【レクサスRXのダメなポイント7つ!】レクサスオーナー視点で"辛口"評価!! RX450h試乗レビュードライブフィール編

2019年8月にマイナーチェンジしたレクサスRXに試乗しました。


ワタシ自身、前期型のRX450h F SPORT(AWD)に2年乗っていましたし、マイナーチェンジしたRX300 F SPORT(FF)に乗り換えた身です。
レクサスを6台乗り継いできた「レクサスマニア」が、辛口で「ここがダメ!」なところを評価します。
本当にね、レクサスには頑張って欲しいです。
輸入車と複数台所有していると、ショボいところは目に付きます。

RX450hversionL10.jpg

評論家の人や試乗だけの人は、あまり辛口には評価できないかもしれませんが、私はお金払っている消費者の立場なので、気になるところは忖度なしでバッサリ言います。
それはもちろん、良くなってほしいというファンとしての意見でもあります。
そうじゃなきゃ6台もレクサス車を買わないですからね(笑)

今回アップした動画はこちら↓



動画のアップから少し時間が経ってしまいましたが、まだ見ていない方はどうぞ。

そして前回アップした、内装&外装編も併せてどうぞ↓



レクサスRXの購入検討している方や、エアロパーツをつけようか考えている方は参考にしていただければ。
それ以外の方は、厳ついレクサスRXを見てご堪能ください(笑)


今回のブログでは動画の内容とは異なりますが、マイナーチェンジしたレクサスRXのここがダメ!ってポイント7つをまとめました。
「他所は他所!うちはうち!」ってスタンスならスルーしてもらっても良いんですが、ここさえ改善すれば輸入車勢にだって勝てるのに…と思うところを列挙していきます。



ワンダー速報では、すでに新型レクサスRXについてかなりのボリュームの記事を執筆しています。
過去にアップした新型レクサスRXの記事や、今後加筆されていく新型レクサスRX関連の記事は、レクサスRX関連記事一覧からご参照ください。

レクサスRX関連記事一覧

レクサスRXを購入検討の方、納車待ちで修行中の方、過去ログも大量にありますので、お暇な時に読んでいただけるとかなり暇を潰せると思います(笑)


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓






レクサスRXのここがダメ!① パワートレインに新しさが無い


RX450hversionL06.jpg
↑クリックで拡大します。

これはRX450hでもRX300でもそうなのですが、2019年のマイナーチェンジでもパワートレインに変更はありませんでした。
個人的には、トヨタの次世代エンジン「ダイナミックフォースエンジン」や、「マルチステージハイブリッド」の搭載に期待していたんですが、パワートレインは前期型から変更はなし。
その前期型のRX450hは、先代RX450hのパワートレインからのキャリーオーバーなので、かれこれ10年使っているハイブリッドシステムということになります。
今回のマイナーチェンジで、出足の発進トルクなどに改善が見られ、前期型よりも良くなっている感はありますが、世代の古いハイブリッドシステムなので、70km/h以上でのEV走行が出来ないなどのデメリットはそのまま。

RX300の2.0Lターボも、前期型から静粛性は改善して、静かに過不足ない走りを実現していますが、感動も薄いパワートレインでもあります。
同じ2.0ってターボを搭載する輸入車では、もっと感動できるパワートレインも多々あります。
その中にあっては、凡庸と感じてしまうほど。
とくに2,000rpm以上に回したがるエンジン特性は、低回転時のトルクが薄く感じてしまいます。

RX300Fsport10_20191117175417c44.jpg
↑クリックで拡大します。

輸入車勢は、年次改良やマイナーチェンジでは、パワートレインやトランスミッションの刷新などもバンバン行っているのに、10年レベルでのスパンとなるとどうしても見劣りもしますし、動的質感においても感動が薄いというのが正直な感想です。
ディーゼルも無い、多段ATも無い、ターボには48Vのマイルドハイブリッドも無い…と、ハードウェアに関しては周回遅れな感があります。

現行型はTNGAのプラットフォームでも無いですし、次期型のRXに期待ですね。
次期RXは2022年頃の登場ですかねぇ…



レクサスRXのここがダメ!② RX300の6速ATは多段化して欲しい


先ほどのRX300のパワートレインでも少し言及しましたが、すぐに2,000rpm以上まで回したがるエンジン特性は、組み合わされるトランスミッションが6速ATだからということも影響しているのかもしれません。
このクラスのラグジュアリーSUVに、今日日6速ATは正直見劣りしますし走りにおいても2,000rpm以上まで引っ張りたがるのは多段化してないデメリットなのかもしれません。

RX300Fsport01_201911171754152c6.jpg
↑クリックで拡大します。

メルセデスではAクラスにさえ8速ATが搭載され、GLCクラスでは9速まであるのに、それらよりもクラスが上なはずのRXが6速というのは、消費者としては残念なポイントです。
これも「他所は他所!」と気にしなければよいのかもしれませんが、乗り比べてしまうと動力性能の差ははっきりしているので、次期型では多段化を期待したいです。
そもそも、海外で販売されているRX350には8速ATが搭載されているのに、「日本ではなんで6速なの?!」と海外の方からコメントをいただいたほどです。
これだけ業績も良いトヨタなのだから、トヨタの掲げる「もっと良いクルマづくり」は利益率だけではなく、日本の消費者にとっても良いクルマであるようにお願いしたいですね。
これはレクサス車に限らず、RAV4やヤリスなどでもそうですが、海外仕様より劣る仕様で日本国内販売される車種が多いので。
売り方が上手いのだとは思いますが、消費者としては舐められてるようにしか感じません。


レクサスRXのここがダメ!③ メーターがいい加減古臭い


RX450hversionL09.jpg

今回アップした動画でもバッサリ言っているところなんですが、このメーターはいい加減まずいと思います。
2019年にマイナーチェンジした高級SUVのメーターとは思えないです。
RX450hはコミコミで700万円を超えてくるクルマです。それにこの4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイはさすがにショボいとしか言いようがないです。
マイナーチェンジで最も変えてもらいたいところだったのに、どうしてココが変わらなかったのかと。

F SPORTもメーターに変更はありませんでした。

RX300Fsport33_201911171754237b4.jpg

F SPORTは、表示される情報こそ同じものの、7インチの液晶が前期型から付いているので、まだ見栄えはマシというレベルです。
マルチインフォメーションディスプレイに表示できる情報量が少なすぎて、いちいち画面を切り替えないと必要な情報にアクセスできないのは使い勝手が悪いです。
せめて燃費や航続可能距離、バッテリー残量などは同時に見えるようにして欲しいところ。

RAV4やカムリなどの7インチメーターよりは、EVランプやブレーキホールドのランプは液晶の外に付いているので情報がスッキリしている分マシですが、輸入車勢のメーターの洗練さから比べると、スマホとガラケーくらいの差を感じます。

biwako19_20191117181843f1a.jpg

上記はRAV4の7インチ液晶メーター。
情報詰め込みすぎて見づらい上に、必要な情報は画面を切り替えないと見れないという…

これはレクサスに限ったことではないのですが、国産車はみんなマルチインフォメーションディスプレイに表示される情報量が少ないです。
いちいち表示を切り替えないと必要な情報にアクセスできないのはどうかと思います。

ちなみに↓がメルセデスのBクラスやAクラスのナビ&メーターです。

MercedesBclass15_2019111718141340b.jpg

Aクラスレベルでもこの情報量です。

MercedesBclass42_20191117181415163.jpg

カスタマイズ性がすごくて、メーター中央や右側にナビ画面を表示させたりもできます。
デザインのテーマも数種類から選べます。

3_201911171824063c9.jpg

私もCLAシューティングブレークが来月には納車されるかもしれないので、実際に使ってみてレビューしたいと思います。


内装の質感においては、かつては遅れていたBMWでもこのレベルです↓

BMW320d02_2019111718141236b.jpg

上記は3シリーズのメーターですが、BMWでもフル液晶化してきました。
見やすいかどうかは別として、保守的だったBMWがここまでチャレンジしているのにはブレイクスルーを感じました。



そしてデジタルメーターでは最先端のアウディでは、おなじみのバーチャルコックピット。

AudiQ2VC_08_20191117181418164.jpg

日本でも2014年のTTから採用されています。
ナビ画面無しでも事足りるように設計されており、ヘッドアップディスプレイも要らないくらいの情報量は、慣れるまではどこ見ていいかわからないんですが慣れるとものすごく合理的にできていました。

AudiQ2VC_09_20191117181416b5b.jpg

中央にナビのMAPが表示できるだけでなく、Google earthの衛星写真でのMAP表示も可能。
交差点近くになると3Dの拡大表示がされます。

瞬間燃費、平均燃費、航続可能距離などの燃費計だけでなく、次の交差点のレーン案内、目的地到着時間、目的地までの距離、次の曲るポイントまでの距離、ルート上の渋滞時間などのナビ案内系の情報、さらに外気温や現在再生中の曲名、安全装備系の表示なども整理されて表示されています。

本当に、ナビ画面無しでも事足ります。
これらと見比べてしまうと…

RX450hversionL09.jpg

700万円クラスの高級SUVとしては、見劣り感がハンパないです。
ここは何度でも言わせてもらいたいところです。

アナログの針のほうが良いという人も一定数いると思いますが、それっていつまでもガラケー使っているのと同じじゃありませんか?
明らかに情報量が不足しています。



レクサスRXのここがダメ!④ ステアリングホイールが古いまま


RX300Fsport24_20191117175418b6d.jpg

これもマイナーチェンジで変わらなかったBADポイントです。
レクサスESやLS、UXに至るまで、最近のレクサス車はステアリングホイールのデザインが新しくなっています。

LEXUSESverL50_201911171839067e7.jpg

デザインが変わっただけではなく、クルーズコントロール系の操作が、レバータイプからステアリングスイッチに集約されました。

なのに、RXではマイナーチェンジしても旧型のステアリングホイールそのまま。
なので、クルーズコントロールもレバータイプのままです。

RX300Fsport21_20191117175420215.jpg

正直、レバータイプでも操作性は良いと思うんですが、ブランド内で統一されてないのはどうかと思いました。
私のようにUXとRXを所有していると、混乱します(笑)
そんなやつはそうそういないと思いますが、マイナーチェンジしたのに採用しない理由は何かハードウェア的な理由があるのかもしれませんが、消費者としては残念です。
特に、前期型から乗り換え組としては代わり映えしないです。

さらに旧型のステアリングホイールの不満点としては、今回のマイナーチェンジで採用されたブレードスキャン方式のアダプティブハイビームがすごく使える装備になっているにもかかわらず、ハイビームを作動させるのにはウインカーレバーを奥に倒さなければならず、そうするとウインカーを入れる時の位置が遠くなるので操作性が悪化します。
UXやESでは、ウインカーレバーの先端にあるスイッチでアダプティブハイビームを切り替えできるのに、RXでは旧型のステアリングホイールなのでそのスイッチがありません。

UXAHS_20191117185413f46.jpg

↑UXにはウインカーレバーの先端にスイッチが有るのがわかるかと思います。

これはオールレクサスの試乗会の時にエンジニアの方にもぶつけたのですが、あんまりピンと来てなかった印象でした。
せっかく良いシステムなのに、使い勝手を把握しているような印象は受けなかったんですよね。
縦割りというか、それぞれの分担の領域で作ったものを、ガッチャンコしているような商品開発というか。

ブレードスキャンAHSは、従来のAHSよりも作動できる状況も良くなっていて、街中でも頻繁にハイビームで照射して安全性を高めている素晴らしいプロダクトなのに、ハイビームにするためにはウインカーレバーを奥に倒さなければならず、ウインカーを入れる際に遠くて使いづらいので、私はほとんどOFFにしちゃっています。
非常に惜しいです。

後付でスイッチ化しているサードパーティなどもあるみたいですが、それは本来は標準装備にして欲しいですね。



レクサスRXのここがダメ!⑤ インテリアは前期型から代わり映えしない


RX300Fsport25_201911171754220c1.jpg
↑クリックで拡大します。

これも前期型から乗り換えオーナーとしては不満のポイントです。
変わっていてほしかった所がほとんど変わっていない。
特に、インパネの無塗装素地のところや、ステアリングホイール、先ほども酷評したメーターディスプレイなど。

RX300Fsport24_20191117175418b6d.jpg

RXクラスになると、ESやUXで不満に感じていたところの質感は確保されていて、それほど不満ではないんですが、ボタンが多いインパネなどはちょっと古臭くも感じます。

RX450hversionL02.jpg
↑クリックで拡大します。

NXのマイナーチェンジではインパネ周りなども質感向上が見られたので期待していたんですが、RXでは本当に小変更にとどまったのが残念なポイントでもあります。

RX450hversionL10.jpg

それでも、NXやES辺りと比較すれば、レクサス車の中ではインテリアの質感は高いほうなので、オススメできる車種ではあります。

RX450hversionL13.jpg

UXではインテリアイルミ無すぎて、夜間は真っ暗な車内ですが、RXではドアイルミなども標準なので不満は少ないです。
また、輸入車にはない豊富なカラーバリエーションやオーナメントパネルなどの組み合わせの自由さも魅力ではあります。



レクサスRXのここがダメ!⑥ 走りは全体的に重さを感じる


前述のパワートレインやトランスミッションの話と重なってくる部分ですが、RX300においてもRX450hにおいても、走りに関しては重さを感じます。
RAV4などと比較すればボディ上屋の挙動はもっとリニアなんですが、動き出しやコーナーに関しては重量級の物体が動いているという感じがあります。

RX450hversionL08.jpg
↑クリックで拡大します。

出足の発進加速はRX450hよりはRX300のほうが軽快感があるほどで、RX450hは良く言えば重厚感がある走りですが、悪く言えばもっさりしています。
RX300も軽快感があるというのはRX450hに比較してだけの話で、同じく2.0Lターボを積むボルボXC40などと比べれば重さを感じる走りです。

RX300Fsport03_20191117175416d92.jpg
↑クリックで拡大します。

1,670kgで8速ATのXC40に対して、230kgも重いのに6速ATなので当たり前と言えば当たり前ですが…。

BMWのX3などの輸入車勢のSUVと比べると、動的質感の面では凡庸という表現になってしまいます。
これも、パワートレインやトランスミッション、プラットフォームが最新のものではないということが影響している部分は大きいと思います。



レクサスRXのここがダメ!⑦ ラゲッジ容量が意外と狭い


そしてこれは意外と盲点なんですが、このサイズのSUVとしてはレクサスRXのラゲッジサイズは505Lと標準以下の容量しかありません。

RX450hversionL11.jpg

何しろラゲッジフロアが高いです。
それ故、容積が小さくなっています。

UXなどに比べると雲泥の差ですが、他のSUVと比べても狭め。



UXは220Lと狭すぎです。

RAV4は580Lと結構広いです。

03_201911151317059cf.jpg

ラゲッジフロアが低く、車内高があるので車中泊も可能。

先日アップしたRAV4車中泊動画をまだ見てない方はぜひ!



RAV4と比較すると、フラットにしても天井までの高さがないので車中泊はしんどいと思います。

1_2019111719190649b.jpg

シートバックを倒しても、少し斜面になりますが、このくらいなら許容範囲でしょう。
ただ、ボルボはこういうところも抜かりなかったですけどね…

XC40ラゲッジフラット

これこそがフラット(笑)
ボルボはラゲッジの使い勝手においては素晴らしいものがあります。
ラゲッジボードの硬さや耐久性、後席シートバックの硬さも比較になりません。
ステーションワゴンで培ったノウハウがSUVにも活かされていると感じました。



でもレクサスRXを買ったのには理由がある!


と言った感じで、レクサスRXをオーナー目線でダメ出ししてみましたが、こういう記事や動画を出すと「買う前からわかるはず、文句言うなら買うな」とか言ってくる輩がいるんですが、100%満足できるクルマなんて無いと思います。

それに、「俺の買ったクルマサイコー!マンセー!」って、悪いところに目を瞑っていては、良いプロダクトなんて出来ないと思うので、私は購入者としての不満点をあえて声を大にして言っています。
これもレクサスが好きだから、輸入車にも負けない「もっと良いクルマ作り」をして欲しいからです。

RX450hversionL03.jpg
↑クリックで拡大します。

きっと開発をしている人たちにも言い分があって、予算とか時間とか縦割りの商品開発とか卸元の都合とかいろいろあるとは思います。
でも、そうした売り手側の都合は、世に出してしまったら消費者には関係ないことです。
他に並んでいるライバルと同列に見て、良いか悪いかを判断して購入します。

なので主語の転換をして、「消費者にとってもっと良いクルマ作り」をして欲しいなとは思います。
厳しい意見だとは思いますが、トヨタやレクサスを始め、輸入車など年間5台を購入している人間から言わせてもらうと、メーカー1位のトヨタには特にリクエストしたくなります。
他のメーカーでは出来なくても、トヨタなら出来ると信じています。

今回アップした動画はコチラね。



そして、散々文句は言いましたが、それを補う魅力がなかったらもちろん購入していないわけです。
ハード面では不満はありますが、ソフト面では輸入車にもない便利さや快適性があるのがレクサス車なんですよね。

豊富なカラーバリエーションや、迫力のエクステリア、そして高いリセール価格などは本当に魅力的です。

【驚異のリセールバリュー!!】レクサスRXの中古買取価格は高いか?! 一括査定してみた結果は…!?

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

さらに、ナビの地図自動更新「マップオンデマンド」であったり、オペレーターが目的地設定やレストランなどの予約までしてくれる「オーナーズデスク」であったり、乗り降りしやすい位置にステアリングとシートが動く「パワーイージーアクセス」シートベンチレーションなどの快適装備も魅力。

RX450hversionL12.jpg

このあたりは同価格帯の輸入車勢にも無い、レクサスRXの良いポイントです。

そしてもちろん、ディーラーでの居心地の良さも比較にならないほど、家族から好評です。

LEXUSRX300nousya16_20191117195430c88.jpg

嫁さんも、「レクサスなら行く」ってついてきますからね(笑)

こうした良い部分に加えて、今回挙げただめなところが改善していたら…

新しいプラットフォームに、新しいパワートレイン、さらに多段ATやデジタル液晶メーターが採用されている新型RXがデビューしたら、私は間違いなく試乗もしないでハンコ押すでしょう。

次期新型RXには多大なる期待を寄せつつ、それまではこのRX300で応援したいと思います。

LEXUSRX300nousya11_201911171957503ab.jpg

文句も言いましたが、今まで所有してきたクルマの中でも、所有満足度が一番高いのもレクサスRXです。

レクサスRXが気になっている方は、お近くのレクサスディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか?
初めて行くにはハードルが高い!と言う人は、さいたま近郊エリアなら営業マン紹介しますので。
ちょっとだけお得に購入できる紹介キャンペーンもありますので、見積もりを取る前にワンダー速報のPCサイトの右カラムにあるメールフォームからその旨メールくださいね。



レクサス車を買う前にやっておきたいこと


レクサスは基本的に値引きがありません。
その分、下取りが値引きに相当することがありますが、何も持たずに商談しに行くと、フツーにオークション相場価格くらいでしか下取りしてくれません

そこで、ディーラーに行く前に事前に愛車の相場価格を調べておくことをオススメします!!
私のRX450h F SPORTは2年2ヶ月15,000kmで、某輸入車ディーラーの下取り査定だと450万円だったのに、ネットの一括査定に出したところ、610万円で売却できました。
その差はなんと160万円!!
どうなってんだよディーラー査定…(苦笑)
というか、やっぱり一括査定で複数社に見積もってもらわなきゃ、確実に損するということは間違いないですね。

一括査定の査定額を持ってディーラーに行けば、「これ以下だったらハンコ押さない」って言うと、下取り額も調整に応じてくれることが多いです。
もしだめなら、そのまま買取店の売却してしまえばいいですしね。

一括査定サイトで見積もる際に、売却時期などが読めない人でも、「現在の愛車の価格が知りたい」と言えばOK。
査定額が良くて、思わず買い替えを検討しちゃったりもしますからね(経験あり 笑)。

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら↓


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
事前にディーラーからだいたいの納期などを聞いておくと、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思います。

そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いですね。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

LEXUSRX300nousya02.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



私が購入したレクサスRXの見積りを公開している記事はコチラね↓

【購入したRXの見積り価格公開!】2019レクサスRXマイナーチェンジ契約しました!

LEXUSRXmitsumori.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!



今回アップした動画はコチラ!!↓



動画のアップから少し時間が経ってしまいましたが、まだ見ていない方はどうぞ。

そして前回アップした、内装&外装編も併せてどうぞ↓




過去にアップしたRX関連の動画も良かったらぜひ↓















では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ







「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2










関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
こんばんは

先日450h試乗してきました。

LTAになって進歩したことは感じましたが
ドラヨスさんの言われているように不満も多いです。

この状態であと最低3年も定価販売していくのかと
思うとレクサスでの次の買い替えはないかなと感じます。
ディーラーに金をかけても車そのものの魅力が上がらなくては
その先はないのではないでしょうか

先進性やアメージングはどこにいったのか
これでいいのかレクサスと言いたいです。
ドラヨスさん、はじめまして。
いつもブログ・動画、どちらも楽しく拝見しています。
ブログで購買意欲を刺激されて前期型RX200tを購入し、ワン速tubeで見たグラファイトブラックのESに一目惚れをして同じ色のESへと乗り継ぎました。

記事の内容ですが、メーターの古臭さや一度に表示できる情報量の少なさについては激しく同意です。前期型RX所有時にも感じていましたが、現在のESにも同じことが言えます。またガソリン車のときには気になりませんでしたが、ハイブリッド車のバッテリー残量は個人的に常時見ておきたいところ。あとはクルーズコントロール開始時や設定速度を変えた時、前車への追従速度が変わった時等、毎回その画像がマルチインフォメーションディスプレイに割り込んできて他の情報が見えなくなるのも残念なポイント。新しいメーターの開発に期待です!

以下、的外れな指摘でしたら申し訳ありません。
アダプティブハイビームについてはESでも、レバーを奥に倒してハイビームON+先端のボタンでアダプティブON/OFFが条件です。ウィンカー操作等が遠く感じるのは新意匠・旧意匠どちらのステアリングでも共通かと思われます。

いずれにせよRXは本当に所有満足度の高い車ですね。次期型で現在の不満点が払拭されることを期待しています。

これからもブログや動画楽しみにしています。
長文失礼致しました。
No title
文句を言うなら買うな。買ったんなら文句を言うな。って車に限らず良く耳にしますが、奴隷根性でとても日本的と言いますか…。この延長線上が政治に文句を言うなら日本を出て行け、みたいな。

好きだからこそ、良いものになって欲しい。間違っていたら直して欲しい。
愛ゆえの厳しさで、それがメーカーや車を鍛えていくのに対して、文句を言うなと言う甘やかしは、メーカーや車を駄目にしていくものだと思います。
日本車は世界で海外の車と闘っていかないといけないのに。

外車も国産車も実際に買いまくって、その良さも悪さも知り尽くしたドラヨスさんこそ発言されて当然。

個人的になんとかして欲しいのはは2周3周遅れているインフォティテインメントですかね。
6速AT
ドラヨスさん、ディーラーと営業マンをご紹介いただき、ありがとうございました。NX300Fが納車されて2ヶ月ほど経ち、2900キロ走りました。
RXの記事ですが、RX300とNX300は中身は共通することも多いと思われますので、一言。
私の不満は変速ショックです。変速の時に、ふわっとした感じがするのが嫌です。これまでハイブリッド車しか乗っていなかったせいかもしれませんが、自分が意図していない動きなので、最近はパドルシフトで自分でシフトアップしています。8速などに多段化すれば、もっと滑らかになるのかな、と思います。
メーターやステアリングが古いというのも同感です。特にレバータイプのクルーズコントロールやアダプティブハイビームシステムをオンにするにはウインカーレバーを奥に倒さなければならない点は改善して欲しかったです。私もアダプティブハイビームシステムはほとんど使っていません。
ただ、これらの不満はありますが、NX300Fにはおおむね満足しています。レクサス初心者なので、まだわかっていないことも多々あるとは思いますが。
私は取り回しを考えると、NXがジャストサイズなので、NXのフルモデルチェンジに期待しています。
ラゲッジ下の収納
ごぶさたしています。
以前使用していたHNを忘れてしまったので、これからはこのHNで・・(笑)

昨年NX300hからRX450hlに乗り換えましたが、ラゲッジ下の収納スペースの広さに関しては断然NXに軍配があがりますね。
ご存知かと思いますが、NXのラゲッジ下にはスポーツバッグが数個入る程のスペースがありますが、RXはポーチが入る位しかありませんからね。

ラゲッジの収納容量についてはラゲッジ下の容量も含めたレポをしていただけると、購入を検討されている方により参考になると思うのですが・・・。


No title
走りがどうこう言う車じゃないので街乗りレベルでは6ATでも全然不満ないですが、高級車の記号として多段ATは欲しいところですね。
前期RX200tFsp乗ってて外観はSUVの中ではいまだに一番好きですしトータルでの満足感は概ね高いものの、センシュアス感が無くて正直飽きてます。
特に大きな不満点はないので初回車検を通すか悩みどころです。代り映えのしない後期RXに乗り換える可能性はゼロですがw
Re: No title
RX乗りさん、コメントありがとうございます。

レクサスを乗り継いでいると思うところもありますよね。
たしかにディーラーサービスやソフト面では輸入車にはない魅力はあるのですが、ハード面では2周遅れくらいに感じます。
フルモデルチェンジに期待です。
Re: タイトルなし
ES乗りさん、コメントありがとうございます。

初コメ感謝です^^
ESも7インチ液晶といえども、表示される情報量は4.2インチと変わらず、輸入車のインフォテイメントシステムに比べるととても古臭く感じますよね…。
UXも同様です。

アダプティブハイビームはレバーを奥に倒す必要がありましたっけ?
UXでも同様のはずですが、手元になくて確認できなくて^^;
今度乗る機会があるので再度試してみます。
Re: No title
まさおさん、コメントありがとうございます。

YouTubeではそういったコメントも結構いただきますね。
愛車だからこそ、気になる部分はあるわけで、でもそれを補う魅力もあるから購入するわけです。
100%満足できる車なんてないのでしょうしね。

メーター周りのインフォテイメントシステムの遅れは、レクサスに限らず国産車はみんな横並びですね。
TTのバーチャルコックピットが出たのが2014年。
5年は遅れている気がします。
Re: 6速AT
TMさん、コメントありがとうございます。

紹介キャンペーン使えてよかったです^^
6速ATはとくにNXは1速2速の繋がり部分は空走感があるというか、トルクフルに感じない気がします。
NXよりRXのほうがまだマシだった気がしますが、いずれにせよ2.0Lターボと6速ATのマッチングは、輸入車のターボに比べると不満です。

NXのフルモデルチェンジは2021年くらいでしょうか。
私も次期NXには期待しています。
次はTNGAになるでしょうし、その頃には新しいパワートレインやトランスミッションが組み合わされることを期待しています。
Re: ラゲッジ下の収納
RX450hl さん、コメントありがとうございます。

名前がわからないのでご無沙汰なのかはわかりませんが(笑)

NXは床下収納は広いですよね。
特にターボモデルは。
RXは狭いです。

ラゲッジアンダーやフラットにした状態の容量は書いていないモデルも多く、わからないというのが実情です。
Re: No title
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、プレミアムブランドとしては、スペックの数字などはある程度は必要だと思います。
6速ATよりは10速ATのほうが使うかどうかは別として豪華な感じはしますからね。
せめて8速くらいは欲しかったところです。

前期型のオーナーさんからすると、後期型に乗り換える魅力は非常に少ないですよね。
リセールが比較的良いのが救いですが…。

私のように2年で一度手放して、2年くらい他の車に乗ってからまた乗り直すというのもおすすめですよ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント