新型ハリアーの評価、ここがダメ! ハリアー試乗インプレまとめ

2017年追記!
内容を2017年2月時点のものに一部修正しています!

トヨタの新型ハリアーに試乗したり、写真を撮ったり、記事もかなり蓄積してるので、それのまとめ記事です。

それにプラスして、新型ハリアー◯と☓、メリット・デメリット評価を簡単にまとめてみたいと思います。

02_20140109213358adc.jpg

ちなみに試乗した新型ハリアーは、ガソリンモデルのエレガンスという中級グレード。
カラーはスパークリングブラックパールクリスタルシャイン。
こちらのカラーはメーカーオプション31,500円が別途かかります。


ハリアー関連の記事も今後も随時更新していきますので、ハリアー関連の記事は以下の「ハリアー関連記事一覧」でチェック!

ハリアー関連記事一覧

↑当ブログのハリアーの最新情報もお見逃しなく!




※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 
 
 
トヨタハリアー関連の記事をまとめました!

新型ハリアーのガソリンモデルに試乗した時のインプレッションです。

トヨタ新型ハリアー試乗しました! ガソリンモデルは価格以上の満足度?!

05_20140109213416b78.jpg




トヨタ新型ハリアー試乗しました! まずは内外装をチェック!

01_20140109213356d7f.jpg



ハイブリッドモデルにも試乗しました!↓

トヨタ ハリアーハイブリッド試乗しました!やっぱり新型ハリアーは評判イイ!

20140409232416708_201702261048181e8.jpg


そして、次は昨年末にお台場メガウェブで展示してあった新型ハリアーを見てきた話です。
こちらも大量に写真撮ってきましたねぇ。

新型ハリアー インテリアインプレッション この内装は評価できる!

51_2013122611483043f.jpg




新型ハリアー、試乗してないけど写真いっぱい撮ってきました。エクステリア編2

39_20131226013053b0d.jpg




メガウェブに展示してあったハリアーの内外装を画像大量でインプレッションした記事です↓

新型ハリアー、売れるのも納得。じっくり見てきました。エクステリア編1

33_20131226013013af7.jpg




2013年の東京モーターショーでもハリアーの写真を山ほど撮った時の記事です↓

トヨタ 新型ハリアー 見てきました。 エクステリアインプレッション

H24.jpg




トヨタ 新型ハリアー 見てきました。 インテリアインプレッション

H23.jpg



そして!
当ブログの人気記事となった、ハリアーとレクサスNXの比較記事です↓

新型ハリアーVSレクサスNX どっちがいいの?!徹底比較!【1】エクステリア編

新型ハリアーVSレクサスNX どっちがいいの?!徹底比較!【2】インテリア編

01_20140109213356d7f_20140924121351c6c_201702261051512eb.jpg



と言った感じで、当ブログの新型ハリアー関連記事のまとめです。
ハリアーに興味がおありの方は見ていただければ幸いです。



さて、販売も絶好調、大量のバックオーダーを抱えているという新型ハリアー
そんな新型ハリアーですが、私が散々見たり試乗したりして、メリット・デメリットを個人的主観で書いてみたいと思います。



◯メリット

・レクサスにも引けをとらない質感の内外装
・明確なコンセプトでプレミアム感がわかりやすい
・静電式タッチパネルなど先進の電装品
・先代よりもコンパクトになり取り回し性向上
・それでいて室内空間は先代より広い
・270万円からのガソリンモデルの買い得感
・高い静粛性
・雲の上を滑るような乗り心地
・ガソリンモデルはCVTとのマッチングもよくトルクフル
・レギュラーガソリン仕様




☓デメリット

・ふわふわとした乗り味で後席は酔いやすい
・ロードインフォメーションに薄い軽すぎるステアフィール
・高い純正ナビ
・ハイブリッドは500万前後となり、レクサスNXに迫る価格
・安全装備が1世代古い
・電動パーキングブレーキがない



といったところでしょうか。
メリットとしては、質の高い内外装が一番に挙げられるでしょう。
ハリアーという車の持つブランド力はさすがで、「ハリアー買った」と言えば多くの人は「立派な車買ったね!」という印象を抱くでしょう。
レクサスにも引けを取らない内装クオリティは、乗る人を豊かな気持ちにさせてくれます。
わかりやすい高級感の演出は周囲からの評判も良いでしょう。

一方でデメリットとしてはデビュー当時は良かったものの、安全装備が1世代古いものになってしまっている点(2017年時点)、ふわふわとした一昔前のクラウンのような乗り味は、安楽な車を好む方には良いかもしれませんが後席では酔いやすいです。また、ハイブリッドではレクサスNXに迫る価格帯になってしまうのも割高に感じます。

一方で、割安なガソリンモデルでは静粛性や乗り心地も十分なので、動力性能を重視しない方には自信を持っておすすめできる一台だと思います。
ベースグレードでも内外装の質感や、静粛性の満足度が高く、270万円そこそこという値付は、ヴェゼルやエクストレイル、CX-5の上位グレードよりもヘタすると安いくらいになります。

それらの車と比べると、内外装の質感は上、格段に所有する満足度は高いように思えました。


29_2013122601281943a.jpg



カッコよく高級感のあるエクステリアはガレージに置いておいても誇らしい気分になります。
乗りこめば質の高い内装で、同乗者にも歓迎されるでしょう。
見てよし乗ってよしのハリアーを検討中の方は、お近くのトヨペット店へ足を運んでみてはいかがでしょうか^^

ということで、新型ハリアーの購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前・もしくはディーラーで見積もりとった後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…





2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント