【エクステリア画像大量】メルセデスベンツ新型AクラスA180 Style試乗しました!(AMGライン非装着)

メルセデスベンツ新型Aクラスの試乗インプレッションです。


先日からブログでもお届けしている新型Aクラス「A180 Style」の試乗レポートですが、今回は素のA180 Styleのエクステリアを画像大量で見てみたいと思います。

MercedesA180_47.jpg

前回までのブログでは、A180の試乗インプレッションの短評と、Youtubeにアップした動画をお届けしました↓

メルセデスベンツ新型Aクラス試乗しました!A180 Style【短評】

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

先行してアップしている試乗動画はこちら↓




↑クリックで再生します。


動画ではすでにお伝えしていますが、それをさらに詳細にレポートしますので、ブログも是非ご覧になってくださいね!


新型Aクラスは、昨年秋に六本木のMercedes MEに展示してあったEdition 1を動画とブログで特集していましたが、その質感の素晴らしさに感嘆したのでした↓

【画像大量!】メルセデスベンツ新型Aクラス見てきた!速報動画も公開中!

Mercedes-Benz_Aclass10.jpg


【内装の質感は半端ない!】2018メルセデスベンツ新型Aクラス見てきました!内装レポート!

Mercedes-Benz_Aclass37.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

動画も20万回を越える大ヒットとなりました!


↑クリックで再生します。

まだ見ていない方は併せてご覧になっていただけると新型Aクラスの上位グレードの内装の質感などが分かると思います。

今回試乗させてもらったのは、新型Aクラスでも中間グレードにあたる「A180 Style」のAMGライン非装着モデル。

Edition 1は最上級グレードとして質感バリバリでしたが、中間グレードのエクステリアはどんな評価になるでしょうか。


メルセデスベンツ新型Aクラスについては、過去の記事だけでなく、これから最新情報も加筆していきますので、Aクラスの記事をまとめ読みしたい人は、以下の「メルセデスベンツAクラス記事一覧」をご参照ください。

メルセデスベンツAクラス関連記事一覧


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式YouTubeチャンネル「ワンソクtube」では、今後試乗したクルマのインプレッションや、車情報の雑談なんかも公開していく予定ですので、併せてチャンネル登録をお願いいたします^^

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。







メルセデスベンツ新型Aクラス「A180 Style」のエクステリアをチェック!


MercedesA180_49.jpg

ではさっそくメルセデスベンツ新型Aクラス A180 Styleのエクステリアを見てみましょう。
試乗車として用意していただいのは、メルセデスベンツ新型Aクラス A180 Styleです。

昨年の10月に六本木のMercedes Meで見た新型Aクラスは、初期限定モデルのEdition 1だったので、19インチホイールやイエローのアクセント、ナイトパッケージというブラックメッキなどで彩られた迫力があるグレードでした。

Mercedes-Benz_Aclass04_20190221195219ad1.jpg
↑クリックで拡大します。

それに比べると今回試乗させてもらった素のA180 Styleは、かなーり大人しい印象です。

Edition 1は、AMGラインというエアロパーツや内装パーツが多数装備されているだけでなく、Edition 1専用パーツもふんだんに装備されているので、よりイカツイ感じになっています。

本来だったら、AMGライン装着車を試乗してみたかったところですが、実はこの素のA180 Styleも結構売れているとのこと。
AMGライン装着モデルと半々くらい売れているそうで、このプレーンなAクラスも支持されているようです。

MercedesA180_50.jpg
↑クリックで拡大します。

ちなみに、AMGラインは25.5万円のオプションで、

・AMGスタイリングパッケージ(フロント・サイド・リアスポイラー)
・Mercedes-Benzロゴ入りブレーキキャリパー(フロント)
・ステンレスアクセル&ブレーキペダル
・本革巻きスポーツステアリング(ナッパレザー)
・レザーDINAMICAシート
・18インチアルミホイール
・マルチビームLEDヘッドライト
・アダプティブハイビームアシスト・プラス


がセットになっています。
これだけの内容が含まれて25.5万円なら付けてしまってもいいかとも思えます。

ただ、これ以外にも安全装備である「レーダーセーフティパッケージ(24.5万円)」や、「ナビゲーションパッケージ(18.4万円)」もほぼ絶対つけなければならないオプションだと思うので、オプションだけで70万円近くかかってしまいます…

試乗車のA180 Styleも、なんだかんだで総額440万円になっていました(諸経費含まず)。

MercedesA180_08.jpg

車両本体価格は369万円からですが、ナビパッケージやら、レーダーセーフティパッケージがついて、さらにメンテナンスプログラムやら延長保証などがついて、440万円…。

これにAMGラインまでつけて、さらにコーティング諸経費などを入れたコミコミ価格は500万円前後となり、結構お高いAクラスになってしまうんですよね。

車両本体価格で安く見せていても、絶対必要な安全装備やナビが別オプション扱いなのはマイナスポイント。
レクサスやボルボでは安全装備やナビは標準装備ですからねぇ…
コミコミ価格では結構差が出てきます。


延長保証やコーティングなどを抜いて最低限のオプションで済ませれば、AMGラインを付けても470万円くらいには収まります。

見積もり記事は、過去記事を参照してみてください↓

【価格は高いか?!】322万円からの新型Aクラス(A180 W177)見積もりました!2018年10月18日発表!最新情報まとめ!

Aclass06.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!



さて続いて、メルセデスベンツ新型Aクラス A180 Styleのエクステリアをフロントからどうぞ。

MercedesA180_54.jpg

CLSから始まった、次世代のメルセデス顔ですが、サメをモチーフにしているとのことで、たしかに平べったくてシャークっぽい顔つきですよね。
シルバーがよく似合います。

MercedesA180_47.jpg

くの字型のポジションライトは、デイタイムランニングライトになっており、昼間でも対向車からの視認性は良いです。
新型Aクラスは

ただ、残念なのは、AMGラインを装着しないとアダプティブハイビームアシスト・プラスにはならないこと。

MercedesA180_45.jpg

AMGラインを装着すると、アダプティブハイビームシステム・プラスという片側18クラスタで対向車や先行車の部分だけを遮光してくれるアダプティブハイビームシステムになります。



メルセデスベンツ新型Aクラス A180 Styleを斜め前から。

MercedesA180_44.jpg

シンプルでプレーンな顔つきですよね。

AMGラインではバンパーサイドのエアインテーク部分は、サイドに抜けるようになっていましたが、こちらの素のA180 Styleではメッシュ部分は埋められており、完全にダミーのデザインになっています。

Mercedes-Benz_Aclass11_20190223151358f47.jpg

↑AMGラインではこのように抜けているのがわかります。


ワイド感のあるエクステリアですが、全幅は1,800mmとなっており、取り回しは悪くなさそう。

MercedesA180_42.jpg

まさにサメっぽい表情ですよね。
好みは分かれると思いますが、私は嫌いじゃないです。

MercedesA180_41.jpg

ただ、素のメルセデスベンツ新型Aクラス A180 Styleが貧相に見えるのは、16インチタイヤ&ホイールによるところが大きいです。

MercedesA180_43.jpg

評論家の方々の試乗レポートを見ると、軒並み「硬い」との評価の新型Aクラスですが、それはEdition 1の19インチか、AMGラインの18インチタイヤ&ホイールによるところが大きいと思われます。

こちらの16インチタイヤ&ホイールでは、試乗した際にもそれほど硬いという印象は受けませんでした。
乗り心地を考慮するなら、この16インチくらいがちょうどいいのかもしれませんが…
ただ見た目がちょっと地味ですよね。
せめて17インチくらいがあれば。



新型Aクラス「A180 Style」のボディサイズは?


MercedesA180_53.jpg
↑クリックで拡大します。

AMGライン非装着のA180 Styleのボディサイズは、全長4,420mm×全幅1,800mm×全高1,420mm、ホイールベース2,730mmとなっています。

以前にブログや動画でお伝えしていた、Aクラスのボディサイズは、どうやら海外仕様だったようで、全幅が1.8mを切っていましたが、日本国内仕様では1,800mmとなっています。

Mercedes-Benz_Aclass01_20190223151357ffb.jpg
↑クリックで拡大します。

Edition 1と見比べると、やはり19インチホイールの迫力が違います。
AMGラインにはサイドロアのスカートも付いているので、サイドビューも精悍に見えます。


さらにリアのほうに回ってみましょう。

MercedesA180_52.jpg

凹凸やキャラクターラインを排した、シンプルな面構成でデザインされたリアビューです。

MercedesA180_51.jpg

Bピラーはちゃんとピアノブラックに塗装されています。
タレ目がちなリアコンビネーションランプは、好みが分かれるポイントになりそうです。

そして、リアバンパー下部は無塗装樹脂パーツとなっており、マフラーは隠されるデザインになっています。

1_201902231522291d2.jpg

露骨に無塗装部分が見えるわけではないのでそれほど気になりません。


一方、AMGラインを装着すると、ダミーのバンパー一体型マフラー調のデザインになります。

3_2019022315135597c.jpg

マフラーに見えるメッキパーツは実際にはダミーで、中は埋まっています。

Mercedes-Benz_Aclass07_201902231513597fa.jpg

個人的にはダミーのマフラーデザインは好きではないので、だったら素のA180のように隠してしまっているほうが潔く感じます。




メルセデスベンツ新型Aクラス「A180 Style」のエクステリアを見た感想・評価は?


さて、素のA180 StyleとAMGラインが装着されていたEdition 1の画像を見比べながら、新型Aクラスのエクステリアを分析してみましたが、新型Aクラスを購入検討されている方は、参考になりましたでしょうか?

個人的な感想としては、「素のA180はプレーンでシンプルだけど、どうせならAMGラインを付けて乗りたい」という印象ですね。

25万円というオプション価格ですが、エクステリアだけでなく、内装の質感も向上します。
そしてアダプティブハイビームアシストプラスも装備されるなど、機能面での向上も考慮すれば、決して25万円は高くないと思います。

Mercedes-Benz_Aclass26_20190221195219e46.jpg

AMGラインにすればアルミニウムのパネルが付くのかと思ったら、レザーエクスクルーシブパッケージ(20.4万円)まで付けないといけないみたい。
レザーエクスクルーシブを付けると、レザーシートやインテリアイルミネーションなども装備されますが、ますます高いAクラスになってしまいますね^^;
欲張るとやっぱり500万円は覚悟しないといけないようです…。

レザーエクスクルーシブパッケージを付けなくても、AMGラインにすれば、トリムはDINAMICAの合成皮革になるので、そこは質感は向上します。

そんな新型Aクラスの内装編は次回以降お届けしますのでお楽しみに!


すでにアップ完了している、Youtubeの内外装編も予習で見てもらえるとわかりやすいと思います↓


↑クリックで再生します。


すでに店頭では試乗も解禁していますので、新型Aクラスにご興味ある方はディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
結構売れているそうで、納期も4ヶ月くらいかかるみたいですので、消費税の増税前に納車したい方はお早めに動いたほうが良いですよ…
今回取材に協力していただいたメルセデスベンツ越谷店の木村さんという営業さんに「ワンダー速報を見た」というと何か良いことがあるかもしれません。←無いかもしれませんw

MercedesA180_54.jpg

ということで、メルセデスベンツ新型Aクラスなど新車の購入を検討中の方は、今のうちにネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場だけ知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、それでいいかも。
1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

MercedesA180_52.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り査定額見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


それでは次回のワンダー速報もお楽しみに!


↑クリックで再生します。



↑クリックで再生します。




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
Aクラスの特集待ってました!
と言っても既にUXが納車された身としては若干羨ましいなぁ、と言った感じもします。
昨年末は後10万引いて!と言おうと思っていた矢先にレクサスからのUXキャンセル車紹介。聞けば納期は2月。なんとその時のフル装備Aクラスの納期が3月でした。
今のAクラスの納期はどうなっているのか分かりませんが、結構売れているので納期もかかっているものと推察します。UXのガソリン車だったらむしろAクラスの方が良いと思ったのですがいかがですか?
Re: No title
Danmarinoさん、コメントありがとうございます。

Aクラスは売れているそうで、今は4ヶ月納期がかかっているみたいです。
UXの良さは、地図の自動更新、シートベンチレーション、電動テレスコチルト、パワーイージーアクセス、パワーテールゲートくらいでしょうか。
それらの快適性を求めるならUX、それらが要らないなら、Aクラスのほうが満足度は高いと思います。

コメントの投稿

非公開コメント