レクサスRC 見てきました。 東京モーターショー

東京モーターショーで一般公開されたレクサスの新型クーペRC。

ターンテーブル上だったので、中まで見ることは出来ませんでしたが、写真はたくさん撮ってきましたよ!

マニアックな視点で撮ってきましたので、さっそくご紹介したいと思います。

D_201312020037598f1.jpg


とても注目度の高い一台でした!


↓続きをどうぞ。
すでに東京モーターショーは終了してしまいましたが、私が行ったのは平日の朝イチから。

それでもかなり混み合っていました。

06_2013112623074292b.jpg

話題の一台だけあって、RCの前には常に人だかりが。
撮影もままなりません^^;



それでも頑張って撮影してきましたので、努力を認めていただける方は「拍手」ボタンをぽちっとお願いします(笑)




実車を見る前は、なんかどことなく86っぽいなと思っていたんですが、実物は全然違いました。

M_20131202003915178.jpg

RCのサイズは、全長4,695mm、全幅1,840mm、全高1,395mm、ホイールベース2,730mm。
ベースはISみたいですが、ディメンションは若干違います。
一方86は、全長4,240mm、全幅1,775mm、全高1,300mm、ホイールベース2,570mmと一回り以上小柄ですね。

L_20131202003914980.jpg

なので、RCのほうが断然迫力もあり大きく見えました。




特にフロントはISとは完全に独立したオリジナリティあるデザイン。

E_201312020038014c2.jpg

縦縞のグリルが特徴的ですね。




個人的にはグリルの縦縞は、あまり好みではありませんが…

O_201312020039183e7.jpg

ここは普通にメッシュでもいいような気がします。

またスピンドルグリルに内蔵されるようなデザインでLEDフォグランプがついてますが、これも新しい感じですね。
こういったデザインはまだ他のメーカーでも無いので、今後のトレンドとなるか否か楽しみです。




ヘッドライトはL字を3つ並べたような特徴的なデザイン。

D_201312020037598f1.jpg

これはカッコいい。
ヘッドライト内はチューブ状に継ぎ目なく光っているのに、下にあるL字型ポジションライトはツブツブが見えるタイプ。
なんでなんでしょう?



それでもこの迫力。やっぱりカッコいい。

A_20131202003752255.jpg

最近のレクサスは良いですね。
このくらいのアクがあるデザインでちょうど良い気がします。
ヘッドライトもこのままのデザインで発売されると良いなぁ。



フロント部分を真横から見るとこんな感じ。

F_20131202003838bfe.jpg

かなりシャープでカッコいい!





それにしても美しい赤です。
さすが塗装に定評のあるレクサスです。

N_20131202003917e3a.jpg

ボディサイドにはうねるようなキャラクターラインが入っています。
これはISにもありますが、カッコいいですね。




リア周りも見てみましょう。

K_20131202003911423.jpg

リアは個人的に86ぽいなぁと思ったデザインでした。
パーツの要素はそれぞれ全然違うんですが、アウトラインというか全体的な佇まいが似てる気がしてました。

しかし、実物は、結構な迫力で、いい意味で予想と違いました。

J_201312020038459cb.jpg




ただし悪い方向に当たった予想も…

I_20131202003844a02.jpg

リアのランプはツブツブが見えるタイプ。
アウディなどのようにチューブ状に光るタイプではありませんでした。




あと、バンパーにあるダクトのような部分。

H_20131202003842a45.jpg

やはりダミーでした。
デザイン上のアクセントなんでしょうが、あまりダミーは好きではないです。

だったらまだリフレクターとか付いてたほうが良いです。




それでもカッコいいですけどね。

G_20131202003840f42.jpg




あと細かいところですが、ミラーはIS同様、下の部分は無塗装。

B_20131202003754943.jpg

GSはちゃんと塗装されているのに。
価格はおそらくGSと同じかそれ以上になるのではないかと予想されますが、なぜか差別化されてますね…。





ターンテーブル上にあったので、内装は基本的に撮れませんでしたが、ちょっとだけ撮れました。

C_20131202003756f4c.jpg

基本はISと同じですが、各部の質感は明らかに高められています。
ISで不満だった部分の質感が改善されているならば羨ましい限り。
新しくタッチパッド式のリモートタッチも採用されますし、後発の魅力はちゃんと付加されてそうですね。

と言った感じで、レクサスの新モデルRCのフォトインプレッションでした。



まだまだ東京モーターショーの写真はありますので、このシリーズは続きます。
お楽しみに!








さて、デビュー直後のモデルを購入や試乗しようと思っている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。
何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点からネット見積もりなどをすると、返答までに時間がかかり、とくにデビュー直後の車だと1周間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


逆にディーラーのほうが買取店よりも高く出してくれることもありますので、ディーラーの下取り見積もり期限が切れる前に、予めネットで愛車査定をしておくことをオススメします^^


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定



実際にこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた例もあります。
私は、なんと某買取店のダブルスコアで買い取ってもらった経験あり。
そういった条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざ営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめですよ^^





関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント