日産 新型エクストレイル試乗しました。 内装の評価はいかに?

2013年の12月にデビューしたばかりの日産新型エクストレイルに試乗してきましたよ、って話の第二回目!

今回はまず内装のインプレッションをお届けしたいと思います。

販売も3週間で1万台オーバーと絶好調みたいですね。

17_20140109212804640.jpg

東京モーターショーでも見てきた新型エクストレイルですが、今回は試乗も交えてじっくり見てきましたので、それをお届けしたいと思います。


今回もまたワンダー速報ならではの、マニアックな視点で写真を撮ったりしてきたので、購入を検討されている方の参考になれば幸いです。



※追記:エクストレイル関連記事まとめました↓

日産 新型エクストレイル試乗しました。 まずは内外装をチェック!エクステリア編

日産 新型エクストレイル 試乗しました。意外とイイかも!





※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓




 

ニューカー速報プラス NISSAN 新型 X-TRAIL(エクストレイル) (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス)

新品価格
¥802から
(2014/4/7 17:35時点)





 
 
 
 
ではさっそく新型エクストレイルのドアを開けて乗り込んでみましょう。

13_2014010921270010b.jpg

新型エクストレイルはすべて2.0L直噴エンジンで、ベースグレードの20S、中級グレードの20X、上位グレードのエクストリーマーXという3グレード展開ですが、試乗車は20Xという中級グレードのブリリアントホワイトパールという白でした。

20X以上に、3列シートの設定が可能ですが、試乗車は2列シートモデルでした。




ドアを開けて中を見た時の第一印象は、個人的には初代の直線的なイメージが強かったので、だいぶ有機的で曲線的なデザインになったなぁと思いました。





ドアの内側はこんな感じ。

12_201401092126595d1.jpg

メッキパーツなども少なく、同価格帯のライバル車に比べると質感的には少々物足りない気もしなくも無いです。





運転席を見てみましょう。

11_20140109212657a26.jpg

ハンドルも含めて、かなり曲線を多用した有機的なデザイン。





ハンドルはこんな感じです。

06_20140109212519fcf.jpg

20Xには本革巻きステアリングが付いてきます。





メーターはオーソドックスな2眼タイプですが、奇をてらうよりも見やすいと思います。

05_20140109212315513.jpg

メーターには高精細液晶のマルチインフォメーションディスプレイが付いてくるので、質感は高く感じました。




インパネも見てみましょう。

10_20140109212524444.jpg

曲線で構成された有機的なインパネ。
20X以上にはインテリジェントキーがついてくるので、プッシュ式のエンジンスターターになります。





ナビとエアコン周り。

07_20140109212520ccd.jpg

クリアブラックの表面に、ダイヤルにもメッキパーツがつくなど、構成される部品に質感は結構イイですね。
しかし、このグロス処理のなされたブラックパネルはホコリと指紋が目立って常に綺麗にしておかないと逆に汚く見えてしまいますね…




インパネの下とのことにはトレイがあり、USBポートとシガーソケット電源があります。

04_20140109212314014.jpg





エクストレイルと言えば、先代まではエアコン吹き出し口についたドリンクホルダーで、飲み物を温めたり冷やしたり出来たのですが、今回はエアコン吹き出し口にはドリンクホルダーはありません。

その代わりに、センターコンソールにあるドリンクホルダーにエアコンの風が当たるようになっているみたいです。

09_20140109212523dc3.jpg




センターコンソールボックスはこんな感じ。

08_2014010921252142d.jpg

シガーソケットはここにもついてます。





後席も見てみましょう。

03_201401092123134fe.jpg

足元は結構広いですね!
シートバックポケットは前席両席とも付いています。




リアドアの内側はこんな感じです。

01_201401092123106f0.jpg

肘置きはソフトパッドになっていて質感は悪くないです。
ドアポケットに飲み物も置けます。




身長173cmの私が運転席に座ったあとのシートポジションですが、後席足元はかなり広々としています。

02_20140109211305657.jpg

エアコン吹き出し口がセンターコンソール後端にあります。
シート表皮は防水性で、アウトドア用途には重宝しそうです。





後席アームレストにはドリンクホルダーも完備。

21_20140109213355727.jpg

ラゲッジは撮りそこねました^^;





と言った感じで、日産の新型エクストレイルのインテリアを見てきましたがいかがでしたか?
個人的な感想としましては、先代までの面影とは決別しましたが、有機的かつ機能的なインテリアだと思いました。
質感も悪く無いです。
すごく印象に残るかと言えば、そこまでではありませんが、使い勝手や全体のタッチなどは問題なくクリアされており、普段使いなどでは便利に使えると思います。

後席も広いですし、3列シートも選べますので、アウトドアに多人数で行くには、ミニバンよりもエクストレイルのほうが便利で楽しいかもしれませんね^^




さて、実際の販売状況ですが、営業マンさん曰く、販売は絶好調だそうです。
気になっていたエクステリアの先代からの変化ですが、先代オーナーさんからも「カッコいい」という評判でかなり好評なんだそうです。



エクストレイルの動画がありましたので、共有しておきますね。



ご興味ある方はどうぞ。


と言う感じで日産の新型エクストレイルのインテリアを見てきました。

ちょっと長くなってしまったので、試乗編はまた次のエントリーで。



エクストレイルはデビューしたばかりで、値引きなどはまだあまり期待できそうにありませんね。

競合車種として想定されるのが、最近デビューして話題のホンダのヴェゼルや、マツダのCX-5などでしょうか。
トヨタの新型ハリアーも最安グレードは270万円くらいからなので、こちらも入ってくるかもしれません。


他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

ディーラーでの下取り見積もり額を買取店に伝えると、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札形式にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札方式で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…







2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!












関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント