スズキ新型軽自動車ハスラー 試乗しに行きました! ラゲッジの使い勝手も評判イイ!

当ブログでも人気コンテンツになっているスズキのブランニュー軽自動車!HUSTLER(ハスラー)試乗記!
その第三回目です。

前々回はエクステリアのインプレ、前回は前席のインテリアを中心にお届けしました。

05_20140105205504949.jpg

今回は後席とラゲッジを中心にお届けします。



テレビCMも頻繁に流れているので気になっている方も多いのでは?

しかし、このハスラーはヒットする要素をかなり含んだモデルですね…。


今回も、ワンダー速報ならではの、マニアックな視点の写真を撮ってきましたよ。
画像大量でお届けします!



※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 

タイトルは「試乗しに行きました!」ですが、試乗車のナンバー取得が間に合っておらず、見るだけでしたというのは、前回も書いたとおりです^^;
あしからず^^;

さて、今回はハスラーの後席を見てみましょう。

ハスラーの前席とエクステリアのインプレは、過去の記事をご参照ください。



ハスラーの後席のドアを開けてみましょう。

26_20140105205637438.jpg

前席ドアポケットにはドリンクホルダーがありませんでしたが、後席ドアポケットには飲み物が収納できるようになっているみたいですね。




ハスラーの後席の足元はかなり広大!

27_201401052056526d3.jpg

ちょっとびっくりするくらい広いです。

後席も160mmのスライド機構を備えているそうで、↑の状態で一番後ろまで下げています。




前にずらすとこんな感じ。

28_20140105205654f98.jpg

ラゲッジに物を入れたいときなどは、後席を前にずらすのもアリですね。




では、そのラゲッジも見てみましょう。
一番後席を後ろにずらした状態だとこんな感じ。

32_20140105205712e12.jpg

これだと積載量はミニマムですね。
右に見えるネットはオプションだそうです。




で、先ほどのように、後席を160mm前にずらした状態がこんな感じ。


29_201401052056554af.jpg

これだとそれなりのラゲッジスペースとなります。





後席を前に倒せば、フラットで広々としたラゲッジスペースとなります。

31_20140105205658125.jpg





遊び心と実用性を考慮してか、水汚れに強いような素材になっています。

30_20140105205657311.jpg

オプションで、車中泊できるようなフラットになるマットがあったり、外からの目隠し用カーテンがあったり、かなり遊べそうな一台です。




ラゲッジ下はどうなっているかとめくってみると、収納はありませんでした^^;

33_20140105205714249.jpg

発泡スチロールむき出しのパンク修理キット。
この辺は割り切りを感じますが、むしろ潔いですね。




と言った感じで、スズキの新型モデル、ハスラーを見てきましたがいかがでしたか?

個人的な感想としては、かなり面白い一台だなと。

例えば、奥様の車として軽を検討しているご家庭があったとしたら、奥様よりも旦那さんが飛びつきそうなギミックがいっぱいというか(笑)
男心くすぐられる何かがありますね。

エクステリアも、カラーリングによっては可愛くもあり、ジムニーを彷彿とさせる渋い感じにもなったりと、これまた個人の好みによって選べる仕様になっています。

オプション類も相当数用意されていて、カスタマイズする楽しさもありそう。

このハスラー一台で済ませるのもオシャレですし、二台目として所有するにも満足度の高い一台になると思います。

その際に気になるのが価格ですね。
売れ筋となりそうな最上級のXや中間のGは、Xの2WDのNAでも136.9万円から、Gの2WDのNAで121万円から。
ナビやらなんだかんだ装備して、コミコミで150万~160万くらいはしてしまいそうですね。

そうなってくるとリッターカーのフィットやらも選択しに入ってきますし、これまた悩ましいところ。

しかし、個性的な内外装と、商品力の高さはピカイチなので、他車と比較するよりも指名買いが多いのではないかと予想されます。

ライバルになりそうなのは、ホンダの軽、N-oneとかでしょうか。



ということで、人気爆発の予感がする、このスズキのハスラーに興味を持たれた方、試乗や購入しようと思っている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…







2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント