では、ハリアー>フォレスター≧エクストレイル>ヴェゼル>CX-5、こんな感じかなぁ…

ハンドリングの硬質感では、CX-5>ヴェゼル≧フォレスター≧エクストレイル>ハリアー、こんな感じでしょうか。

乗り心地の好みでは、CX-5>ハリアー>フォレスター>ヴェゼル>エクストレイル、こんな感じです。





それらを踏まえて、それぞれに超個人的に、乗り心地の好みを10点満点で点数評価をつけるとこうなりました!
(※気分を害する可能性のある方は見ないでください)








CX-5      8.5点
フォレスター  8点
ハリアー    8点
ヴェゼル    6.5点
エクストレイル 6.5点



あくまで個人的な主観なので怒らないでくださいね^^;



ドライブフィールの好みの評価だとCX-5が一位ですね。
ドイツ車のようなカッシリ感と、角の取れた硬さ、これは他のどのライバル車にも無い乗り心地でした。
ディーゼルならではの力強さなのに、NHVもそれほど気にならないレベルにまで抑えこまれ、なおかつ高回転まで気持ちよく回るエンジンには脱帽です。
しかし、ロードノイズやどうしてもディーゼル特有の音質や振動も伴うので、やや減点して8.5点。


フォレスターはやはりなんといっても加速感が一番印象強く、それだけで個性が頭ひとつ出ている感じがします。
また、乗り心地や静粛性も意外なほど優秀で、食わず嫌いで乗ったこと無い方は一度試乗してみることをオススメしたいほど。
ただ、ハンドリングやブレーキのタッチは意外と軽く、もっと重めのほうが好みでした。


ハリアーは、上位2台とはまったくキャラクターが異なり、コンフォートの方向に思い切り舵を切った乗り味。
それはそれで個性として際立っており、圧倒的な静粛性で、騒音振動面ではダントツに一位です。
ハンドリングは軽めですが、アクセルに対するリニア感はCVTらしからぬ躾けがなされており、ブレーキも良い感じです。


ヴェゼルは内外装はとても大人の上品さと新しさを融合した良さがあったのに、乗り心地は二昔前のスポーツカーのような硬さで驚きました^^;
これも好みに合う方なら問題ないんだと思いますが、個人的にはCX-5のような角の取れた硬質感だったら相当評価が高かったんですけどねぇ…


またまた最後になってしまったのがエクストレイル^^;
街中の短時間試乗なので、オフロード性能などを評価できてないのですが、フワッとした乗り心地、軽めのハンドリング、CVT的な加速感は、正直好みではありませんでした。
これまた好みの問題なので、こうした乗り味が好きな方には一位な車だと思います。





といった感じで昨今の人気SUVの試乗ドライブフィール比較をしてみましたが、いかがでしたか?

ちょっと長くなりすぎましたので、ユーティリティやコストパフォーマンスなど、その他の比較項目はまた別のエントリーで。

最終的には、得点を合計して順位付けしてみたいと思います。




さて、新しくSUVなどの新車を購入検討の方、試乗に行ってみようかなと考えている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント