【画像大量】G20型 BMW新型3シリーズ見てきた!エクステリアの評価は?

2019年3月9日発売の新型BMW3シリーズを一足早く見てきました!


先日より、速報や動画ですでに新型3シリーズのコンテンツを続々お届けしていますが、ブログでの特集がスタートです!

以前にお届けした短評での速報記事はこちら↓

【これは良いぞ】2019 BMW新型3シリーズ 330i M sport見てきました!【短評】

BMW3series330i_20.jpg


そしてYouTubeでも二夜連続でお届けした動画も併せてどうぞ↓






動画ではすでにエクステリアと内装もお届け済みですが、それを写真たっぷりでブログ記事としてより詳細にレポートします!

BMW3series330i_01.jpg

今回も写真撮りすぎってくらい撮ってきたので、画像大量でお届けします!


すでにBMW新型3シリーズの価格や先進装備については過去記事でまとめていますので、ご興味ある方はこちらの記事もどうぞ↓

BMW新型3シリーズの価格は452万円から!発売日は2019年3月9日!【フルモデルチェンジ】

【内装も劇的進化!】BMW新型3シリーズ フルモデルチェンジ画像を分析!夢のナイトライダーも実現?!(笑)

【ライバルを凌駕か】BMW新型3シリーズ 先進の運転支援システムを分析!内装画像の続きも

↑それぞれ別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


今までに書いたBMW3シリーズ関連の記事や、これから加筆される最新情報などは、以下のBMW3シリーズ関連記事一覧にてご確認ください↓

BMW3シリーズ関連記事一覧




記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式YouTubeチャンネル「ワンソクtube」も、併せてチャンネル登録もお願いします^^


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。




BMW新型3シリーズ 330i M SPORTのエクステリアをチェック!


BMW3series330i_02.jpg

ではさっそく新型BMW3シリーズのエクステリアを見てみましょう。

東京八重洲にある「BMW GROUP TERRACE」に先行展示されていたのは、現在買える3シリーズの中では最上級グレードとなる330i M SPORTです。

展示車両の価格は、632万円。

BMW3series330i_39.jpg

オプションがもろもろ98万円分もついて、合計では730.3万円というプライスタグになっています。
なお、諸経費は含まれていませんので、乗り出し価格は700万円後半台になると思われます。

800万円近い価格となると、値引きも拡大してきている5シリーズやX3なども全然買える価格帯なのが悩ましいですね。

ただ、こちらは最上級グレードでオプションてんこ盛りなので、もっと下のグレードならもう少し安く導入することも可能です。
上記以外のグレードの価格はこちらの記事をご参照ください↓

BMW新型3シリーズの価格は452万円から!発売日は2019年3月9日!【フルモデルチェンジ】

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいてあとで読むもよし!



では、新型BMW3シリーズ 330i M SPORTのエクステリアを見てみましょう。

BMW3series330i_03.jpg
↑クリックで拡大します。

ボルティマオブルーというメタリックカラーの新型BMW3シリーズ 330i M SPORTはとてもかっこよく見えました。
メタリックカラーは9万円のオプション費用がかかります。

パッと見で「5シリーズか?」と見紛うほどの迫力で、先代3シリーズよりも一回り大きくなったような錯覚があります。

その理由の一つに押し出しが強くなったフロントマスクがあります。

BMW3series330i_26.jpg

ヘッドライトの造形や、細かいキャラクターラインなど、デザインの密度が上がって迫力が増した印象です。

先代3シリーズは、もっとシャープでシュッとした印象でしたが、今回の新型3シリーズは5シリーズと見紛うほどの厚みと押し出しの強さを強調したデザインとなっています。

ちなみにこちらが先代の後期3シリーズです↓

BMW-3-Series-2016-1280-61.jpg
via:https://www.netcarshow.com/

これはこれでシャープでシンプルで、個人的には好きなフロントマスクでした。

BMW新型3シリーズ(G20型)のキドニー・グリルは、従来の2パーツに分かれたデザインから、1つのフレームで縁取られ、かつ立体的な造形となり、さらに下部が窄まるデザインとすることでよりアグレッシブに見えるようになりました。

BMW3series330i_26.jpg

見比べると結構違いますよね。

BMW3series330i_20.jpg

5シリーズのキドニーグリルは左右で分かれているデザインなので、そこも差別化されています。

BMW3series330i_18.jpg

上部分がヘッドライトよりも上にはみ出す形にデザインされており、キドニーグリル自体が立体的になっているのが特徴ですね。

BMW3series330i_17.jpg

X3やX4では、キドニーグリル内部が丸見えでバーやラジエターグリルなどが見えるのが不満として上がっていましたが、新型3シリーズではグリルシャッターが装備され、エンジンルーム内の温度や速度によって開閉する機構になっているようです。


そしてヘッドライトですが、下辺部の中央に凸型の切れ込みが入ることで、ひと目で新型と分かる特徴となっています。

BMW3series330i_19.jpg

ヘッドライトをアップで見るとこんな感じ。

BMW3series330i_21.jpg

イカリングと呼ばれていたポジションランプは、もはやリングではなくなりましたが、次世代のBMWのヘッドライト内部のデザインもかなり凝っていてカッコいいですね!

ちなみにウインカーはこんな感じで点灯します。

BMW3series330i_22.jpg

BMWではウインカーも流れません。

最初見たときは、「押し出し強すぎるかなー」と思っていましたが、実車を見てみると、これはこれでかっこいい。

BMW3series330i_25.jpg

この新型3シリーズを見慣れてくると、先代がナローに見えてしまうかもしれませんね。

BMW3series330i_24.jpg

色んな角度から新型BMW3シリーズ 330i M SPORTのフロントマスクをどうぞ(笑)

BMW3series330i_16.jpg

購入を検討している人は、どんな画像でも一枚でも多く見たいと思いますので、色んな角度でたくさん撮ってきましたよ。

BMW3series330i_23.jpg

そして今回の新型3シリーズの強みの一つとして、ヘッドライトにBMWレーザーライトが用意されました。
こちらは、イノベーション・パッケージとして、ヘッドアップディスプレイやジェスチャーコントロールとセットで22,3万円で用意されています。

BMWnew3series02.jpg

ハイビーム時には500m先まで照射できるレーザーを光源としており、アウディでもA7やA8に高額のオプション設定されているレーザーライトが、Dセグセダンに惜しげもなく投入されているのは素晴らしい!

ヘッドライトの個性は、各メーカーともしのぎを削っていますが、BMWのレーザーライトをDセグクラスにまで採用してくるなど、もはやライバルに対して引けを取らないですね。

BMW3series330i_15.jpg

こうしてオプションをもりもりにしていくと700万円後半になってしまうわけですが、ぜひともつけておきたい気もします。
アダプティブハイビームシステムは、レーザーライトにしなくても、もちろん標準装備ですので、ヘッドアップディスプレイやジェスチャーコントロールをカットすれば22万円安く上がります。



続いて新型BMW3シリーズ 330i M SPORTを斜め前から見てみましょう。

BMW3series330i_03.jpg
↑クリックで拡大します。

BMWのデザインも正当進化ながら、筋肉質でマッチョなキャラクターラインが入っているところなど、ライバルメーカーとは一線を画するデザイン手法になっており、これはこれで個性として立っていますね。

パッと見、上位車種である5シリーズと見間違えてしまいそうな迫力ですが、違いは3シリーズにはボディサイドにはエアブリーザーというフロントフェンダー後方のスリットがありません。

ちなみにこちらがBMW5シリーズ↓

BMW5_01_20180827195026295.jpg

ボディカラーが黒なのでエアブリーザーが分かりづらいですが、こうして見比べると結構違いますね。
5シリーズのほうがキャラクターラインがふくよかでラグジュアリー、3シリーズのほうが筋肉質でアグレッシブです。

BMW3series330i_02.jpg

見慣れてくるとだんだんかっこよく見えてきませんか?



BMW新型3シリーズ(G20型)のボディサイズは?


BMW3series330i_11.jpg

展示スペースの関係で真横から撮れなかったので今回はサイドビューの全景はなしですが、BMW新型3シリーズ(G20型)のボディサイズは

全長4,715mm×全幅1,825mm×全高1,440mm(M SPORTは1430mm)、ホイールベース2,850mm

となっています。
先代モデルと比較すると全長で70mm、全幅で25mm、ホイールベースで40mm大きくなっています。
ついに4.7mを超える全長になって、もはや5シリーズと変わらないんじゃないかと思われそうですが、その5シリーズも
全長4,920-4,965mm×全幅1,860-1,905mm×全高1,470-1,500mmと、現行型はサイズアップしているので棲み分けはできています。


ライバルとなるメルセデスベンツのCクラスが全長4,690-4,720mm×全幅1,810mm×全高1,405-1,455mm

アウディA4が全長4,750mm×全幅1,840mm×全高1,490mmなので、新型3シリーズが特段大きいわけでもなく、Dセグメントセダンのど真ん中のサイズとなっています。

それにしても、各社Dセグセダンも大きくなりましたね。

今回の新型3シリーズでは、ボディサイズの拡大に合わせて、トレッドをフロントで43mm、リアで21mm拡大させ、重心は10mm下げ、ボディの約55kgの軽量化などにより、走行性能が向上しているとのこと。

BMW3series330i_12.jpg

もともと、走りには定評があるBMWだけに、今回の新型3シリーズも相当走りは楽しいことになっているのではないでしょうか!!
これは早く試乗してみたいですね。



新型BMW3シリーズ 330i M SPORTには19インチのタイヤ&アルミホイールが装着されていますが、こちらはファストトラックパッケージ(21.3万円)に含まれます。

BMW3series330i_14.jpg

ファストトラックパッケージには、19インチM ライトアロイホイールダブルスポークスタイリング
791Mというアルミホイールとランフラットタイヤ(チェーン装着不可)、M SPORTブレーキ、アダプティブMサスペンションがセットになっています。

BMW3series330i_13.jpg

ブレーキキャリパーが専用品になるのであれば、ぜひともつけたいオプションですが…
こうしてだんだん価格が上がってしまうんですね^^;



新型3シリーズのサイドビューで特徴的なのは、ホフマイスター・キンクと呼ばれる、リアドアのガラス後端がくの字に曲がりCピラーにデザインされているところ。

BMW3series330i_05.jpg

ホフマイスター・キンクとは、Cピラーが逆方向に 弧を描いている、特徴的なデザインを示す言葉。
初めて登場したのは1961年で、当時のエクステリア・デザイン責任者であったヴィルヘルム・ ホフマイスターに由来し、以来、ほぼすべてのBMWに採用されているとのこと。

BMW3series330i_04.jpg

BMW事情に疎い私は今回初めて詳しく調べましたが、エアブリーザー同様にBMWのエクステリアデザインのアイデンティティとして古くから使われているんですね。


続いて、新型BMW3シリーズ 330i M SPORTのリアビューも見てみましょう。

BMW3series330i_10.jpg

昨今のBMWらしいリアコンビネーションランプの光り方と、リアフェンダー上部に入ったキャラクターラインがマッチョに見えます。

BMW3series330i_07.jpg

バンパー下部はグレーの別パーツになっており、そこも無塗装ではなくしっかり塗装済みとなっています。

BMW3series330i_06.jpg

マフラーは片側1本ずつの2本出し。

BMW3series330i_09.jpg

昨今ダミーのバンパー一体型マフラーのデザインが流行っていますが、BMWはオーソドックスな機能性があるマフラーを採用していて、個人的にはダミーよりこっちのほうが100倍良いと思います。

ただし、新型BMW3シリーズ 330i M SPORTのリアバンパーサイドにある、スリットはダミーでした。

そのあたりは動画で見てみてください。

BMW3series330i_08.jpg

リアコンビネーションランプのデザインはレクサスRCにも似ていると結構色んな所でも言われていますね。
まあデザインなんてどこかしら似ているところを探せば見えるものです。

個人的にはそんなに気になりませんでしたよ。



BMW新型3シリーズ 330i M SPORTのエクステリアを見た感想・評価は?


BMW3series330i_26.jpg

さて、動画を補完するかたちで、ブログでも細かく画像大量で新型BMW3シリーズ 330i M SPORTのエクステリアをお届けしました。

個人的な感想としては、「全体的に統一感の取れた正統派スポーツセダンといった印象で、素直にかっこいい!」と思えました。

5シリーズにも負けないくらいの迫力あるエクステリアにアップデートされ、逆に5シリーズ買ったオーナーさんが嫉妬してしまいそうな予感すらしますね^^;

安全装備や先進装備も最新のものが与えられており、上位車種に負けないどころかそれより進んでいる部分もあります。

全幅1,825mmに抑えられている点も、日本での取り回しは良さそうですし、マンションの一般的な立体駐車場の最大幅1,850mm以下なのは嬉しいところ。

BMW3series330i_02.jpg

価格が高いと思われがちですが、先代3シリーズ相当の装備までダウングレード(オプションを付けなければ)、それほど高くはならないはずです。
オプションをほとんど付けなくても、ナビや電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドなどは標準装備なので、新型3シリーズを選ぶ意味も非常に大きいと思います。

BMW3series330i_54.jpg

さて、進化したのはエクステリアだけではなく、一番のトピックは内装の質感向上と私は思っています。
そんな新型3シリーズの内装レポートは、また次回以降でお届けしたいと思いますのでお楽しみに!^^



BMW新型3シリーズの発売日は?プレ・オーダーはすでに始まっている!!


新型3シリーズの正式な発売日は2019年3月9日となっています。
しかしすでにプレ・オーダーは受付開始されており、初期ロットは注文を入れた順から無くなっていきます。

数が潤沢にあるうちは、グレードやカラーなども選べますが、それが捌けてしまってくると残っているカラーしか選べなくなったり、正式発表後の船便とかになるとさらに数ヶ月待つことになったりする可能性があります。
今年は消費税の増税も控えているので、できればそれまでに登録をしておきたいところ。
逆算してそれまでに納車ができるように発注のタイミングを見誤らないようにご注意くださいね。
それはBMW新型3シリーズに限ったことではありませんが。

BMW3series330i_11.jpg

新型BMW3シリーズが気になっている方は、お早めにお近くのBMWディーラーに足を運んだほうが良さそうですよ。

とその前に、新型3シリーズなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場だけ知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、それでいいかも。
1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

BMW3series330i_01.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





※動画アップ済みです!!





では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

ホフマイスターキンクって初めて知りました。
勉強になります。

めちゃくちゃカッコいいなぁ。たまらん。
ところで、Hey BMWの音声認識は対応してるのでしょうか?
ある場合、おいくらのオプションで装着可能かご存知ですか?
Re: タイトルなし
ディーゼルHVさん、コメントありがとうございます。

私もBMWはまだまだ勉強不足です。
遠からず1台乗ってみたいと思っていますが、この新型3シリーズがちょうど良さそうだとは思います。
X3も良いんですが高いんですよねぇ。
Re: タイトルなし
けいまんさん、コメントありがとうございます。

スピーチコントロールとBMWインテリジェントパーソナルアシスタントは全グレード標準装備のようですね。
展示車では使ってなかったので、ディーラーなどに配車されたときに試してみたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント