2014年 新型CT200h試乗しました!元オーナー目線の評価は?!

当ブログでも数回に渡ってレポートしてきた2014年にビッグマイナーチェンジしたレクサスのCT200h。

ディーラーに寄ったついでに、ついに試乗させてもらいました!!
これまた改めていろいろと驚きましたよ…。

18_2014020301114877a.jpg

展示してあったのはエクシードブルーのF-Sport。
試乗車はVer.Cでした。


今までも結構写真をお届けしましたが、また改めて撮り下ろして来たので、内外装のインプレッションからお届けしたいと思います!


※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口なコメントが含まれる可能性がありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





まず最初に、今まで当ブログで書いてきたCT200h関連の記事も貼っておきますね。


レクサスCT200hマイナーチェンジ!旧オーナーも嫉妬する新型?!


CT200h 2014年ビッグマイナーチェンジモデル見てきました!1


CT200h 2014年ビッグマイナーチェンジモデル見てきました!2



あと、まだレクサス車に乗ったことのない方へ向けて、レクサスの魅力をご紹介。

レクサスISに見る、車雑誌に載らないレクサスの魅力







と、過去記事の紹介はこのくらいにして、展示されていた新型CT200hのF-Sportを見てみましょう。

17_20140203011147095.jpg

エクシードブルーメタリック<8U1>がカッコいいです。
レクサスは塗装の品質が良いのも魅力です。
カタログなどではなく、このエクシードブルーメタリックも実車で見ていただきたい美しさでした。




ちなみに価格はこんな感じです。

16_20140203011145c33.jpg

レクサス車はナビやG-Bookなどのサービス、メンテナンスまですべて込みで売られているのでお高めの価格設定となりますが…

こちらのFスポーツは、車両本体421万円に、本革シート、ムーンルーフ、ブラックルーフなどのオプションが56万円ほどプラスされた価格です。





今までも散々写真はお届けしているので、もっと詳細に見たい方は、↑に挙げた過去記事をご参照ください。

ホイールは新デザインになりました。

02_201402030109596cb.jpg

Fスポーツ、Ver.Lともに17インチです。
色合いが異なります。




今回から、CT200hにもエアロスタビライジングフィンが備わっています。

04_20140203011002fa5.jpg

先日見たヴォクシーにまで付いてましたね。
ちなみにカローラにもついてます。
よっぽど効果が高いんだと思います。



Fスポーツに73500円で専用オプション設定のブラックルーフ。

03_2014020301100105e.jpg

これはこれでユニークな感じになってよろしいかと思います。

Fスポーツには大型のルーフスポイラーが付きます。



されに、塗装されたリアバンパースポイラーが付きます。

01_2014020301095710b.jpg

旧型のモデリスタやTRDみたいな、かなりアグレッシブなデザインですね。
ちなみに、マフラーは見えません。そしてナンバー灯がついにLEDになりました!





インテリアもざっくりと見てみましょう。

15_20140203011130265.jpg





ドアの内側はこんな感じ。

06_2014020301110371f.jpg

スイッチ類には特に変化はなし?
内張りにツートンが選べたり、その辺りは凝った作りに変わっています。




運転席周りはこんな感じです。

05_20140203011004660.jpg

シンプルでボタン類のタッチや質感も高いのがCT200hのインテリア。
個人的にはとても好きです。




今回からステアリングがISと同じものになりました。

14_20140203011129249.jpg




インパネやセンターコンソールはこんな感じ。

19_20140203011150e1c.jpg

旧型のオーナーだからわかりますが、各所にメタルパーツがあしらわれたり、質感はかなり向上しています。





先代の不満だった、アームレストが標準装備になってます。

10_2014020301110911a.jpg



先代にはオプションで後付できるものが有りましたが、ちゃんと台座自体が繰り抜かれたようになっており、別物です。

11_20140203011124410.jpg






また、新型には高精細のマルチインフォメーションディスプレイがFスポーツとVer.Lに付きます。

13_2014020301112746b.jpg



最近の車には当たり前に付くようになってきているので、ベースグレードやVer.Cにも標準装備にしてもらいたいところ。

12_20140203011126e9b.jpg

ISではクルーズコントロールやワイパー感度などの情報も表示されますが、CTでは表示されないかも?
イグニッションONになってないと表示されないのかな?未確認です。





オーナメントパネルのウェッジメタルもデザインが変わりました。

09_201402030111078de.jpg

ひんやりとした質感が、以前のものよりクオリティ高く感じます。




グローブボックスはこんな感じ。

08_201402030111063cd.jpg

CTは収納はミニマムです^^;
ちなみにレクサス車にはETCは標準装備です。




後席もちょっとだけ見てみましょう。

07_20140203011104f08.jpg

こちらはあまり変化なしです。
後席のアームレストも付きませんでしたね。
足元は言われるほど狭くはないと思います。





と言った感じで、新型CT200hの内外装のインプレッションをお届けしましたが、いかがでしたか?
エクステリア、インテリアともにグッと質感が高くなっていて、旧型の元オーナーとしては嬉しいやら悲しいやら複雑な気持ちです(笑)

しかし、新型CT200hの進化は、見た目だけには留まらなかったのでした…。

次回、試乗編につづく!





新型CT200h、いかがですか?
気になる方は、ぜひお近くのレクサスディーラーまで。
レクサスのディーラーは敷居が高い!と思っている方、意外とそうでもないのでご安心ください(笑)
それでも飛び込みは難しい…という方には、レクサスのホームページからネットで試乗予約すると良いと思います。
私も最初はそうでした^^



さて、CT200hをご検討の方、レクサスは値引きが原則ありませんので、良い条件を引き出すにはディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

レクサスの場合、車両本体からの値引きは無くても、下取りの条件UPが実質値引きに相当することが多いからです。

軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント