ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスター、乗り比べ評価!内装編!

さて、先日書いた最近の人気SUVの比較試乗レポートです!

素人でこんだけ試乗している人もなかなか居ないでしょう(笑)
プロではの自動車評論家じゃありませんが、メーカーから広告費などをもらっていないぶん、屈託ないレポートをしたいと思います!!(笑)

ヴェゼル・ハリアー・CX-5・エクストレイル・フォレスターなど購入検討されている方の参考にしていただければと思います。

gousei.jpg

今回はインテリア編!

価格もそれぞれ若干違いますのでそれに伴う質感の差などもあると思いますが、価格に見合った質感という観点でインプレッションしてみたいと思います。




※例によってインプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。

 

まずは、各SUVの試乗インプレのおさらいを読んでみたい方はコチラ!↓


ホンダ新型ヴェゼル(ベゼル)評価の◯と×。価格は高いか?


新型ハリアー試乗インプレまとめ ハリアーのここが◯!ここが☓!


新型エクストレイル試乗インプレまとめ エクストレイルのここが◯!ここが×!


マツダCX-5試乗インプレまとめ CX-5のここが◯!ここが✕!


スバルフォレスター試乗インプレまとめ フォレスターのここが◯!ここが×!






気になるクルマがある場合は、上記のまとめを見ていただくとして、それら5台のSUVの比較をしていきたいと思います!
 
 
 
今回は内装のインプレッション比較!

それぞれの車について簡単にコメントして、その後に比較していきたいと思います。


■ホンダ ヴェゼル

22_20131229120211dc4.jpg

06_20131229115932e48.jpg


ヴェゼルの内装は非常に好印象です。今までの国産車になかったようなおしゃれで質感高い内装に仕上がってます。
特にジャズブラウンという明るい茶色はとても好みです。
ドアトリムやダッシュボードにも革っぽいソフトパッドがあしらわれ、センターコンソールもグロス処理されたパネルも質感高いです。
電気式のパーキングブレーキや、ブレーキホールドまでついて、まさにクラスを超えた装備も魅力





■トヨタ 新型ハリアー

76_20131226115530b4c.jpg

09_2014010921342108e.jpg


ハリアーの内装には正直驚かされました。というのも私はレクサス車に乗っていますが、それと乗り比べても遜色ないどころか、一部ではレクサスよりもいいと思える部分も
特にディープボルドーという濃い茶色のコンビネーションカラーは他にない魅力を持っていると思いました。
静電式のタッチパネルやピアノブラック調のセンターコンソールなど、いかにも高級な車に乗っている感の演出がうまいです。
所有した時の満足度が高い一台だと思いました。





■マツダ CX-5

14_20140109213639d2c.jpg

20_20140109213726887.jpg


CX-5の内装は、エクステリア同様にシンプルながらも質感はなかなか高いです。
黒を基調に、スイッチ類の照明には赤を使うなど、まさに欧州車さながら
組み付け精度もよく、シンプルながら飽きのこないデザインに仕上がっていると思いました。





■日産 新型エクストレイル

13_2014010921270010b.jpg

10_20140109212524444.jpg


エクストレイルの内装は、これまた初代の直線基調のインテリアとは決別し、曲線基調となった有機質なデザイン
インパネにピアノブラック調なブラックパネルを使ったり、ダイヤルにもシルバー調のパーツがあしらわれるなど、タフなギアというよりは、普通に質感が高い車な印象。
先代までの個性であった、防水仕様などアウトドア用途への対応は今まで通りで、しかしながら道具感は薄れさせた感じに仕上がっています。
飲み物を温めたり冷やしたりできる、エアコンの風が当たるドリンクホルダーはセンターコンソールに移設され、フタがなくなりました。
今回比較しているライバルの中で唯一3列シートが選べるのも魅力。






■スバル 新型フォレスター

22_20140212004823033.jpg

18_20140212004759ee7.jpg


フォレスターの内装は、水平基調なデザインで、一昔前のフォルクスワーゲンのような印象。
シンプルでいて、でも全体の印象は悪く無いです。
CX-5の内装もシンプルで欧州車の雰囲気でしたが、フォレスターはプラや樹脂のパーツのマテリアルが違うのか、内装デザインはゴルフっぽくても印象は国産車の佇まいな気がします。
上位グレードにはアルミペダルがついたり、スポーティな雰囲気もあります。
ベースグレード以外に装備されるマルチインフォメーションディスプレイが大型で好印象





という感じで、それぞれ車種の簡単なインテリアインプレッションをしましたが、それぞれに超個人的に好みで10点満点で点数評価をつけるとこうなりました!
(※気分を害する可能性のある方は見ないでください)








ヴェゼル    9点
ハリアー    9点
フォレスター  8点
CX-5      7.5点
エクストレイル 7点


あくまで個人的な主観なので怒らないでくださいね^^;



内装の個人的な評価だと、新しい価値観にチャレンジしているヴェゼルが好印象。
質感もクラスレスに高く、価格的にもガソリンモデルならばハリアーよりも100万円近く安い価格帯からスタートとなり、コストパフォーマンスは高いです。


続いては、やはりハリアー
これらライバル車と乗り比べても2ランクぐらい上等な車に乗っている感があります。
価格もライバルに比べると高めとなるので、そのあたりは同率ながらヴェゼルのほうが順位が高く評価しました。


続いてはフォレスター
シンプルなのはCX-5と同様なんですが、センターに配置された高解像液晶のマルチインフォメーションディスプレイがイイですね。
デザインも水平基調でシンプル。飽きの来ないデザインに、ケレン味のないマテリアルで悪くない仕上がりです。


CX-5は、欧州車ライクなインテリアは好きなんですが、シルバー調の加飾も少なく、樹脂パーツが多いので、もうちょっと遊び心があっても良かったかなぁと。
後発のアクセラはかなり質感が良く装飾もセンスが良かっただけに、もっとイケるはずだ!と期待しちゃいます^^;


またも最後になってしまったのがエクストレイルですが、これもまた好みの問題ですね^^;
シフトノブがちょっと古臭く見えてしまったり、クリアブラックパネルを使っているんですが、密度感がなく寂しく見えてしまったり…。
ドアトリム周りもややプラスチッキー。
これなら、初代エクストレイルのような道具感のある内装にしたほうが良かったような気もしてしまいます。




といった感じで昨今の人気SUVの内装インプレッションの比較をしてみましたが、いかがでしたか?
あくまで個人的な好み&感想ですので、絶対的な評価ではありませんのでご了承ください。
乗る人が変われば、評価も異なると思いますので、ご自身が良いと思われた車が良いのだと思います。




今回もまた長くなってしまいましたので、乗り心地などの比較レポートはまた次回以降で…。




さて、新しくSUVなどの新車を購入検討の方、試乗に行ってみようかなと考えている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…







2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント