レクサス CT200h 2014年版簡易カタログもらいました。

ディーラーから2014年1月にビッグマイナーチェンジするCT200hの簡易カタログが送られてきました。

まだ見てない人に、ここでおすそ分けです。

08_20131126000536599.jpg

続きをどうぞ↓


内装上のトピックとして、マルチインフォメーションディスプレイのことも書いてありました。

07_201311260005359ad.jpg
↑クリックで拡大

気になったのは、この4.2インチマルチインフォメーションディスプレイはVer.LとFスポーツにしか設定されないみたいですね…
ここでも差別化か…><






豊富なインテリアのバリエーションもCT200hの魅力ですね。

02_20131126000508b8a.jpg

今回からはファブリックでもパワーシートになるそうです。
これは朗報。
↑クリックで拡大しますので、気になる方はご覧ください。




ISにもついていたリアランプのエアロスタビライジングフィンがCTにも付きました。

06_20131126000533403.jpg

パフォーマンスダンパーは以前から付いてましたが、今回のマイナーチェンジでスポット打ちましや、構造接着剤の採用によりボディ剛性も高められているので走りの質感や乗り心地の改善も期待できます。




Fスポーツはかなりアグレッシブなデザインになりました。

05_20131126000514d7e.jpg

スピンドルの下部分のシルバーのフチどりは、メッキではないそうです。



Fスポーツの専用装備の数々↓

03_20131126000510cf7.jpg




04_20131126000512de0.jpg

大型リアスポイラーなどはすごいですね。




ボディカラーもこんなに豊富!
新色もありますね。

01_20131126000506532.jpg

Fスポーツ専用の屋根のブラック化は、オプション?

かなり魅力が増したビッグマイナーチェンジ後のCT200h。
CTからCTへ乗り換えの方もいるのでは?

すでに予約も始まってるみたいですね。
正式リリースは来年1月16日、だったかな。

気になる方はお近くのレクサスディーラーへどうぞ。








さて、大幅フェイスリフトとなると、気になるのは現行型の下取り価格。
実際私も乗り換えたのですが、フェイスリフトをした後とする前では、大きな差があると言われました。
すなわち、フェイスリフト前のモデルの下取り額が下がるということ。

現行CTからの乗り換えを検討されている方は、早めの下取り見積もりをしておいたほうが良いですよ…。


また、マイナーチェンジ後のCTを狙っている方も、いきなりディーラーに行くのではなく、予めネットで買取店の見積もりを取ってからのほうが、ディーラーでも好条件を引き出す武器になります。
見積金額の比較対象がないと、ディーラー側も下取り額アップはしませんからね。

実際にこの方法で、ディーラーの下取り額アップ&サービスという好条件を引き出せた例もありますので、事前にネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。

ただでさえ、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがありますからね(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーで下取り見積もりした後からネット見積もりをして返答までに時間がかかって、ディーラーの見積もり期限の2週間を過ぎてしまうと、前回より高い見積もりは出ませんのでご注意を。

ということで、予め&早めのネット見積もりをオススメいたします!



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
結局、オンライン査定へと誘導し そこからアフィリエイトしてるだけ
なんですね?なんだか残念です。
Re: No title
コメントありがとうございます。

アフィリエイトしてるだけ、と捉えられたなら残念です…。
毎日更新して、読んでいただける方に少しでもメリットが有るような独自の記事を書いているつもりです。
私がそうであったように、納車待ちや購入検討している時は、情報や写真はいくらでも見たいと思うので、その一助となる記事を心がけています。

アフィリエイトに関しても、実際にディーラーに行く前に見積もりしておいたほうがメリットがあると思うから掲載させて頂いております。
メリットがないと判断される方には、見積もらないという手段もありますので、そこは読み手のご判断にお任せいたします^^

コメントの投稿

非公開コメント