ホンダ ヴェゼル(VEZEL・ベゼル)ハイブリッド試乗レポート!乗り心地の評価は…?

前回からの続きです。


ホンダの新モデル、VEZEL(以下ヴェゼル)に試乗させていただきました!

当ブログのアクセスキーワードでぶっちぎりの一位となっているので(2014年1月現在)、こりゃ私も試乗しなくてはと行ってきました。

前回はヴェゼルの内外装のインプレッションを数回にわたってご紹介しましたが、今回はようやくヴェゼルの試乗インプレッション。


ちなみに前回はコチラ↓

ホンダ 新型ヴェゼル(ベゼル)試乗しました!クラスを超えた上質感!


果たしてヴェゼルのドライブフィールの評価は…

18_201312291201491d1.jpg


ヴェゼル関連の記事も今後も随時更新していきますので、ヴェゼル関連の記事は以下の「ヴェゼル関連記事一覧」でチェック!

ヴェゼル関連記事一覧

↑当ブログのヴェゼルの最新情報もお見逃しなく!




※記事内の評価・評判・インプレッション・口コミはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。




さっそくヴェゼルに乗り込んでみましょう。

ドアを開けて乗り込んだ際のインプレッションは前回詳しく書いているのでそちらを参考にしていただきたいのですが、まず思ったのが、手に触れる部分の質感が高いこと。

普段レクサスISに乗っていますが、それから乗り比べてもヴェゼルは不快に感じる部分は少なかったです。

内外装の質感の高さは、ヴェゼルのポイントの一つですね。




プッシュ式の始動ボタンを押してシステム起動。

試乗車のヴェゼルはハイブリッドですが、水温が低くバッテリーの充電量が低いとエンジンがかかるのはトヨタのTHSⅡと同様。

エンジンがかかっている時のエンジン音と振動は、それなりに入ってきます。
音質はオデッセイなどでも感じた、ややザラザラとした音質。

電気式のシフトレバーをDレンジに入れ、これまた電気式のパーキングブレーキをリリースして走り始めます。

20_20131229120152dd2.jpg

シフトだけでなく、パーキングブレーキまで電気式なのは非常に良いですね。




ブレーキをリリースしても、クリープは弱め。
ヴェゼルはデュアルクラッチトランスミッション(DCT)を採用しているので、クリープは弱めなのかもしれません。

と思ったら、充電と水温が十分になった時にEV走行で走りだす時には、クリープももっと前に進む感じがしました。
おそらくエンジンで走り始める時とEVで発信する時の出方に違いがあるっぽいです。
ちょっと違和感を感じましたが、慣れで解決できるかもしれません……がちょっと注意が必要かも。




ディーラーを出て、道路に出ますが、まず感じたのは「硬い!!」ってこと。
乗り心地がとにかく硬いです。

最近乗った車の中ではダントツに硬いです。
路面の細かな凹凸まで拾い、かなりゴツゴツとした乗り味。
SUVはもっとふわっとゆったりとした乗り味なのかと想像していただけに、かなりのギャップにびっくりしました。

同乗した営業マンに「かなり硬いですねー」と言うと、ホンダはスポーティな乗り味だから、とのことでした。


たしかに、後日試乗した日産の新型エクストレイルはもっとフワフワした乗り心地だったので、乗用車ライクな乗り味を好まれる方は、このヴェゼルのほうがしっくりくるかもしれません

ただ、欧州車的な内外装で、大人がしっとりと乗るのに良いかな、と期待していたんですが、固めの乗り味はちょっとギャップを感じました。

D14.jpg


やや荒れた舗装路を走ると、まるで空気圧をパンパンにしたタイヤのような硬さを感じる、ザラザラゴツゴツとした路面の振動が伝わってきます。
同時にロードノイズは結構聞こえてきます。これも下ろしたての試乗車だったので、タイヤが一皮むければ改善されるかもしれません。

でも、街中を一周走っているうちにだんだんと自分の体のほうが慣れてきたので、もしかしたら体が慣れれば気にならないのかもしれませんし、車自体の走行距離がこなれてくると、もっと柔らかさを感じるようになってくるかもしれませんね。





ハンドリングは、スポーティという感じは特にせず、交差点を曲がる際にも若干普段の感覚より切り増しが必要だったのでロック・トゥ・ロックがクイックってわけでもなさそう。
ただしロールを伴うようなフンワリとした腰高感は感じませんでしたので、その点では良いかと思います。

ウインカーのクリック音などはコチコチと心地良い音質です。オデッセイより良いです。
ワンタッチウインカーと呼ばれている、軽くウインカーを入れると3回の点滅があります。
これは欧州車ではお馴染みですね。
日本車で導入しているのは珍しいと思います。
これもヴェゼルのプラスポイントですね。



さて、街中をしばらく走っていると、水温とバッテリーの問題が解消されEV走行となりました。
ホンダは三代目フィットから完全にEV走行ができるハイブリッドシステムとなりました。
このヴェゼルでも同様のシステムとなっています。



実はホンダのこの新世代のハイブリッドシステムに乗るのは初めて(アコードハイブリッドはシステムが違います)。
トヨタ(レクサス)のTHSⅡを二台乗り継いでいる私のインプレッションをさせていただきたいと思います。


一番期待していたのは、DCTが組み合わされたハイブリッドシステムだということで、DCTというとフォルクスワーゲンのDSGの印象が強く、ダイレクト感のあるシフト感が魅力です。

ホンダの7速DCTは初めてでしたが、やはり先程も書きましたがエンジン自体のクリープは弱め。
踏み込んでもその躾は意外と穏やかで、ゴルフやA3、A1などのDSGと比べると力強さやダイレクト感という面ではちょっと弱めの印象です。
ただ、シフトチェンジ時のショックなどはほどんど無く、まだフィット以来出たばかりなのにかなりシステムの熟成度は高いと思いました(フィットでリコールなども起きているみたいですが、ヴェゼルでは不明)。
普通のATと考えれば必要十分の性能だと思います。
それでいて燃費には貢献しているので素晴らしい。
今後のさらなる成熟にも期待です。



バッテリーと水温の条件が揃えばエンジンは走行中でも停止します。
やはりハイブリッドはこうでなくちゃ!って感じですね^^
EVのトルクはTHSⅡから乗り比べても大差ないような感じです。
特に弱いわけでも強いわけでも無いと思います。

07_20131229115933e8e.jpg


ただ、私自身がホンダのハイブリッドインジケーターには慣れておらず、どこまでアクセルを踏めばエンジンがかかってしまうのか把握できませんでした。
EV走行を駆使して燃費を伸ばすのは、もしかしたらTHSⅡのほうがやりやすいのかもしれません。
これも慣れで解決できるかもしれませんが。

回生ブレーキ特有のヒューンという音などは、THSⅡより目立たなかったような気がします。
ブレーキの特性も違和感なし!普通に乗れます。




走っていて気になったのが、オデッセイの時もそうでしたが、タコメーターがメモリ式で見づらいです。
これも慣れるかもしれませんが、スピードメーターを挟んでハイブリッドインジケーターとタコメーターが離れているのでちょっと視点の移動が多い気がしました。
まあTHSⅡはメーター内に両方表示させることが基本的にはできないので、その点ではホンダのほうがハイブリッドインジケーターとタコメーターを両方見れて良いかもしれません。




停止状態からのスタートでは、EVだけで発信しようとしてもわりとすぐにエンジンもかかってしまいます。
リチウムイオン電池だからといって、ものすごくトルクフル、という印象もなく、モーター自体の個人的体感としてはCT200hと同じくらいか、もう少しおとなしめな印象。
今乗っているIS300hのほうが、モーター単体での走行の自由度とトルクもあります(当たり前ですが)。




ヴェゼルに試乗した後に、エクストレイルやハリアーも試乗して改めてヴェゼルの良さに気づいた部分もありました。
それはやはり、ある程度の硬さは感じるものの、腰高感がなく乗用車ライクにキビキビと走る、という点です。
エクストレイルやハリアーなどはもう少しふんわりゆったりした乗り味でしたので、コンパクトかつキビキビと走るヴェゼルを好まれる人も多いかもしれないなぁというのが、改めて感じています。



と、やや辛口なインプレッションになってしまいましたが、それだけヴェゼルは車としての期待値が高いということです。
ヴェゼルは内外装の質感がとても高く、先進装備も惜しげも無く投入されていて商品力は非常に高い車だと思いました。

とくにインテリアのデザインと質感は、昨今の日本車の中では個人的にはかなり評価が高いです。

ハイブリッドとしては普段トヨタ方式のハイブリッドを乗っている自分でも違和感なく乗れましたし、DCTとはいえギクシャク感も皆無で、かなり洗練されていると感じました。

たとえちょっとくらい足回りが固くても、内外装の高い質感や先進装備、そしてハイブリッドの燃費を考えると、とても商品力が高いクルマだと思います。

ハイブリッドでなかったとしても、それは同様です。



気になるのはこのヴェゼルの価格ですが、ガソリンモデルの一番安いグレードで187万円から。
ハイブリッドでの一番安いグレードで219万円から。

FFならば、ナビや本革シートなど全部入りで279.5万円
真ん中くらいのグレードでも240万円そこそこでしょうか。

これを安いととるか高いととるかは個人差があると思いますが、これまた「むむむ…」なお値段ですね。

250万から300万前後の価格帯となると、アクセラの2.0Lや、ゴルフ7、ボルボのV40なども競合価格となってきます。
また、新型ハリアーのガソリンモデルのベースグレードも270万円そこそこからのスタートですので、そことも競合するかもしれませんね。

とはいえ、私を始め、このヴェゼルに興味を持っている方も結構いるみたいです。

実際、営業マンもまったくノーマークだったのに、販売は好調らしく、納期的にもバックオーダーを抱え始めているみたいです。



そんなホンダの新型車ヴェゼルの動画がありましたので共有しておきますね。



ご興味ある方はどうぞ。



ホンダヴェゼル値引きのコツとしては、他社の競合車種を検討していると伝えることと、ホンダでも販社が違うディーラーを競合させるという手もあります。

販社とは、「ホンダカーズ◯◯◯ △△店」◯◯◯に当たる部分が販社になりますので、◯◯◯の部分が違うお店で競合させることで条件が変わる可能性が高いです。


あと、忘れてはいけないのが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド









2016年6月追記!

ホンダ ヴェゼルとマツダCX-3との比較記事を追加しました!
ヴェゼルとCX3の比較対決記事はコチラ↓

マツダCX-3(CX3) VS ホンダヴェゼル!比較対決!個人的評価はどっちだ!?【前編】

マツダCX-3(CX3) VS ホンダヴェゼル!比較対決!【中編】走りの評価は?

マツダCX-3(CX3) VS ホンダヴェゼル!比較対決!【後編】価格の評価は?

VS_20150314111700c3b.jpg

上記記事も併せてどうぞ^^








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
はじめまして。

私もこの車が気になっています。
カタログ等には1.5直噴エンジン+HVで2.0相当のパワー、
ネットなどでは、0-100がCX5 2.2と同等、などの書き込みを見ます。

排気量に対して車重はやや重めな部類だと思うのですが、上記のような
謳い文句に疑いない程度の加速や力強さは、体感としてありましたでしょうか。

短時間での街中試乗とは思いますが、主観で構いませんのでよろしくお願いします。
Re: No title
コメントありがとうございます。

ご質問にあるCX5を、私は未試乗なのでなんとも申し上げにくいのですが、0-100が同じならばそうなのかもしれませんね。
1.8L+HVで2.0L相当を謳っていたCT200hに以前乗ってましたが、CT200hはその前に乗ってた1.6Lのゴルフ5相当か加速の伸びはそれよりもちょっと劣る印象でした。
CVTの印象もそれを助長してたのかもしれません。
ヴェゼルに乗った印象は、街中ではCT200hと同じくらいのトルク感、加速は7速DCTなのでCVTよりは力強い印象になるかもしれませんが、全開加速を試してないので、なんともコメントはできないです(^_^;)
普通に乗っている分には過不足を感じることはなかったので、2.0L相当と言われるとそのくらいなのかもしれません。
もしご購入などを検討されているのでしたら、ぜひ一度ご自身で試乗なさってご確認ください^_^
ヴェゼルとCX-5
ヴェゼル4WDを本命,フィット4WDを対抗,短穴CX-5として消費税増税前の納車を前提に発注すべく市場を繰り返し,結論としてCX-5を選択し発注しました。フィットの4WDには試乗できておりません。FF車のみです。本命には2日に亘り、私が試乗コース3周妻が2周フィットFF1周しました。ほぼヴェゼルに決定して納期を確認すると4月になる由、CX-5を最後に乗って消費税増税後となってもヴェゼルかCX-5かを決定すると言ってディーラをでました。結果として大トルクとリニアな加速,ディーゼルと思えぬ静かで滑らかな加速,オーソドックスで落ち着いたインテリアが決めてとなり,持つとも高価なCX-5を発注しました。ヴェゼルのエンジンがもっと静かで滑らかであれば,一日早く決断していたでしょう。私が最も気になったのは、スポーツモードでエンジンが4000rpmでシフトアップするのですが,ギア比が小さすぎるのかエンジン音は高まるのにスピードは付いてこない,ただ五月蝿いだけと最悪の印象でした。HVモードでは五月蝿いとは思わなかったので,単にエンジンのせいではないと思います。恐らくフィットRSのエンジンと同一と思われます。HVとしてのバランスも室内の広さも考慮してフィットの方がWellバランスと思います。4WD性能も未知ですし,トランクの広さとスタイルはウェゼルのアドバンテージを認めますが,FIT4WDの方が期待できるのでは?と思われます。
Re: ヴェゼルとCX-5
コメントありがとうございます^^
先日アクセラの試乗にマツダに行ったとき、ヴェゼルの話になりましたが、CX-5のライバルとして見ていると言っていました。

ヴェゼルはとても商品力も高く、見た目も質感もいいと思ったのですが、走りの質感だけはちょっと劣っている感じがしないでもないです。
でもハイブリッドという唯一無二の価値がありますので、どこをトレードオフするかですね。
CX-5はとても良いという噂と評判を聞きますので、一度試乗してみたいです。

実はFITはまだ試乗してません^^;
こちらもいずれは試乗してみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント