マツダの新型SUVは「CX-30」!! 価格や発売日をズバリ予想!内装&外装画像インプレッション

マツダの新型SUV「CX-30」の内装&外装画像をインプレッション!


2019年3月5日、ジュネーブモーターショーにおいて、謎の新型SUVがアンヴェールされました。
以前のワンダー速報でも、【謎の新型SUVは「CX-4」かはたまた「CX-6」か?】予想していましたが、まさか「CX-30」とゼロが一つ増えるとは(笑)

2019年3月マツダ新型SUV発表!新型CX-3フルモデルチェンジ?! CX-4?! はたまたCX-6か…?

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

今回ばかりは予想を大きく外しましたね(笑)

そして、公開されたマツダの新型SUV「CX-30」はこんなエクステリアでした↓

2_20190308100712da6.jpg

パッと見、CX-5と差がわからないくらいですが、サイドビューから見るとかなりデザインは異なります。
たしかに、CX-3とCX-5の間を埋める新しいSUVですが、それならいっそCX-4で良かったのにとは思います。
中国でCX-4が発売されているから、CX-30となったのだと思いますが、これからのマツダ車のネーミングには要注目ですね。

今回は、そんな大注目のCX-30のエクステリアや内装画像のインプレッションとともに、価格予想や発売日の予想もしてみます!!

これから加筆されるCX-30関連の記事や最新情報は、以下のCX-30関連記事一覧をチェックしてみてくださいね↓

CX-30関連記事一覧


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。





公開されたマツダCX-30のエクステリアをチェック!


P1J16549s.jpg

ではまずCX-30のエクステリアを見てみましょう。
マツダのデザインアイデンティティである、シグネチャーウイングがフロントに鎮座し、CX-5同様の堀の深いヘッドライト周りとなっていて、顔つきの印象はCX-5に近いですね。

CX-5_09_201903080843394f9.jpg

比較用にCX-5の画像と見比べてみると、たしかに似ていますがキャビンの天地幅がCX-30のほうが薄く、スポーティに見えます。

さらに比較用に、CX-3の画像も見てみましょう↓

CX-3_02_201903080843443bf.jpg

2018年にビッグマイナーチェンジしたCX-3ですが、エクステリアはほぼ変わらなかったため、シグネチャーウイングやヘッドライト周りの造形が最近のものと比べると堀が浅く、シンプルに見えます。

CX-30と比較すると、よりコンパクトに見えますね。


マツダCX-30のボディサイズは?


P1J16529s.jpg
↑クリックで拡大します。

気になるマツダCX-30のボディサイズですが、

全長4,395mm×全幅1,795mm×全高1,540mm、ホイールベース2,655mm

となっています(欧州仕様)。

特筆すべきは、全幅が1.8m以下に収まっていることと、全高が1.55m以下に収まっていること。


MAZDA3とプラットフォームを共有しているのだと思いますが、ホイールベースが異なります。
MAZDA3のホイールベースは2,725mmCX-30のホイールベースは2,655mmと、CX-30のほうが70mmも短くなっています。
MAZDA3でも後席の居住性はそれほど広いとは感じなかったので、それが7cm短縮されているとなると居住性についてちょっと心配になりますが…

全幅はMAZDA3と同様の1,795mmと、日本の都市部で運転するにも取り回しやすいサイズ感になっているのは嬉しいところ。

そして、全高1.55m以下ということは、これまた都市部のマンションの立体駐車場OKな全高となっています。
全幅も1.85m以下なので問題なし!

昨今、SUVは人気ですが、どれも軒並み1.85m幅と1.55mの高さを越えるものが多く、マンションの立体駐車場を利用している人にとっては、乗りたいと思っても乗れないSUVも多かったと思います。
そんなニーズに答える、そして実用性も加味したモデルがこの「CX-30」なんだと思います。



CX-30のボディサイズを、CX-5・CX-3と比較!


CX-30のサイズ単体で見てもわかりづらいので、同じマツダのSUVシリーズとサイズ感を比較してみたいと思います。

まずは兄貴分となるCX-5とサイズを比較してみましょう。

MAZDACX-5_31_2019030808435013c.jpg
↑クリックで拡大します。

CX-5のボディサイズは、

全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mm、ホイールベース2,700mm

となっています。
CX-30のボディサイズは全長4,395mm×全幅1,795mm×全高1,540mm、ホイールベース2,655mmなので、CX-5と比較すると150mm短く、45mm狭く、150mmも低くなっています。

すべてにおいて小さいサイズとなっていますね。
特に全高が150mmも低いんですね。


続いては、弟分となるCX-3とサイズを比較してみましょう。

CX-3_10_20190308084346d34.jpg
↑クリックで拡大します。

CX-3のボディサイズは、

全長4,275mm×全幅1,765mm×全高1,550mm、ホイールベース2,570mm

となっています。
CX-30のボディサイズは全長4,395mm×全幅1,795mm×全高1,540mm、ホイールベース2,655mmなので、CX-3と比較すると120mm長く、30mm広くなっています。

全高はCX-3と同じなので、どちらも立体駐車場OKです。

こうして比較してみると、CX-30のサイズ感がわかってきたでしょうか?

P1J16519s.jpg

CX-3よりも120mm長く、CX-5よりも150mm短いという全長は、まさにCX-5とCX-3の中間ですね。

「CX-3では後席やラゲッジスペースが狭すぎて…」という声も少なくない中で、とは言えCX-5では立体駐車場に入らないというマンション居住者には朗報なSUVとなりそうですね。

CX-30のラゲッジ容量は430Lと、CX-3の350L(サブトランク含む)に比べて大幅に拡大されています。
これで、Cセグメントとしては標準サイズのラゲッジスペースとなり、実用性の部分でも問題なさそうです。


そして、CX-30のエクステリアで、最も印象的なのがこのサイドビューと言っても過言ではないでしょう。

特に印象的なのが、フェンダーアーチからボディサイドロアにかけての無塗装のモールが厚みがあること。

P1J16531s.jpg
↑クリックで拡大します。

そして、MAZDA3同様に、ボディサイドにはキャラクターラインを排し、面で見せるシンプルなデザインになっています。
BMWのX2にも似た、クーペスタイルSUVのデザインだと思いますが、この極端とも言える無塗装のモールディングは、好みが分かれそう。

BMWX2_12_20190308091615ddf.jpg
↑クリックで拡大します。

フェンダーアーチモールはCX-30のほうが厚みがありますね。

P1J16520s.jpg

無塗装のフェンダーアーチモールを嫌ってカラードアーチモールにする方もいますが、このCX-30の分厚いフェンダーアーチモールが支持されるかが注目です。



マツダ新型CX-30のエクステリアの画像をさらにチェック!


P1J16524s.jpg

公開されたCX-30の画像はまだまだありますので、見てみましょう。
フロントマスクは正面から見ると、CX-5よりももっと優しい顔つきに見えますね。

シグネチャーウイングもより立体的になり、MAZDA3などともまた違った表情を見せています。

P1J16534s.jpg

細かいところにエッジが立つようにデザインされていて、かなり凝っているなぁと。

遠くから見るとわからないですが、近くから見ると細かいところのエッジやチリの合わせなどは相当精度が高そうです。

P1J16523s.jpg



続いて、CX-30のリアビューです。

P1J16530s.jpg
↑クリックで拡大します。

ティザービジュアルで公開されていたのはこのアングルですね。

newCX-3.jpg

特徴的なのは、リアコンビネーションランプ内のラインが入ったポジションランプです。

P1J16532s.jpg

消灯時はランプユニット一体としてCX-5のポジションランプとも似た表情になりますが、夜間の点灯時などはまた違ったデザインに見えるので、他のCXシリーズとわかりやすく差別化されている部分ではないでしょうか。

P1J16528s.jpg

CX-5やCX-3よりも切れ長なリアコンビネーションランプは、CX-30の特徴ですね。
よりシャープな表情に見えて、クーペスタイルSUVのカッコよさをより引き出しているデザインだと思います。

P1J16526s.jpg

こうして見ると、意外とワイド感があるリアビューですよね。

全幅は1.8m以内ということを考えると、デザインの妙だと思います。

P1J16525s.jpg

あとはこの厚みのあるフェンダーアーチモールとサイドロアモールが支持されるかが焦点でしょう。

私も正直、初めて見た時は、MAZDA3ほどの感動がなかったのも事実。

そして腰高に見えてしまうサイドロアモールは、あまり好みではないと思いました。

P1J16522s.jpg

あとは実物を見ると印象がガラリと変わることもあるので、早く実車を見て、触ってみたいですね。
ボディカラーが黒だったりすると目立たなくて気にならないとかあるかもしれませんし。

クーペスタイルのSUVらしく、リアに向かって絞り込まれたボディ上屋がとてもセクシーに見えます。

1_20190308100710c03.jpg

ダミーのバンパーマフラーデザインが流行する昨今ですが、オーソドックスな片方1本ずつの左右2本出しのマフラーも個人的には好みです。
機能性のないダミーのデザインは好きではないので。

そして、CX-30にはリアクォーターウィンドウがあるのもいいですね。

P1J16521s.jpg

MAZDA3ではあえてCピラーが太いデザインとなっていましたが、斜め後方の視界はお世辞にも良いとは言えなそうでした。

それが、このCX-30では、クーペスタイルながら小さめではありますが、リアクォーターウィンドウがあることで、室内が明るく、そして斜め後方の視界にも考慮されています。



マツダ新型CX-30の内装をチェック!


P1J16535s.jpg
↑クリックで拡大します。

続いては、マツダCX-30の内装を見てみましょう。

公開されている枚数は少ないですが、インテリアデザインは基本的にMAZDA3を踏襲している模様です。

Mazda-3-2019-1280-7d.jpg
↑クリックで拡大します。

Mazda-3_Sedan-2019-1280-36.jpg
↑クリックで拡大します。

上記2枚がMAZDA3の内装です。

似てはいますが、全く一緒ではないですね。
ナビ周りのダッシュボードのデザインなどはCX-30のほうがより包まれ感があるラウンドしたデザインになっていますし、ドアトリムやセンターコンソールなどの形状も異なります。

CX-30もMAZDA3と同様に、ドアトリムやダッシュボードなど、ほぼ手に触れる部分はソフトパッドで覆われ、センターコンソールもピアノブラック塗装されるなど、質感は非常に高いです。

P1J16527s.jpg
↑クリックで拡大します。

内装デザインのまとまり具合では、CX-30のほうが好みかもしれません。
それにしても、最近のマツダの内装の質感の高さには驚かされますね。

詳細な内装画像が公開されましたら、またインプレッションしてみたいと思いますが、基本的にMAZDA3同様に、

・8.8インチワイドディスプレイ
・新世代のマツダコネクト
・電動パーキングブレーキ+ブレーキホールド
・ヘッドアップディスプレイ
・7インチのデジタル液晶メーター
・トヨタと同じコネクテッド機能(マップオンデマンドやオペレーターサービスなど)


などは用意されているはずです。

しれっと書きましたが、MAZDA3から、トヨタと同様のコネクテッド技術が採用されます。

車載のDCMで3年間は利用料無料でコネクテッドサービスが使える模様で、T−CONNECTナビ同様に、地図の自動更新「マップオンデマンド」や、有人オペレーターのコンシェルジュサービス「オペレーターサービス(レクサスオーナーズデスク)」、「うっかり通知」なども利用できるようになるそうです!
マツダが遅れていたコネクテッド技術の部分でも、トヨタ同様の装備が与えられるのは大きいですね!



CX-30の予想価格は?


3_20190308100713b02.jpg

そして気になるのがCX-30の価格や発売日です。

まだ、パワートレインがどんなものがラインナップされるか不明なので、予想も立てづらいところもありますが、おそらくはMAZDA3と同じようなパワートレイン展開になるのではないかと思われます。

MAZDA3は先日ブログでグレード展開と価格を公開しましたので、よかったらそちらの記事も併せてご覧ください↓

【価格は218.1万円から!】マツダ新型アクセラ改めMAZDA3の予約開始!価格情報まとめ!

2_20190306182933036.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!



CX-30も国ごとにパワートレインが変えられてラインナップされると思いますが、日本にはおそらく1.8Lディーゼル、2.0Lガソリンモデル、2.0LスカイアクティブXなどがラインナップされるのではないかと予想します。
さすがに1.5Lガソリンモデルは、このCX-30には非力だと思われるので除外されるのではないでしょうか。

もしかしたらアクティブなキャラクターを考慮して、2.2Lディーゼルや、2.5Lターボの搭載などもあり得るかもしれません。


CX-30の価格ですが、先日公開されたMAZDA3より少し高めの価格帯になると予想されますので、

新型CX-30 2.0L SKYACTIV-G 250〜280万円

新型CX-30 1.8L SKYACTIV-D 290〜350万円

新型CX-30 2.0L SKYACTIV−X 330〜380万円


くらいの価格帯になるのではないかと予想します。
あくまで個人的な予想なので外れる可能性もありますので、参考程度に見ていただければと思います^^;



マツダCX-30の日本での発売日は?


世界各国で販売されるCX-30ですが、いちはやくと発売されるのがヨーロッパだそうで、2019年夏頃から販売される予定です。

それ以外の地域では2020年とのことですが、日本では2019年末に正式発表されるのではないかと予想します!

CX-5のときのように、12月に先行展示などを行いリリース発表、そして同時に年内から事前予約受付開始、2月ころに店頭での正式発売となるのではないかと予想。

これもあくまで個人的な予想ですので外れる可能性もあります^^;
詳しい情報が入り次第、修正加筆したいと思いますので、マツダCX-30にご興味がある方は、ワンダー速報を毎日チェックしてくださいね!
ワンダー速報は年中無休で毎日21時更新!!

P1J16541s.jpg



CX-30やMAZDA3をできるだけ安く、賢く買うには?


CX-30はまだ発売の見通しも立っていませんが、MAZDA3はすでに見積もり予約も解禁されています。
試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前にやっておいたほうがいい準備としては、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場だけ知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、それでいいかも。
1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に、買う車の納期がわかっていればと売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の売却価格が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この方法でディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

実際私もいつもこの方法で売却してますが、少なくとも15万円はディーラーより高い売却査定が出てますし、最大で100万円以上高く買い取ってもらったこともあります!もう笑うしか無いです(笑)
その時のブログはこちら↓

【驚異のリセールバリュー!!】レクサスRXの中古買取価格は高いか?! 一括査定してみた結果は…!?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分が自分に対して良いものを買ってあげなければ、誰も自分の身の丈は引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^


想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

P1J16523s.jpg

ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り査定額見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



MAZDA3は先行展示をすでに見てきていますので、下記のブログ記事と動画も併せてどうぞ!

【質感ヤベェ】MAZDA3(新型アクセラ)見てきました!東京オートサロン2019【速報】

MAZDA3_01.jpg



【高画質画像大量!】マツダ新型アクセラ(MAZDA3)ハッチバック見てきた!エクステリア編 東京オートサロン2019

MAZDA3_21.jpg



【画像大量】マツダ新型アクセラ(MAZDA3)セダンかっこいいじゃん! 東京オートサロン2019

MAZDA3_51.jpg



【嫉妬する内装】マツダ新型アクセラ(MAZDA3)見てきた!東京オートサロン2019

MAZDA3_20.jpg



2019新型MAZDA3内装レポート後編!後席やラゲッジの実用性をチェック!

MAZDA3_72.jpg

↑それぞれ別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!


↑クリックで再生します。


↑クリックで再生します。


今後は試乗動画もアップ擦る予定ですので、ぜひ見てみてチャンネル登録よろしくお願いいたします^^


では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ












関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
ホイールベースがmazda3と結構違うのはシャシー自体ちがうんですかね?
絶妙なサイズ感ですね!
私みたいに「RAV4いいんだけどサイズがなぁ…」と考える方に新たな、そして有望な提案になっていると思います。それにしてもCX-30、なんでゼロをつけることにしたんでしょうね。ボルボのSUVとかと名前の区別がしづらくなるのに。(汗)
MAZDA3はお尻のラインがセクスィーだと感じますが、CX-30のライトは何かに似てるなぁと眺めていたら、トランスフォーマーのバンブルビーの目に似てるんだと気づきまして。
コネクティッド機能が乗る = しゃべる車ということでしょうか。(笑)

あとは、新たなエンジン…。た、頼むぞMAZDA。(笑)

ところで、UXをマークしていましたがCX-5乗りになりましたので、名前変更しました。なぜイルカか?動画でイルカの顔をご覧になると納得いただけるかと思いますが、現行CX-5・8の細目の顔つき・鼻面の長さのバランスは、鯉のぼりではなく(笑)イルカのそれです。確信してます。
後席空間に関してはホイールベースだけではわからないんじゃないですかね。着座位置次第でホイールアーチとの干渉具合も変わりますから。CX-5に乗ってますが、同じホイールベースの現行アクセラより後席は広いですよ。実際寸法はどんなもんかと思って調べましたが、ホイールベースは同じ2700mmでも室内長はアクセラ1845mmに対してCX-5が1890mmで+45mmですね。
とはいえホイールベース2655mmとなると現行アクセラと比べても-45mmなので、後席空間は良くて現行アクセラと同等くらいですかね?
トヨタと同じコネクテッド機能を使えるなら素晴らしいですね。
マイナスは分厚いフェンダーアーチモールぐらいでしょうか。
もう少し大きいのがいいのでCX-50とか出ないですかね。

今は国内メーカーではマツダが一番期待できる感じです。
Re: No title
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

なんでホイールベースが違うのかは謎ですね・・・
プラットフォームは同じだと思うんですが・・・
Re: 絶妙なサイズ感ですね!
イルカ乗りさん、コメントありがとうございます。

コネクテッドはオペレーターサービスに繋げば、人が喋りますけどね(笑)

UXマー改イルカ乗りになったんですね。
今後とも宜しくお願いいたします。
Re: タイトルなし
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

確かにホイールベースだけでは測れないものがありますよね。
でもなぜあえてホイールベースを変える必要があったのか、そこが気になりますね。
後席の居住性はMAZDA3くらいは最低限確保してほしいですね。
それでもファミリー需要には結構厳しいかもしれませんが…
Re: タイトルなし
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

マツダが遅れていたコネクテッド機能がこれで一気に改善しましたね!
他のメーカーを抜き去って、商品力も相当良さそう。
MAZDA3にも同様のコネクテッドサービスが提供されるみたいなので、これからのマツダ車には特に期待ですね!
写真で見る限り後席は広くはなさそうです。
個人的には、デザイン、サイズは文句無しで、輸入車と比較対象になります。
実際乗ってみないと何ともいえないですが、今クロスオーバーSDなので、パワーは物足りなく感じるかもしれません。
Re: タイトルなし
s-lineさん、コメントありがとうございます。

ミニ・クロスオーバーはとてもトルクフルで感動した記憶があります。
あのダイレクト感を国産で実現するのは難しいとは思いますが、また違った楽しみや便利さがあるかもしれませんね。
CX-30はマツダ3を実用にふりながらSUVらしさを出したモデルというのが正直なところかなと思います
4400を切る全長と1800を切る全幅、全高もCX-3と同等というサイズでCX-5と同等の運転席-助手席幅マツダ3より良い後方視界と430Lの荷室という使いやすいパッケージングになってます

後席の方は頭上空間はマツダ3より広め、運転席と後席の距離自体狭めというイメージがわかりやすいかと思います
ただ、マツダ3ほど後席が寝ていないのでマツダ3より狭いという印象は少ないと思います

この辺りは是非ディーラーに到着後に確認してください
Re: タイトルなし
ジャクソンさん、コメントありがとうございます。

CX-30は意外と良い線行ってるかもしれませんね。
私も今年はマツダ車を買う予定ですが、MAZDA3かCX-30か悩みますね。

コメントの投稿

非公開コメント