新型オデッセイの評価、ココがダメ! 試乗インプレまとめ&値引き情報も!

2013年の秋にデビューしたホンダの新型オデッセイ

最近になって街中でも見かけるようになり、意外とカッコいいなぁという印象になってきました。

そこで、新型オデッセイを試乗した関連記事を、改めてまとめてみたいと思います。

09_20131109154009da8.jpg

まとめるだけでは芸がないので、今回も新型オデッセイの×メリット・デメリットをざっくりまとめてみたいと思います。



※例によって記事内の評価・評判・インプレッション・口コミはあくまで個人的な感想です。一部辛口なコメントが含まれますので、気分を害する可能性の有る方はご遠慮ください。




ご了承いただける方のみ続きをどうぞ↓






ニューモデル速報 486 新型オデッセイのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥480から
(2014/4/1 18:18時点)







試乗したのは、オデッセイ・アブソルートEXというグレード。
18インチを履くスポーティなグレードです。




まずは試乗する前に新型オデッセイのエクステリアのフォトインプレッションです。

新型オデッセイ 試乗してきました。 エクステリアインプレッション

05_2013110915393501a.jpg





つづいては、新型オデッセイのインテリアも見てみましょう。まずは前席周りから。

新型オデッセイ 試乗してきました。 インテリアインプレッション1

23_201311102336147f9.jpg





そしてリアシートも。

新型オデッセイ 試乗してきました。 インテリアインプレッション2

17_20131110233523a89.jpg





そしてお待ちかねの新型オデッセイ試乗レポート編

新型オデッセイ試乗インプレッション ホンダらしい乗り味?

20_20131110233527190.jpg





以上、ワンダー速報でお届けした新型オデッセイ関連記事をまとめてみました。

ココからは新型オデッセイのメリット・デメリットをざっくり箇条書きにしてみたいと思います!



◯メリット

・エリシオンと統合し、迫力が増してアグレッシブになったエクステリア
・格段に広くなった室内空間
・低床化により、ライバルに対して低い全高にも関わらず、高い室内高
・2列目、3列目の快適性は抜群
・Lクラスミニバンとしてはトップクラスの好燃費(アブソルートFF8人乗りで14.0km/L!)
・ロールの少ないかっちりとした乗り味
・ベースグレードは270万円そこそこという値頃感



×デメリット

・先代の乗用車ライクなワイド&ローなスタイリングから決別
・ミニバンとしては硬い乗り味(アブソルートのみの印象)
・インテリアの質感はライバルには一歩劣るか
・売れ線グレードにすると350万円を超え価格のアドバンテージはあまり無い



と言ったところでしょうか。

先代の乗用車ライクなスタイリングから大きく変わった外観は、広い室内空間と引き換えにスタイリングがミニバンチックになりました。
それを良しとするか、前のほうが好きだったかは、個人の好みなので置いておきましょう。

格段に広く使いやすくなった快適な室内空間と、多少硬めではあるもののミニバンらしからぬスポーティな乗り心地は、他にはないオデッセイのキャラクターです。


ハイブリッドも今後控えているので、それも期待ですが、ライバルとして考えられるヴェルファイアの2.4リッターエンジン搭載モデルはJC08で10.8km/L、オデッセイは同じ2.4リッターですがアブソルートFF8人乗りで14.0km/L燃費もメリットになります。


最近では、街中で見かけることも増えてきて、個人的には意外とカッコいい!というのが印象です^^


実際に目にして興味を持たれる方も増えてきそうな新型オデッセイですが、気になる方はお近くのホンダディーラーまで^^




さて、デビュー間もない新型オデッセイですが、値引きもそろそろ拡大してくる頃でしょうか…?

値引きのコツとしては、他社の競合車種を検討していると伝えることと、ホンダでも販社が違うディーラーを競合させるという手もあります。

販社とは、「ホンダカーズ◯◯◯ △△店」の◯◯◯に当たる部分が販社になりますので、◯◯◯の部分が違うお店で競合させることで値引きの条件が変わる可能性が高いです。


あと、忘れてはいけないのが、購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前・もしくはディーラーで見積もりとった後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…





2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド










オデッセイの動画がありましたので、共有しておきますね!










ご興味ある方はどうぞ^^








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント