レクサス CT200h マイナーチェンジ続報

東京モーターショーも開幕して、CT200hのマイナーチェンジ情報も少しずつ聞こえてきました。

今日はそのCT200hのビッグマイナーチェンジの情報の続報です。

4_20131122230130ce4.jpg

他力本願ですが、いつも仲良くして頂いている方のツイートから情報を拝借^^;
パクってばかりですみません^^;


↓続きをどうぞ。


その方の了承を得て、その方のツイートから気になるポイントをご紹介。
(Sさんいつもありがとうございます!!)

CTのナビは日本仕様はポップアップ式のままで、従来のHDDナビからSDナビに変更されたそうです。
そしてついにブルーレイ対応だそうです。

ブルーレイ対応は歓迎したいところですね。
SDナビはISで初期不良が結構あったので、CTではそれらも解消されているといいですね。



2_20131122230129cc5.jpg
↑クリックで拡大

内装にもかなり手が入れられてるみたいですね。
センターコンソール両サイドの革や、ドア内側の革にもカラーリングがなされて、室内がコーディネートされています。
これはモデルや仕様によってなんでしょうけれども。


ISと共通の直径370mmの新デザインのステアリングホイールを装備。

CTのハンドルよりはISのほうが質感高いのかもしれませんが、ISのハンドルにある丸型のボタンの質感はあまり高いとは言えないのも事実^^;

握りは非常にいいですけどね。


新型CTのセンターコンソールには、TRC OFFボタン、SDカードスロットが新たに配置されたそうです。
シフトノブにも変更がありますね。
リモートタッチはGSやISと同様、押してENTERのタイプに変更になりました。
ISで同じタイプのリモートタッチを使っていますが、押して決定した時にずれることが多々あるので、決定ボタンは他にあったほうがいいなというのが個人的な感想。




メーターパネル右側には、4.2インチTFTモニターが配置されるそうです。
ついにCTも高精細カラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイが装備されます。
オプションとの噂もありますが、これはつけてきたいですねぇ。





06+CT+200h+front+dyn__mid.jpg



内外装の変更だけかと思っていましたが、なんと足回りやパワートレーンにも変更が加えられているみたいです。


パワートレーンは吸気系に手を加えられて、静粛性が向上とのこと。


新開発ダンパーの採用とスプリングレートの変更、リアのスタビライザーの大径化などにより、さらに俊敏で楽しいドライビングを実現しているとのこと。
また、エアロダイナミクス性能の向上、NVH性能の改善も図られたそうです。


今回のマイナーチェンジでは、レーザースクリューウェルディングは行っていないそうですが、スポット溶接打ちましと構造用接着剤が採用されたそうで、ボディ剛性は結構上がっていそう。

Sさんの現場でのヒアリングによると、CTの足回りの変更は単に柔らかい方向にチューニングしている訳ではなく、ボディ剛性の向上によりチューニング幅が増えた事による、トータルでの上質化なんだそうです。

これは期待しちゃいますね…。
CTはボディ剛性はもともと悪くはないですが、路面の細かい振動を殺しきれずに、ボディがブルブルと微振動を起こすことが有りましたが、それがかなり解消されているのではないかと。
クイックなハンドリングが気持ちよかったCTですが、乗り心地とハンドリングはさらに磨きがかかっていそう!
あとは以前から言われているパワー不足が解消されれば鬼に金棒なんですが…
パワートレーンの追加は、今回のタイミングではまだ聞こえてきませんね。


いずれにせよ、改めて魅力が上がったCT200h、気になっていた方は、これを機に検討されてみても損はなさそうですね。

1_20131122230126ffa.jpg

私も来週、東京モーターショーに行く予定なので、そのへんもじっくり観察してこようと思います!









さて、大幅フェイスリフトとなると、気になるのは現行型の下取り価格。
実際私も乗り換えたのですが、フェイスリフトをした後とする前では、大きな差があると言われました。
すなわち、フェイスリフト前のモデルの下取り額が下がるということ。

現行CTからの乗り換えを検討されている方は、早めの下取り見積もりをしておいたほうが良いですよ…。


また、マイナーチェンジ後のCTを狙っている方も、いきなりディーラーに行くのではなく、予めネットで買取店の見積もりを取ってからのほうが、ディーラーでも好条件を引き出す武器になります。
見積金額の比較対象がないと、ディーラー側も下取り額アップはしませんからね。

実際にこの方法で、ディーラーの下取り額アップ&サービスという好条件を引き出せた例もありますので、事前にネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。

ただでさえ、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがありますからね(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーで下取り見積もりした後からネット見積もりをして返答までに時間がかかって、ディーラーの見積もり期限の2週間を過ぎてしまうと、前回より高い見積もりは出ませんのでご注意を。

ということで、予め&早めのネット見積もりをオススメいたします!



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント