【非AMGの内装は?】メルセデスベンツ新型AクラスA180 Style試乗しました!内装レポート

メルセデスベンツ新型Aクラスの試乗インプレッション内装編


先日からブログでもお届けしている新型Aクラス「A180 Style」の試乗レポートですが、今回は素のA180 Styleの運転席周りの内装を画像大量でお届けします!

MercedesA180_34.jpg

前回までにお届けした記事はこちら↓

メルセデスベンツ新型Aクラス試乗しました!A180 Style【短評】

【エクステリア画像大量】メルセデスベンツ新型AクラスA180 Style試乗しました!(AMGライン非装着)

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

Youtubeにアップした動画はこちら↓




↑クリックで再生します。

動画ではすでにお伝えしていますが、尺の関係でお届けできなかった細かいところまでブログではフォローしてお届けします。


今回試乗させてもらったのは、新型Aクラスでも中間グレードにあたる「A180 Style」のAMGライン非装着モデル。

Edition 1は最上級グレードとして質感バリバリでしたが、素のA180 Styleの内装はどんな評価になるでしょうか。


メルセデスベンツ新型Aクラスについては、過去の記事だけでなく、これから最新情報も加筆していきますので、Aクラスの記事をまとめ読みしたい人は、以下の「メルセデスベンツAクラス記事一覧」をご参照ください。

メルセデスベンツAクラス関連記事一覧


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式YouTubeチャンネル「ワンソクtube」では、今後試乗したクルマのインプレッションや、車情報の雑談なんかも公開していく予定ですので、併せてチャンネル登録をお願いいたします^^

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。







メルセデスベンツ新型Aクラス「A180 Style」の運転席周りの内装をチェック!


試乗車として用意いただいたのは、AMGライン非装着の素のA180 Styleです。

MercedesA180_49.jpg

車両本体価格は369万円からですが、ナビパッケージやら、レーダーセーフティパッケージがついて、さらにメンテナンスプログラムやら延長保証などがついて、440万円…。

MercedesA180_08.jpg

以前に書いた見積もり記事もご参照ください↓

【価格は高いか?!】322万円からの新型Aクラス(A180 W177)見積もりました!2018年10月18日発表!最新情報まとめ!

Aclass06.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!



では、さっそく新型Aクラス A180 Styleの運転席ドアを開けてみましょう。

MercedesA180_40.jpg

さすがにトリム上部や中央部分など手に触れる部分はソフトパッドになっており、プレミアムCセグメントの質感は担保していると思いましたが、以前に六本木で見たEdition 1の内装が鮮烈すぎて、これでも質感が劣っているように見えてしまいます。

MercedesA180_39.jpg

ちなみに、A180 Edition 1のドアトリムがこちら↓

Mercedes-Benz_Aclass26_20190221195219e46.jpg

トリム上部はステッチ付きのDINAMICAという合成皮革で、本アルミのオーナメントパネル、インテリアイルミネーションまで装備されていて質感は素晴らしいものがありました。

ちなみに、カタログモデルでここまでの質感を求めるなら、AMGライン(25.5万円)にさらにAMGレザーエクスクルーシブパッケージ(20.4万円)を装備しなければならず、+45.9万円が必要となります。


そこまではちょっと…と思う方は、素のA180 Styleでもココまでの質感は担保されています↓

MercedesA180_38.jpg

トリム上部や中央、肘置き部分もステッチこそ付きませんがソフトパッドになっています。


そして、ドアヒンジはもちろん鋳造製。

MercedesA180_37.jpg

ドイツ車はココだけは譲りませんよね。
プレスヒンジとの差は本当にあるの?って言う人も多いと思いますが、やっぱり違うみたいです。
ちなみにメルセデスでも、スマートだけはプレスヒンジです。
VWはUPでも鋳造製だったのは印象的。


続いて、新型Aクラス A180 Styleの運転席を見てみましょう。

MercedesA180_36.jpg

シートはファブリックと合成皮革のコンビネーションです。
背もたれ部分は表皮とシートウレタンの間にスキマ感がありますが、座れば気になりません。


スカッフイルミネーションは、A180 Style以上に標準装備!

2_201902241010130c8.jpg

そして残念ながらアクセルペダルは吊り下げ式です。
フロアマットがフットレストに付かないのは謎ですね。


続いて、新型Aクラス A180 Styleの前席全景をどうぞ。

MercedesA180_19.jpg
↑クリックで拡大します。

次世代のメルセデスのインテリアデザインに一気にアップデートされた感じですね!

ただ、先日見てきた初期限定モデルのEdition 1と比較してしまうと、だいぶグレードダウンした感があります。

5_20190221195218c5d.jpg
↑クリックで拡大します。

↑こちらがEdition 1です。
Edition 1には、AMGライン(25.5万円)とレザーエクスクルーシブパッケージ(20.4万円)相当が装備されているので、質感が上なのも当たり前です。

ただ、主要な部分の機能は同じですので、このクラスとしては異例の、大型ナビ画面+デジタル液晶メーターが採用されているのはトピックですね!

細かく見てみましょう。


まずはステアリングホイールから。

MercedesA180_35.jpg

新型Aクラス A180 Styleのステアリングホイールは、マルチファンクションステアリングという、親指で操作する小型のトラックパッドが左右に仕込まれています。
これは実際に使ってみましたが感動モノで、左側のトラックパッドではナビ画面の操作ができ、右側のトラックパッドではメーター内の情報を操作できるようになっています。
インターフェイスも直感操作できるくらい洗練されていたので、すぐに理解できました。
これは素晴らしい!

MercedesA180_18.jpg

ステアリングホイール自体は本革巻きで、パドルシフトも装備されているので特に不満もありませんが、Edition 1相当のステアリングホイールとは質感が差別化されています。

Mercedes-Benz_Aclass54_201902211952212ec.jpg

こちらがEdition 1のステアリングホイールですが、シルバーの塗装がされているので質感は向上しているように見えますが、ちょっとギラついた感がありますね。
好みによるかも。


続いては、先程少し紹介したデジタル液晶メーターですが、こちらは10.25インチワイドとなっています。

MercedesA180_03.jpg

通常は2眼のアナログメーターのようになっていますが、こちらはかなり高機能となっています。

右側のメーター部分の内容はクルーズコントロール情報やオーディオ情報など、様々な情報から選んでカスタマイズできます。

MercedesA180_05.jpg

さらに左側のメーターも、タコメーターだけではなく、いろいろな情報を選んでカスタマイズできます。

MercedesA180_04.jpg

燃費情報などだけではなく、メーター内に地図情報も表示することができます!

MercedesA180_07.jpg

ドラゴンレーダーみたい!(笑)
これでアウディのバーチャルコックピットにかなり近いデジタル液晶メーターだなぁと思っていたら、なんと中央部分にもナビの地図表示をすることができました!

3.png

これはとても高機能!!

さらに!
メーターを取っ払って全画面での地図表示まで可能!!

4.png

ここまで表示の自由度が高いと、アウディのバーチャルコックピットすら超えているかもと思えるほどです!
これは素晴らしい!

アウディのバーチャルコックピットも高機能で表示できる情報も多く、負けてはいません↓

q2_1_201902192011474a6.jpg

メーターが縮小表示されているのもGOODです。
Google Earthの航空写真を表示できるのもアウディのバーチャルコックピットならでは。

しかし、それに匹敵するデジタル液晶メーターがメルセデスから出たのはとても嬉しいですね。

MercedesA180_01.jpg

このように2画面での地図表示も可能で、とても見やすいです。
メーター内の地図の縮尺も任意で変えられるので、ボルボのデジタル液晶メーターよりも高機能。

カスタマイズの自由度の高さに驚きましたね。

Cクラスでも2018年のマイナーチェンジでデジタル液晶メーターは用意されましたが、レザーエクスクルーシブパッケージを付けないとデジタル液晶メーターにならないので、とても高価です。
それに比べて、この新型Aクラスでは、A180 Style以上にはデジタル液晶メーターが標準装備なので、とてもコスパが良いと思います。

MercedesA180_34.jpg

国産車はデジタル液晶メーターでは遅れを取っているので、このメーターを見ただけで、ちょっと欲しくなっちゃいますね(笑)


続いては、ステアリングホイールの右側ですが、こちらにはライト系のスイッチと、電動パーキングブレーキのスイッチが有りました。

MercedesA180_33.jpg

電動パーキングブレーキは、Pに入れると自動でかかるので、実際には電動パーキングブレーキのスイッチはほとんど使うことはないと思います。



続いて、新型Aクラス A180 Styleのインパネ周りを見てみましょう。

MercedesA180_32.jpg

こちらは、Edition 1ともほぼ変わらない部分で質感は良いと思います。
まず特徴的なのが、メーターパネルと連続しているこのナビ画面でしょう。

MercedesA180_06.jpg

ただしナビソフトはオプションで、ナビパッケージ(18.4万円)を付けないといけないというのは、余計なコストですね。
ナビくらい標準装備にしてもらいたいところ。

ナビ画面の解像度も高く視認性が良いのは◎。

そしてこちらのナビ画面は、トラックパッドのコントローラーだけでなく、画面のタッチ操作にも対応しているのは素晴らしいです。
やはり直感で操作したい時には、タッチ操作のほうが便利ですし、文字入力などする際にもタッチ操作のほうが早いですからね。


そして、ナビ画面の下には、三連のエアコン吹出口とエアコンの操作スイッチがあります。

MercedesA180_31.jpg

レザーエクスクルーシブパッケージにすると、ここにイルミネーションが付きますが、素のA180 Styleだと光らないみたい。
まぁこれでも十分質感高いですけどね。

エアコンの操作スイッチもメッキ加飾されており、質感も十分。
ハザードランプのスイッチも、従来のメルセデスのものより押しやすいかも。


そしてその下には、シャッター付きのドリンクホルダーがあります。

MercedesA180_28.jpg

ここもピアノブラックになっていて質感はGOOD。
ただし、皮脂やホコリが目立つのは宿命です。

MercedesA180_29.jpg

シャッターを開けると、スマホの非接触給電Qiと、ドリンクホルダーが2つ、そしてUSB typeCのソケットが1口あります。
ちなみに、この新型Aクラスでは、USBソケットはすべてType Cなので、Type Cのケーブル持ってない人は購入する必要があります。

スマホの非接触給電はA180 Style以上に標準装備!これは志が高い!

そしてその後方には、パームレストと一体になっているトラックパッド式の操作デバイスがあります。

4_2019022412023244a.jpg

これも新しいですよね。
天板もサラサラとしたソフトな触感があり、レクサスなどよりも触り心地が良かったです。

天板自体を押し込んで決定できます。

周りにはドライブモードセレクトなどの物理スイッチもありますが、こちらも見た目の質感高いですね。



そしてその後方には、アームレストコンソールがあります。

MercedesA180_27.jpg

こちらはメルセデスの伝統として、左右に開くタイプ。

中はフェルトのような底面になっており、USB Type-Cのソケットが2口ありました。

MercedesA180_26.jpg

BMW3シリーズでもそうでしたが、これからはType Cが主流になりそうです。




メルセデスベンツ新型Aクラス「A180 Style」の運転席周りの内装の感想・評価は?


MercedesA180_19.jpg

と言った感じで、AMGライン非装着のA180 Styleの内装を、運転席周りの中心に見てみました。
個人的な感想としては「やはりEditon 1から見比べてしまうと見劣りはするものの、デジタル液晶メーターの高機能やインパネの質感は同等なので、これでも良いかも」と思いました。

事実、AMGライン非装着のA180 Styleも半分くらいの販売比率だそうで、これでも良いやという人も多いみたいです。
たしかに、AMGラインとレザーエクスクルーシブパッケージをつければ、このセグメントでは敵なしの質感を手に入れることができますが、それには+45.9万円が必要で、ナビパッケージやらレーダーセーフティパッケージなどと合わせると、オプションだけで100万円近くかかってしまいます。

個人的には、インテリアイルミやアルミパネルも欲しいところですが、レザーエクスクルーシブパッケージは断念しても、AMGラインくらいは付けておきたいところ。
エクステリアも変わりますからね。

それにしても、この新型Aクラスは販売も好調らしく、納車には4ヶ月程度かかっているみたいです。
あまりのんびりしていると増税に間に合わなくなってしまう可能性もあるので、気になっている方はお早めにメルセデスディーラーに足を運んだほうが良さそうですよ。


今回のレポートの内容は、動画でもすでに先行してお伝えしているので、まだ見てない方はこちらもぜひ↓


↑クリックで再生します。

ちょっと長くなりましたので、A180 Styleの後席やラゲッジスペースのレポートは次回以降でお届けしたいと思います。
お楽しみに^^

MercedesA180_16.jpg


新型Aクラスは、昨年秋に六本木のMercedes MEに展示してあったEdition 1を動画とブログで特集していますので、そちらの記事も見ていただくとAMGライン+レザーエクスクルーシブパッケージの質感がわかると思います↓

【画像大量!】メルセデスベンツ新型Aクラス見てきた!速報動画も公開中!

Mercedes-Benz_Aclass10.jpg


【内装の質感は半端ない!】2018メルセデスベンツ新型Aクラス見てきました!内装レポート!

Mercedes-Benz_Aclass37.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

動画も20万回を越える大ヒットとなりました!


↑クリックで再生します。



すでに店頭では試乗も解禁していますので、新型Aクラスにご興味ある方はディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
結構売れているそうで、納期も4ヶ月くらいかかるみたいですので、消費税の増税前に納車したい方はお早めに動いたほうが良いですよ…
今回取材に協力していただいたメルセデスベンツ越谷店の木村さんという営業さんに「ワンダー速報を見た」というと何か良いことがあるかもしれません。←無いかもしれませんw

MercedesA180_54.jpg

ということで、メルセデスベンツ新型Aクラスなど新車の購入を検討中の方は、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場だけ知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、それでいいかも。
1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

MercedesA180_52.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り査定額見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


それでは次回のワンダー速報もお楽しみに!


↑クリックで再生します。



↑クリックで再生します。




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ













関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント