レクサスNX 価格最新情報!オーダー&納期情報も!

2014年6月20日加筆!
レクサスNXで検索して来られる方がこちらのページに着地されることが多いので、こちらにも情報を加筆しておきますね!


レクサスNXの記事も随時更新されていきますので、過去の記事や今後の新しい記事もまとめてNX関連記事一覧でご確認ください。

NX関連記事一覧

NXの最新情報は↑の一覧でチェック!



2014年4月20日!ついに北京モーターショーでレクサスNXが発表になりました!!

どこよりも詳しく、レクサスNXを深堀りしてマニアックに見てみたいと思います!!

写真や動画も新たに公開されましたので、それらをシェアしながら、当ワンダー速報でも公開された情報を整理してお伝えしたいと思います!


NX02_20140420192709dcd.jpg

今までレクサスといえば、先進装備で他メーカーに後れを取っていて、ヒエラルキーに捉えられた先進設備の出し惜しみが感じられる部分が多かったですが、このレクサスNXはそういった出し惜しみが一切感じられず、今トヨタが持っている先進技術を惜しみなく注ぎ込んできた感じがします。

これは商品力が高そうな戦略的モデルになりそうです。

どんな装備が付いたのかというと…


↓続きをどうぞ。
 
 
 


 
 
 


さあさあ話題のレクサスのブランニューモデル、レクサスNXですが、いろいろと情報がわかってきました!

まず、気になるサイズですが、

全長4630mm×全幅1845mm×全高1690mm、ホイールベース2660mm


だそうです!

1850mmのマンションのパレットに、ぎりぎり入るか入らないか…と言ったところです^^;

うちのマンションのパレットにはもしかしたら厳しいかもなぁ。
1840mmのGSは入ったので、ホイールをガリる覚悟があれば入庫可能かもしれませんが(笑)


NX03_201404201927091f7.jpg


今回の公開にあわせていくつかレクサスNXの公式ムービーが公開されていたので、こちらも共有いたします!



実際に動いているレクサスNXを見ても、カッコいいですね!




そして、NX200tの新たな情報もわかってきました!

NX200t.jpg

以下、レクサスHPから一部抜粋してご紹介しますと…

LEXUS初の2.0ℓターボエンジン8AR-FTSを採用。
水冷式エキゾーストマニホールド一体シリンダーヘッド+ツインスクロールターボチャージャーを採用し、ターボ用直噴技術D-4STや、可変角を拡大した連続可変バルブタイミング機構VVT-iWなど、新技術を数多く採用し、優れた走行性能と環境性能を両立。


とのこと。
さらに、

新開発のターボエンジンに合わせて6速オートマチックトランスミッションも新たに開発しました。
走行状態に応じて必要なエンジントルクを算出する駆動力オンデマンド式の新制御ロジックを採用することで、ターボエンジンのトルクを最大限に活用し、アクセル操作に対する優れたレスポンスを実現し、爽快な加速感と低燃費を両立します。


ということで、ミッションに関しては今までの6速ATと同じでしょうか。
ここは新たなブレイクスルーは無かったみたいですね。残念。

しかし、

アイドリングに伴う燃料消費を抑えるアイドリングストップ機能ストップ&スタートシステムを、LEXUSとして初採用するとともに、世界トップレベルのエンジン再始動のレスポンスを実現します。

とのことで、レクサスのガソリンモデルで初、アイドリングストップが採用されました!!
パチパチパチ~☆

しかも、世界トップレベルのエンジン再始動レスポンスとのことで、期待せずにはいられませんね!!


こちらの新開発エンジンの出力も判明!

最高出力 175kW[238ps]4,800~5,600rpm
最大トルク 350N・m[35.7kgf・m]1,650~4,000rpm


となかなかのハイスペックです!


ちなみにハイブリッドのNX300hの方は、システム最高出力 145kW[197ps]としか書いてませんでした。ミッションはCVTです。





さらにハンドリングに関しても情報公開が有りました。

NX04_20140420192729ace.jpg

路面からのわずかな入力にも作用することにこだわった新開発ショックアブソーバーの導入で、操縦安定性と乗り心地を両立します。また、ショックアブソーバーの減衰力を最適に電子制御するAVS*は、新たに30段階まで可変制御の範囲を拡大した新型を採用しました。

とのこと。
ISでも評判のよいAVSですが、NXには新型のAVSが採用されるみたいです。
公式HPはFスポーツの写真でしたが、AVSがFスポ以外にも採用されているとイイですねぇ。




また、IS以降で採用されているレーザースクリューウェルディングや構造用接着剤も、このNXに採用されているそうです。
ISではそのボディ剛性にも定評がありますので、こりゃレクサスNXのボディ剛性にも期待できそうですね!




さらにムービーもまだまだ公開されていましたので、こちらも共有しておきます!



このムービーの中で気になった点を見てみましょう!

まずしょっぱなで気になったのは、レクサスNXではウインカーがL字型のポジションランプ内で光っています!

NX05_20140420195035b98.jpg

厳密には光る部分は少しずらしてあるんでしょうけども、デザイン的にはレクサスのデザインアイデンティティであるL字型のランプがターンシグナルランプとして光るのはとても良いですね。

NX22_201404202044470df.jpg
NX21_20140420204445a97.jpg

デザインが整理されて好感が持てます。





さらに気になったのが、マルチインフォメーションディスプレイ。

NX06_201404201950370bd.jpg

マルチメディア連携機能を採用したマルチインフォメーションディスプレイには、レクサス初のGセンサー表示や、ターボのブースト圧表示などもできるそうです。
今までのマルチインフォメーションディスプレイより更に進化した感じですね。







別のムービーも公開されてますので、そちらも共有いたしますね↓



これまたレクサスNXには今までにない装備が導入されてますね。







今までドアミラーの下にウェルカムランプが付いていましたが、レクサスNXではドアハンドルにイルミが付くみたいです!

NX07_201404201950386cc.jpg

↑わかりにくいですが、ドアハンドルの内側が光ってます。





今回、レクサスNXではドアミラーが新しいデザインに変わりました。
というのも、レクサスはRXを除いてLSからCTまで同じデザインのミラーが採用されているので。

NX14_20140420195101b0e.jpg

メッキパーツもあしらわれるなど、非常に質感高いミラーだと思います。
また、ボディ同色ではなく黒などの違うカラーリングがなされているのも注目ですね。
もしかしたらF-Sportのみカラードドアミラーになるかもしれませんが。

ミラー下に突起がありますが、カメラが内蔵されてるんですかね。
こういったSUVには、左側下を見る補助ミラーが法律的に必須となりますが、RXではカメラが標準となっていたので、NXもそうかもしれませんね。

ちなみにハリアーだと、最上級グレードのみカメラ内蔵ミラーで、ほかはミラー下に補助ミラーが付いてました。





さらに気になったのが、新型のリモートタッチです。

NX16_20140420205533622.jpg

タッチセンサー部分全体が押し下がるタイプです。
私が以前モーターショーで触らせてもらったのは、表面が若干たわんで押せるタイプでしたが、仕様が変わったみたいですね。
もしくはレクサスRCにはそのタイプが採用されるのかもしれません。

どちらにせよ、使い勝手は非常に良さそうです!





そしてさらなるトピックとしては、ヘッドアップディスプレイがカラーです!

NX08_20140420195039f32.jpg

NX09_201404201950417ea.jpg

先日書いたブログで、メーターフードの上の座布団みたいなパーツは何だろ?と書いてましたが、やはりヘッドアップディスプレイのようです。
こちらはおそらくオプション設定かVer.Lに設定など差別化されると思いますが、ガラスに直接投影されて、しかもカラーなのでとても見栄えが良いですね!

同じく夏にデビューするメルセデスの新型Cクラスもカラーヘッドアップディスプレイを導入していますが、それに引けをとらない装備が採用されたことは嬉しく思います。




さらに、今回のトピックとしては、タッチタイプのルームランプになっているそうです。

NX23_20140420211656be6.jpg

Capacitive Touch Switchesとありますが、タッチセンサー式のルームランプみたいです。
LEDになってるのが嬉しいです。




つづいては、パノラミックビューモニターという、いわゆる日産のアラウンドビューモニターみたいなものがオプションで用意されるみたいです。

NX10_20140420195054e4e.jpg

角度を変えてみたり、回してみたりいろいろ出来るみたいです。

車両前後左右に搭載した4台のカメラの映像を継ぎ目なく合成し、シフト操作と連動して真上から見たような映像としてナビゲーション画面に表示し、さらに車両の前後進行方向の左右から近づいてくる歩行者などを検知して知らせる左右確認サポート付を採用しているとのこと!
結構すごいですね。



次に、パワーリアシート!

NX11_20140420195055888.jpg

これもレクサスNXが初じゃないですか??
電動で、リアシートが倒れたり起き上がったりしてくれます。
ラゲッジからシートを起こすのって面倒でしたが、これで痒いところにも手が届きますね!

パワーテールゲートもあるみたいなので、RXを超える贅沢装備がNXには備わり、ヒエラルキーを完全に打開したモデルとなりそうです。

もっとも、2015年末に予定されているというRXのフルモデルチェンジには、NXを超える装備が付くことでしょう。







そしてそして!!

ついにGS以下のグレードにも全車速対応のクルーズコントロールが導入されました!

NX12_20140420195057f29.jpg

全車速追従機能付レーダークルーズコントロールを採用することで、先行車を認識判断します。適切な車間距離で停止状態まで追従走行制御を行うことで、ドライバーをサポートします。

とのこと!
今や欧州ではゴルフを始めいろんな車種で採用されているので、レクサスの中間グレードにも導入されて良かったです。




そして、最後にレクサスNXの開発ストーリームービーもアップされていましたので、それも共有いたします↓



う~ん、アツい!
イイですね!NX!

このムービーの中でも言っているように、NX200tのマフラーカッターはカッコいいですね!

NX15_20140420205532c4f.jpg




反面、NX300hのマフラーカッターは隠されるデザインになっています。

NX20_20140420205739052.jpg

それでもIS300hのリアよりは質感高く見えます。
羨ましい(笑)





やはり戦略的モデルのようで、今までのレクサス車にも無い先進装備が惜しげも無く投入されているようですね。
実際、昨今人気のコンパクトSUVの中では、一番尖ったスタイリッシュなデザインだと思いますし、先進装備的にも最先端を行っているモデルだと思います。
これは売れるでしょうね…






さらに、新しく公開されたビジュアルを見てみましょう!


インテリアの一部ですが、マテリアルは非常に高そうですね!

NX17_20140420205535be4.jpg

ドアトリム上部は合皮のような素材でステッチ付きとなり、新型ハリアーを彷彿とさせるデザインですが、その下の部分はどうなんでしょ。
ハード樹脂じゃないといいなぁ…。




リアシートも公開されていました!

NX18_2014042020573683a.jpg

この写真で見ると、足元空間もかなり広々として見えます。
センターコンソール後端にはエアコンのアウトレットも付きますし、リアドア内側にはツイーターのような小型スピーカーも見えます。



パワーリアシートが装備される(オプションか?)ラゲッジも、なかなか広いです。

NX19_201404202057387bb.jpg

フロアの高さは結構高めな気がしますが、ハイブリッドモデル以外ではラゲッジ下にも収納が備わるでしょう。








そして!レクサスNXの価格はこちら!

NX200t(2.0L直噴ターボ) 

・ベースグレード 428万円 (AWD 454万円)

・i-package  442万円 (AWD 468万円)

・Version L  492万円 (AWD 518万円)

・F-Sport  492万円 (AWD 518万円)





NX300h(2.5Lエンジン+ハイブリッド)

・ベースグレード 492万円 (AWD 518万円)

・i-package  506万円 (AWD 532万円)

・Version L  556万円 (AWD 582万円)

・F-Sport  556万円 (AWD 582万円)




それぞれ、NX300hはNX200tの64万円高で構成されています。

AWDはそれぞれ2WDの26万円高です。





そして次に、気になるオプションもそれぞれ書き出してみましょう。

全車速レーダークルーズコントロール&
プリクラッシュセーフティシステム(PCS) 64,800円

ヘッドアップディスプレイ(HUD) 125,280円

三眼L字型フルLEDヘッドライト 75,600円

オートマチックハイビーム(AHB)&レーンデパーチャーアラート(LDA) 37,800円

パノラミックビューモニター 108,000円

パノラミックビューモニター&ブラインドスポットモニター(BSM) 151,200円

クリアランスソナー&バックソナー 43,200円

後席電動リクライニング&電動格納機能 54,000円

ムーンルーフ 108,000円

パノラマルーフ 108,000円

アクセサリーコンセント(AC100V・100W) 8,640円

マークレビンソンプレミアムサウンドシステム 254,880円

NAVI・AI-AVS 108,000円

パワーバックドア 54,000円

バンブーor縞杢 オーナメントパネル 93,960円




と、皆さんが気になっていそうなオプションをざっくりまとめてみました。
これ以外にもメーカーオプションはまだありますが、詳しくはレクサスディーラーでご確認ください^^;




そして、みなさんが気になっているであろうレクサスNXのデビュー時期についての最新情報のおさらいです。
私が聞いた情報ですと、発売時期は7月29日で決定っぽいです。



発売日や見積り状況など、2014年6月現在の最新情報などはNX関連記事一覧でチェック!↓

NX関連記事一覧






納車は早くて8月のお盆明けくらいか?との噂。これも未確認情報ですので詳しくはレクサスディーラーにてご確認ください。




ということで、そろそろ商談し始める方も出てくると思いますので、レクサスNXなど、今後車の購入をご検討の方は、試乗などで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくに人気車種だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方はコチラもおすすめですよ↓^^








自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数社が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます。
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^




ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^


今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^









関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
あいさつが遅れました。
新年あけましておめでとうございます。

毎日更新、頑張ってますね~。
そろそろ間があくかと思っていても、きちんと詰めてくるあたり流石です。
Re: No title
てーさん、昨年は大変お世話になりました!
今年もよろしくお願いいたします^^

なんとか毎日更新続けられています^^;
そろそろ限界かもしれませんが、丸一年までは頑張ろうかなぁ…
それまでに落とす日が来るかもしれませんが^^;
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 質問
コメントありがとうございます^^

撮影機材ですが、こちらのエントリーも参考になさっていただければと思います。

http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

東京モーターショー関連は、車内以外はCanonEOS7Dを使って撮っています。
狭い車内はPanasonic GF1に14mmパンケーキレンズつけて撮っています。

食べ物などはGF3に20mmパンケーキレンズをつけて撮ることが多いです^^

参考にしていただければ^^
Re.質問
ありがとうございます。参考にします。
Re: Re.質問
はい^^

今後ともよろしくお願いいたします^^
また何かありましたらいつでもどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント