ボルボV40 VS レクサスCT200h 価格比較編

269万円からという衝撃的に安い価格設定でデビューしたV40、一方355万円からという価格設定が高いと評判だったCT200h。

その差はいかほどなんでしょうか…

10.jpg


続きをどうぞ↓


まずはCT200hの値付けから見てみましょう。

高い高いと言われているCT200hですが、実は通常オプション設定の装備がほぼ標準で付いています。

それらの金額を算出してみましょう。




一番お金がかかりそうなHDDナビ。
参考価格としてプリウスの7インチワイドEGAのHDDナビから算出すると
308,700円。


次にG-BOOK mX Pro用専用DCM+オートアラーム
54,600円。


G-BOOK mX Pro利用料金(2年目~3年目)
24,000円。


G-BOOKとは、トヨタが提供しているネットで情報を受信できるシステム。
ナビの自動更新、オペレーターと電話でつながるオーナーズデスク、事故の時に対応してくれるヘルプネットなどがこれを利用しています。
レクサスではアラームが鳴らると、携帯に電話がかかってくるのです。
あと、鍵や窓閉め忘れでも携帯にメールが来ます。これに何度も救われてます。



ETCユニット
10,500円。


VICSビーコンユニット
15,750円。


レクサスが通常で保証している3年間のメインテナンスパックは
96,400円(参考価格)。


要らないかもしれないけど、車両接近通報装置
12,600円
(ここまでプリウスを参照してます)


あと価格がわからないアイテムとしてはプラズマクラスターイオン発生装置やらもありますが、それは置いておきましょう(笑)



これらのオプション金額を合計すると
512,050円。



CT200hのベースグレード3560,000円からこれらを引くと

3037,950円。


この値段だと、V40 T4 SEの車両価格309万円を下回るという結果。

なんという事でしょう(笑)







では逆に、V40に、CT200hと同様のオプションをつけていってみましょう。


まず、ナビが選べないベースグレードは、この時点で落選。
必然的にT4 SEになります。


ナビゲーションパッケージが200,000円。

リアビューカメラが134,925円。これ、高いな…

CTのスマートキーやアラームに相当する、PCC/キーレスドライブ&ガードアラームが30,000円。


最低限のオプションしかつけていませんが、この時点の合計が364,925円。

車両本体価格309万円に足すと、3,454,925円!
この時点でのCT200hのベースグレードとの差額が11万円ちょっとです。

もちろん、これにはV40の売りであるセーフティパッケージ(20万円)は含まれていません。

しかも、V40はメタリックのカラーを選ぶと、別途8万円もかかってしまうという罠^^;


レクサスの5年10万キロに相当する無料保証などのプランが含まれていませんが、ボルボだとそういったプランはおいくらかかるのでしょうか?




CT200hのベースグレードにはLEDヘッドライトが装備できなかったりするので対等にはまだ比較できませんが、上記の内容を考慮すると、高い高いと言われているCT200hと、安いと言われているV40では、あまり差がないんだな、という印象です。

必要なオプションをつけていくと、結局同じような価格に落ち着くんだなという結論ですね。

もちろん、ベースグレードで社外製ナビをつけて安く仕上げるという賢い方法もありますので、絶対的な値段はV40のほうがお安いのは確かです。




意外と同じような価格に落ち着いた今回の比較、いかがだったでしょうか?

また別の車種に試乗でもしたら、色々比較してみたいと思います^^
今後ともワンダー速報をよろしくお願いいたします!






さて、新しく車を購入しようとお考えの方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、とくにデビュー直後の車だと1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^




少しでも高く買い取ってくれるところを探したい場合は、複数の買取店に一括で見積もりを出せるコチラがおすすめ↓


あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド





面倒だから買取大手一社だけでいいや、という方はやっぱりガリバーさん↓


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定





買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。









ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)



とりあえず愛車の下取り金額見てみようかな…




今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント