ホンダ ヴェゼル(ベゼル)ハイブリッド試乗しました!クラスを超えた上質感は好評価!

ホンダの新型車「ヴェゼル(ベゼル・VEZEL)」、あまりの人気ぶりに私も驚いています。

実際に前回記事にした際に、ヴェゼルのことを調べていくうちに、かなりの先進装備を採用していて興味が深まった一台でした。
人気に後押しされて、私もヴェゼルの試乗に行ってきました!

23_201312291202128dd.jpg

内外装の個人的な評価はかなり好印象!!
今回もまたしこたま写真を撮ってきましたので、それも交えてヴェゼルを試乗したインプレッションもしてみたいと思います。

雑誌やネット記事、他の人のブログでは見ないようなマニアックな写真も満載でお届けするのがモットーです(笑)

実際に見て触れて乗ったホンダの新型モデル、ヴェゼルはいかがなもんでしょうか…



ヴェゼル関連の記事も今後も随時更新していきますので、ヴェゼル関連の記事は以下の「ヴェゼル関連記事一覧」でチェック!

ヴェゼル関連記事一覧

↑当ブログのヴェゼルの最新情報もお見逃しなく!




※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。





このヴェゼルの試乗車の「ミスティグリーンパール」はCMでも使われているイメージカラーでしょうか。
こういった深い緑を広報カラーに使うのは珍しいと思いますが、欧州車ライクな内外装によく合っていて、ホンダのやる気を伺えますね。

ちなみにこのカラーはオプションで別途36750円かかります。




ヴェゼルのドアミラーはSUVらしくかなり大型なものが付いていました。

08_201312291159343e7.jpg

ヴェゼルはグレードによってはリバース連動で下に角度が変わるドアミラーにもなるそうで、そのあたりは上級グレードの装備相当ですね。







ヴェゼルのエクステリアの特徴とも言える、リアドアのハンドルを隠したデザイン。
このデザイン処理によってクーペのような見え方をしてスポーティです。

09_20131229115936471.jpg

ヴェゼルは大きくうねって上昇するキャラクターラインが躍動感を演出していますね。




ヴェゼルのリアもちょっとだけ見てみましょう。

13_20131229120117e82.jpg

営業マンさんがそばにいたのであまりヴェゼルのエクステリアの写真は撮ってません^^;




リアハッチをあけると広大な荷室が現れます。

12_201312291201165b7.jpg

ヴェゼルはフロアが低いおかげでかなり高さ方向にも余裕があります。
これはフィットベースであるためのセンタータンクレイアウトが効いてます。




後席を倒せば、もちろんフルフラットになります。

11_20131229120114f9c.jpg

この辺りの使い勝手は、さすがホンダ。
ライバルの追随を許さないセンタータンクレイアウトのメリットですね。




ヴェゼルハイブリッドなのでバッテリーも搭載されていますが、ちょっとした床下収納まで完備。

10_20131229115938a68.jpg

収納はいくらあっても困りませんからね。





ではそろそろヴェゼルの運転席に乗り込んでみましょう。

22_20131229120211dc4.jpg

インテリアのカラーは、ブラック。
ジャズブラウンと言われる明るい茶色の内装パネルも選べるそうで、個人的にはそっちを見たかったなぁ。

参考までに東京モーターショーで撮った、ジャズブラウンを見たい方は以下のリンクを参照のこと。

ホンダVEZEL(ベゼル・ヴェゼル)見てきました。2

↑のジャズブラウンの写真はやや明るめに撮れているので、実車をご確認いただくか、あとは公式HPもご覧ください。




ヴェゼルのドアの内側はこんな感じ。

21_20131229120209777.jpg

スイッチ類の質感はクラス相応でしたが、肘置きにはソフトパッドが用いられていたり、メッキパーツがドアハンドル周りにあったり、クラスレスの質感の高さを感じました。




ハンドルはこんな感じ。

18_201312291201491d1.jpg

最近のホンダのハンドルデザインですが、個人的には丸を貴重にしたぬめっとしたデザインはあまり好きではありませんが、質感は悪くない気がします。この辺は好みの問題です。




メーターも昨今のホンダのデザインに沿ったカタチ。

07_20131229115933e8e.jpg

オデッセイやアコードのようなアッパークラスには若干ケレン味を感じてしまいましたが、このヴェゼルくらいのクラスではちょうどマッチしている気がしました

ヴェゼルは高精細のマルチインフォメーションディスプレイも完備。
ただし、走行中はタコメーターとして機能していました。
他の表示も出来るのかもしれませんが。



ヴェゼルの室内のルームランプはなんとLED
このクラスでLEDまで採用とは嬉しいですね。



良いなと思ったのはインパネのデザイン。

06_20131229115932e48.jpg

ジャズブラウンだったらもっと印象が良かったと思いますが、デザインもかなり好みです。
エアコン操作も静電式のタッチパネル
最近このタイプの操作系も流行ってきましたね。




上級グレードには標準装備のホンダインターナビ。

05_20131229115903cdd.jpg

3年間は、通信を使ったマップ更新無料、半年おきに全地図の書き換えも店頭でやってくれるそうです。
ナビ画面は静電式のタッチパネルで、スマホライクにフリックや拡大などもできるみたいです。
ハリアーと同様の機能ですね。




エンジン始動はプッシュスタート式

17_2013122912014787a.jpg




助手席前のダッシュボードの質感もソフトパッドを使っていてかなり好評価でした。

19_201312291201505ea.jpg

メッキパーツも使うなど、高級感の演出もやりすぎてなくてちょうど良いです。
先日試乗した新型オデッセイなんかよりもずっと上質で洗練された印象です。





ヴェゼルのセンターコンソールも見てみましょう。

20_20131229120152dd2.jpg

ヴェゼルのクリアブラックで塗装されたセンターコンソールはデザイン、質感共に好印象。

写真は撮っていませんが、コンソール下にも物置スペースがあり、USB端子2個やHDMI端子なども完備。
機能的にもかなり使い勝手が良さそう。




ヴェゼルの特徴的な電気式シフトレバー。

16_20131229120146374.jpg




パーキングはボタン式。

02_20131229115859276.jpg




ヴェゼルのパーキングブレーキは電気式!!
レクサスですら足踏み式が多い中、ホンダがこのクラスで電気式ブレーキを導入してきたのは業界的に技術浸透が進む可能性もあり大歓迎ですね。

01_2013122911585826f.jpg

リリースは、スイッチで。


それ以外でも、信号待ちの間にブレーキをホールドしてくれる機能もあり、かなり先進装備が惜しげも無く投入されている感が有ります。



細かいところですが、関心したのがドリンクホルダー

03_20131229115900b4f.jpg


仕切りの位置を変えられたり、深さを2段階で変えられたり出来ます。


04_20131229115902146.jpg

ペットボトルや缶ジュースによって浅すぎたり深すぎたり取りにくことも有りますが、これなら問題解決ですね!
こうした細かい配慮はありがたいです。




ヴェゼルの後席も見てみましょう。

リアドアの内側はこんな感じ。

14_201312291201193c4.jpg

ちゃんとソフトパッドを使ってたと思います。




リアシートはそこそこの広さ。

15_201312291201201dc.jpg

後席の跳ね上げやフォールダウンが出来るウルトラシートもフィット同様。
センタータンクレイアウトのなせる技です。






と言った感じで、ホンダのヴェゼルの内外装インプレッションをお届けしました。

感想としましては、今までのホンダとは違う何かを感じました。
コスト削減や、木目調パネルを多用した表面的な豪華さとは違う質感の高さで、かなりの好印象。
まさに欧州車ライクな質感を感じました。

それでいて静電式のタッチパネルや電気式パーキングブレーキ、ブレーキホールドなど先進装備もてんこ盛り、さらにはセンタータンクレイアウトでユーティリティも万全。

USB端子やドリンクホルダーなど痒いところにも手が届き、ポテンシャルは国産車の中ではひょっとしてピカイチなんではないかと思ったり…。




ヴェゼルの試乗動画がありましたので共有しておきますね。







ご興味ある方はどうぞ。



ホンダヴェゼル値引きのコツとしては、他社の競合車種を検討していると伝えることと、ホンダでも販社が違うディーラーを競合させるという手もあります。

販社とは、「ホンダカーズ◯◯◯ △△店」◯◯◯に当たる部分が販社になりますので、◯◯◯の部分が違うお店で競合させることで条件が変わる可能性が高いです。


あと、忘れてはいけないのが、購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前・もしくはディーラーで見積もりとった後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^

かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド









2016年6月追記!

ホンダ ヴェゼルとマツダCX-3との比較記事を追加しました!
ヴェゼルとCX3の比較対決記事はコチラ↓

マツダCX-3(CX3) VS ホンダヴェゼル!比較対決!個人的評価はどっちだ!?【前編】

マツダCX-3(CX3) VS ホンダヴェゼル!比較対決!【中編】走りの評価は?

マツダCX-3(CX3) VS ホンダヴェゼル!比較対決!【後編】価格の評価は?

VS_20150314111700c3b.jpg

上記記事も併せてどうぞ^^








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

VEZEL
どきっ、ちょっと前に読んでいると相当参考になっていました、残念?

斯くゆう私も、昨日ホンダ販売会社に行って、「今契約しないと、納期が間に合わない、この条件で・・・」、その夜の来訪でハンコ押印しちゃいました、初めてのところで一発契約は、我ながら軽薄?嫁さんには「試乗もせんと、大丈夫?」とあきれられています。

明日(11/26)試乗しますが、惚れちゃっているので、大丈夫かな?

なお、現車の下取りは一括見積(カーセンサ系)でディラー見積より40万円ほど高額な査定を頂きました、ありがとうございました、やはり相見積もりは必要です。
それと「相場を知る、足るを知る」ことだと思います。YouGyo
Re: VEZEL
YouGyoさん、コメントありがとうございます。

営業マンとしては、この日にクロージングかけたくなるのは常だと思います。
なので、事前に下取り額などを調べておくのも大切なんですよね。

相見積もりの仕方なども、ブログに書いてあるように入札式でやると、かなりのビックリ価格が出ることもありますよ(^ ^)
参考になったなら幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント