新型ハリアー インテリアインプレッション この内装は評価できる!

※2017年6月追記!

2017年6月にビッグマイナーチェンジを行った新型ハリアーのインプレッションも書いています!

【画像大量】2017トヨタ新型ハリアー マイナーチェンジ 見てきた!カッコイイじゃん!エクステリアの評価は?

【画像大量】2017トヨタ新型ハリアー Metal & Leatherの内装の評価は?マイナーチェンジ 見てきた!

上記記事も併せてどうぞ^^

〜追記ココまで〜




トヨタ新型ハリアーのインプレッション、かれこれ結構な回数綴っていますが、もう少しお付き合いください。

今回はメガウェブでじっくり撮ってきた内装をインプレッション。

東京モーターショーの時は、混みすぎててゆっくり撮影できませんでしたからね。

今回はかなりじっくり撮ってきましたよ^^


51_2013122611483043f.jpg

他の車情報誌やサイト、ブログでは見ないようなマニアックなところまでしっかり撮ってきました。





※インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることがありますので気分を害される可能性のある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 
 
 

ニューモデル速報 489 新型ハリアーのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥480から
(2013/12/28 00:55時点)








展示してあったハリアーはいくつかありましたが、撮ってきたのはプレミアムのAdvanced Packageと言われる上級モデル。

59_20131226114955310.jpg





では早速乗り込んでみましょう。

76_20131226115530b4c.jpg

内装色はブラックのようです。


↓モーターショーの時に見た、ディープボルドーという内装色は、注文時に選べるみたいです。

H23.jpg

どちらもいい色なので選ぶのに悩みそう…




新型ハリアーのドアを開けて中を見た時の印象は、かなり高級感があります。

72_201312261155091e2.jpg

本革シートは233,100円のオプション。
これをつけると、助手席も4ウェイパワーシートになります。




↓通常はこちら。ファブリック(上級)+合成皮革だそうです。

54_2013122611483410a.jpg





プレミアムだと、スカッフプレートもイルミつきです。

55_20131226114949d99.jpg






新型ハリアーのドアの内側はこんな感じ。

75_2013122611552917a.jpg

これは最近見た車の中ではかなり上質な部類だと思います。
パネル上面もプラではなく革のような素材になっていますし、ステッチカラーや型押しまでされていて、かなりお金をかけてる感じがします。



さらには、スピーカー部分にもメッキ処理がなされていたり、レクサスでもここまでやっていない車も多々あるなかで、完全にレクサスとのヒエラルキーを破ったクオリティになっていると言えそうです。

73_20131226115511bb9.jpg




木目調パネルはエボニーストライプと言われるタイプ。

74_2013122611551297b.jpg

プレミアムのグレードはこのタイプになります。
木目調パネルのみは、やはりレクサスの本木目のほうが質感は良いですね。

でも、スイッチ類にまでシルバーの加飾がなされていたり、この辺りはハリアーのほうが上質。





新型ハリアーのハンドルも見てみましょう。

71_2013122611550840c.jpg

ハンドルが木目調になるのは、これもプレミアムのグレードのみ。
それ以外では普通に革巻きステアリングですが、それでも十分です。
クラクション部分まで革張りしてあって、質感はかなり高いです。




メーターはこんな感じ。

53_201312261148339db.jpg

トヨタご自慢のオプティトロンメーターと、高精細のマルチインフォメーションディスプレイが組み合わされており、質感はレクサスのそれと変わりないほど。



インパネ・ナビ周りも見てみましょう

52_2013122611483125f.jpg

ここはかなり先進的ですね!
テレビはフルセグを受信してるみたいです。




開けるとこんな感じに開きます。

50_20131226114828dbb.jpg

ツライチにピッタリ合わさっていて、組み付け精度もかなりいいですね。

ナビゲーションはSDだそうで、高精細8型TFTワイドタッチディスプレイ、G-BOOK mX対応と、G-BOOKが売りのレクサスと差がなくなりました。




またボタン類も静電式のタッチパネルとなっていて、物理的なボタンはありません。

51_2013122611483043f.jpg

タッチ式だとブラインドタッチがしにくい、位置が目視しないとわかりづらいなどのデメリットもありますが、ハリアーはシルバー調の仕切りで区切ってあるので、ボタン位置はわかりやすそうです。

ボリュームリングなどもシルバー調の仕切りで見た目の高級感はトヨタ車の中でもかなり上位かもしれません。
クリアブラックのパネルはペカペカして傷や埃が目立つので良し悪しだとは思いますが…。





エアコン操作も静電式。

68_2013122611503744c.jpg

レクサスISでは温度調整がメッキ調のスライダーになっていましたが、こういった処理もできるんですね。




シフトはこんな感じ。

69_2013122611503992c.jpg

ピント甘目ですいません^^;





フタ付きのカップホルダー。

70_2013122611550699e.jpg

開けるとこんな感じ。

66_2013122611503438a.jpg

ちゃんとツメもついてます。
一部レクサス車ではカップホルダーのリッドも簡素化されてしまっているので、せめてこのレベルには到達して欲しい所。




エンジンはプッシュスタート式。

67_201312261150366e7.jpg





リアシートも見てみましょう。

65_201312261150334b9.jpg

足元は結構広いです。

ベースがRAV4になってボディサイズは小さくなりましたが、居住空間はラゲッジも含めて先代ハリアーより広がっているそうです。




リアドアの内側。

64_20131226115018c1e.jpg

このへんも手抜きなしのクオリティ。
ただし、スピーカーにメッキ調のリングはつかないみたいですね。



ファブリック(上級)+合成皮革シートだとこんな感じです。

57_20131226114952a91.jpg

これでも十分な気がします。





ラゲッジは前回もお伝えしましたが、こんな感じ。

79_201312261155349f5.jpg

後席を倒すとフラットになるので使い勝手も良いですね。





と言った感じで、トヨタの渾身作、新型ハリアーのインテリアインプレッションをお届けしました。

いかがでしたか?

個人的にはかなりいい感じの内装だと思いました。

自分はレクサスに乗っていますが、ハリアーに負けていると感じる部分もあり、トヨタブランドでここまでのクオリティが出せるなら新型ハリアーでも十分かなと思える仕上がりでした。

しかもお値段がレクサスよりもかなりお安いですからね。
マンションの駐車パレットに収まる全幅、かつ手頃なお値段でここまでのクオリティならば、売れるのも納得。
レクサスブランドにこだわりがないなら飛びついてもいいと思いました。


ハリアーのムービーをいくつか共有しておきますね。





ご興味ある方はどうぞ。


気になるハリアーの納期ですが、詳しくは、お近くのハリアーを扱っているトヨタディーラーまでお問い合わせください。




さて、新型ハリアーなど、今後車の購入をご検討の方は、試乗などで実際にディーラーに行く前に、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…




2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!


※2017年6月追記!

2017年6月にビッグマイナーチェンジを行った新型ハリアーのインプレッションも書いています!

【画像大量】2017トヨタ新型ハリアー マイナーチェンジ 見てきた!カッコイイじゃん!エクステリアの評価は?

【画像大量】2017トヨタ新型ハリアー Metal & Leatherの内装の評価は?マイナーチェンジ 見てきた!

上記記事も併せてどうぞ^^



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント