ボルボ V40 試乗インプレッション 2

さて、前回からの続きです。

VOLVOの新型V40を見に行ってきましたが、営業さんに勧められて試乗もしてみることに。
VOLVOは初めてなだけに、VOLVOらしい乗り味みたいなのは全く知りませんが予備知識無しで乗ってみることにしました。




素人かつ文系脳な私のレビューなので期待しないでお読みください(笑)





↓続きをどうぞ。





ちなみに私の最近の車歴は、VWゴルフV→レクサスCT200hと、Cセグばかり乗り継いでます。




試乗車はVOLVO V40 T4 SEの赤。

レッドはソリッドとメタリックで価格が違うみたいですが、日も暮れかかってたのでどっちだったか不明。





ライトの光り方はこんな感じ。



って眩しすぎてよくわからないですね^^;





露出を調整してこんな感じ。



アイラインのような処理なのか?
自分で撮っておきながらよくわかりません^^;




とりあえず営業マンさんに案内されるがままに搭乗。

シートは当たり前のように電動。
ポジションメモリーもあるみたいですね。
助手席の電動シートも同様な可動域で、国産車みたいにリフト機能がない、なんてこともありませんでした。

腿のあたりも電動で動き、何Wayかは確認しませんでしたがかなり良い感じでシートポジションは決められます。
たっぷりとしていて固めのシートはかなり良かったです。



ハンドルの感じも良好。



CT200hで、小径のハンドルに慣れていますが、それと同様くらいのサイズ感で握った感じもかなり良かったです。
ナビの操作はハンドルに付いているクルクル回るジョグダイヤルを押し込んで決定するタイプ。
ナビ画面はタッチパネル非対応です。
慣れれば問題ないんでしょうが…




気分が高まるのは、フル液晶のメーターですね。



デザインテーマもエレガンスやスポーティなどいろいろ選べるみたいです。
また、室内照明も何種類かあるみたいでダウンライトの色が変わるとか。
かなり遊び心ありますね。




さて、実際に走り出します。



独特なデザインのシフトノブをPからDへ。
こちらは夜間は光ってカッコいいです。

スポーツモードが選べると、どこかの記事で読みましたが、シフトで選ぶんじゃなかったのかな?
だとすると、どこでドライブモードセレクトするのだろう…。

シーケンシャルで+-にシフトを選べるみたいですが、パドルシフトは無し。




Dレンジに入れてアクセルをジワリと踏んでみます。

ギアトロニックと呼ばれる6速湿式デュアルクラッチトランスミッションは、フォルクスワーゲンのDSGの初期モデルで感じた出足のギクシャク感などもなく、滑らかにつながるなぁという印象。
乾式と湿式の差もあるのだろうか?
トルクが伝わる感じはDSG同様とても力強い。

ウインカー作動時のクリック音は、カチカチと軽い感じ。
細かいところだけど、「カチカチ」と言う作動音より「コッチッコッチッ」という静音してある音のほうが嬉しいんだけどな。
このへんはゴルフとかのほうが好印象。



右折をして、ちょっと加速。
少々荒れた市街地の道路を走ります。

エンジン音は直噴ならではの少々ガラゴロとした音色。
以前乗ってたゴルフのFSIを思い出して懐かしくなりますが、ボリューム自体はそれほど気にならないくらいにしっかり抑えこまれてます。

試乗車のT4 SEは17インチを履いてますが、乗り心地は結構硬め。
硬いといってもガタガタブルブル揺すられるような硬さではなく、コツコツとした心地よさを感じる硬さです。
そうそう、これぞ欧州車の乗り心地って感じ。

ボディ剛性の高さによって路面の嫌な振動はカットして、ある程度のギャップのみロードインフォメーションとしてドライバーに伝えているという感じですね。




それにしてもアクセルに対するトルクが厚い。
1.6リッター直列4気筒直噴ターボで180psを発揮するV40のエンジン。
24.5kgmの最大トルクを1,600rpmから発生させるとのこと。
たしかに2000回転くらいまで回せば、かなり気持よくトルクが出てる感がありました。

180psというと、同じプレミアムCセグメントの中ではかなりパワーがある部類ですね。
それでいて燃費は16.2km/Lと欧州車のなかでは結構頑張ったほうではないでしょうか。
ゴルフのようにもう少しパワーを絞って(140ps/25.5kgm)、リッター20kmくらいの燃費を重視するか、いろいろな選択肢がありますね。

Cセグメントのベンチマーク、ゴルフの新型が日本に上陸するのもそろそろなので、そちらの仕上がり具合も気になるところ。




ブレーキは踏力に対してかなりガツンと効く印象でした。
止まり際の抜き加減が難しかったですが、慣れれば問題ないでしょうし頼り甲斐がありそうです。

車が停止するとアイドリングストップがかかります。
このへんは最近の車って感じですね。
エンジンの停止と始動もかなりスムーズで振動も少なく、いい仕上がりを感じました。
友人のBMW3シリーズに乗せてもらったことがありますが、3シリーズのアイドリングストップよりも振動面では良い躾がされている気がしました(記憶が曖昧なので確証はありませんが^^;)。




限られた距離での市街地走行のみだったので、あまり大したことは言えませんが、V40の乗り心地はかなり好ましい印象でした。
パワー感とボディ剛性のバランスがかなり気持ちいいです。
ハンドリングは試せる道ではなかったですが、山道とかは楽しそうなイメージです。
久しく忘れていたダイレクト感のある運転の楽しさ、を思い出した感じです。

今乗っているCT200hも、ハイブリッドという唯一無二の楽しさがありますが、欧州車ならではの運転の楽しさというものも再確認しました。




通常の運転をひとしきり楽しんだ後は、最新鋭の安全技術を試してみることに。
自動ブレーキはかなりガツンと来るらしくオススメできないと営業さんに言われたので、代わりにACCと呼ばれる機能を試してみました。
こちらは、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール」と言い、レーダー・センサーによって先行車を認識し、ドライバーが設定した車間距離を維持するというもの。

実際にオンにしてみると…これはこれは!超感動!!

レーダークルーズコントロールの進化版、混雑する街中でも右足をアクセルやブレーキから離していても勝手に加速減速をしてくれます!
全車速というのは伊達ではなく、ノロノロの道路状況でも、ちょうど良い感じに前車を追従してくれて、「怖い」とかそういう印象はまったくありませんでした。
これは便利すぎる…
完全に停車するまで追従してくれるのでかなり安心です。
一度完全に停車してからは、ハンドルにある復帰ボタンを押せば、再追従を開始してくれます。
完全に足を使わないまま、渋滞を抜けることもできます。

ただし、赤信号などでは自身で止まらないと信号無視して前の車を追従してしまいますのでご注意を。



さらにV40にはLKA(レーン・キーピング・エイド)という機能もあり、車速がたしか60km/h以上という条件付きだったと思いますが、居眠りなどで車線を逸脱しそうになると自動で操舵して中央に戻してくれたり、それでも車線を逸脱しそうになるとハンドルが振動して警告したりしてくれるそうです。
こういった先進の安全装備は、燃費や運動性能などと同様に、十分に購買の魅力となるなぁと、実際に体験して思いました。










かっこいいスタイリングに高いボディ剛性と高出力、燃費のバランスも良く、先進の安全装備…
ボルボV40、すでにかなりのオーダーが入っているそうですね。

実際に試乗してみて、私自身もかなり魅力の多い車だと感じました。






さて、V40の購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくに人気車種だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方はコチラもおすすめですよ↓^^








自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数社が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます。
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^



ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^


今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^










関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
はじめまして、以前CTを検索した際向こうのSNSを拝見しましたが、
今後はV40を検索してこのブログに辿り着きました。因果なものですね(笑

プレミアムなものには手の出ない所得の人間なので、プレCは諦めていたのですが
CTと40には無理してでも欲しいと思わせる魅力があるなーと購入方法模索中です
コメントありがとうございます
>せつさん

コメントありがとうございます^^
あちらにも同じような記事を書いてますが、こちらでもよろしくお願いいたします(笑)
あちらのSNSと違って、こちらのブログはどなたでもコメントの投稿ができますのでお気軽にコメントいただけると励みになります^^

CTとV40、どちらもとても魅力的に感じますね。
おいおいCTの記事もこちらにも投下しようと考えていたので、CTとV40の比較記事にしてもいいですね!
アイデアありがとうございます^^

コメントの投稿

非公開コメント