トヨタ 新型ハリアー 見てきました。 インテリアインプレッション

話題のトヨタ新型ハリアーのインプレッション第二回目です。

前回はエクステリアをちらっと見てみましたが、今回はインテリアの写真です。

H06.jpg


ハリアー関連の記事も今後も随時更新していきますので、ハリアー関連の記事は以下の「ハリアー関連記事一覧」でチェック!

ハリアー関連記事一覧

↑当ブログのハリアーの最新情報もお見逃しなく!



※例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口な意見が含まれることが有りますので、気分を害する可能性の在る方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ続きをどうぞ↓



東京モーターショーは平日とは言え、大混雑でした。
午前中はそれでも車のドアは施錠されておらず自由に見ることが出来ましたので写真を撮ることも出来ました。

さっそく乗り込んでみましょう。

並べて置いてあった二台のハリアーをごちゃ混ぜで紹介していますので、内装写真も二種類あります。

H17.jpg

ドアの内側は革のようなマテリアルで覆われていて質感は高いですね。
色合いも赤みがかった茶色で、これまた新鮮な感じです。




シートは運転席はメモリー機能付きパワーシートみたいですね。

H09.jpg

オプションなのかどうかは未確認。
スピーカーの周りにもメッキ調の加飾がなされており、質感が高いですね。





スイッチ周りの市松模様みたいなメタルパネルはちょっと冷たい感じもしますが、グレードによっては木目調パネルもあります。
プラむき出しよりは遥かに質感が高いですね。

H15.jpg

ウインドースイッチにもシルバー調の加飾がなされていたり、ISよりも質感高いかも…





運転席に座ってみましょう。

H23.jpg

むむむ、全体的な佇まいと質感はかなりイイですね!
最近座った車の中ではかなり印象がいいです!

革のようなマテリアルで覆われたダッシュボード、クリアブラックに塗装されたセンターコンソールなどぱっと見の質感は非常に高いです。




ハンドルはこんな感じ。

H04.jpg

最近の流行りか、握りはかなり太めで、小径化しているようにも見えます。




ボタン類の質感もまあまあ良さそう。

H14.jpg

隙間も狭くて立て付けも良さそうですね。





メーターは青を貴重にしたオプティトロンメーターでしょうか。

H05.jpg

中央部には高精細なマルチインフォメーションディスプレイが備わります。





起動はプッシュボタン式。

H16.jpg

なかなかこの辺の仕上げもイイですね。





こちらはシフト部分のパネルがメタル調ですね。

H06.jpg

ここはいろいろカスタマイズ出来るみたいですね。





こちらはプレミアムというグレード。
センターコンソールは木目調ですね。

H03.jpg

エアコンの温度調節は、IS同様の静電式のタッチセンサーのようです。





こっちはメタル調。

H13.jpg

オプションなどの棲み分けは未確認です。




コンソール脇はニーパッドのようになっていて、隙間が少しありますが物入れになっているのでしょうか。

H02.jpg

ちょっとした本やCD、スマホとか置けそうですね。




運転席からの助手席方向への見通しはこんな感じ。

H12.jpg

上にあげた写真と見比べると、助手席側ダッシュボード下部がクリアブラック塗装されたものとそうでないものがあるみたいですね。
この辺の棲み分けの詳細はディーラーかオフィシャルサイトでご確認ください。




センターコンソールのカップホルダー部分。

H11.jpg

ちゃんとフタ付き。




センターコンソールボックスはこんな感じ。

H10.jpg




後席もちょこっと見てみましょうか。

H08.jpg

足元はRXほどとはいきませんが、そこそこ広いですね。
レクサスのNXがハリアーよりも前後長が短いとの噂もありますので、これ以上後席空間が狭いとちょっと厳しいかなぁ。




アームレストにドリンクホルダーは完備です。

H07.jpg

ハリアーのインテリアフォトセッションはこんな感じでございました。

人がいっぱいだったので落ち着いて撮影できませんでしたが、雰囲気は伝わりましたかね?





個人的な感想としましては、質感は侮れないほど高かった!という印象。

プレミアムというグレードでも、助手席はパワーシートでなかったりしたのはちょっとマイナスでしたが、これもオプションでなんとかなるかもしれません(未確認)。

とにかくダッシュボードやドアトリムなど、手に触れる部分が革のようなマテリアルで覆われていたので質感が高く感じました。
またシルバー調の加飾も随所に奢られており、レクサスでも気になっていた部分もちゃんと質感が高められていて羨ましい限り。

価格も、ハイブリッドにこだわらなければ270万円そこそこから買えるので、これは人気がでるのも頷けます。
しかも今回はガソリンモデルでもアイドリングストップが備わったとのこと!
明らかにレクサスより先を行ってます。



すでに大量のバックオーダーを抱えているとのこで、今予約しても納車は春以降になるのは確実っぽいです。
それでも少しでも早く欲しい人は早めに契約したほうが良さそうですね…





ということで、目標月販台数の8倍を受注したという、販売絶好調な新型ハリアーですが、すでに大量のバックオーダーを抱えているようで、消費増税前の納車は厳しいかもしれませんね…。
値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^







かんたん車査定ガイド


















「にほんブログ村」のランキングのボタンを設置いたしました。
記事がイイネと思っていただいた方は、今後は拍手ボタンよりも「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント